羽生結弦、『AERA』に単独インタビュー掲載!「いい意味で『もう、いいかな』と思った」

羽生結弦、『AERA』に単独インタビュー掲載!「いい意味で『もう、いいかな』と思った」

男子フィギュアスケートの羽生結弦の特集が掲載されている『AERA(アエラ)9月17日(月)号』が9月10日(月)に発売される。

本誌では、羽生の公開練習を取材しており、単独インタビューが掲載されている。羽生は8月30日(木)にカナダ・トロントで練習を公開。その際に『AERA』の単独インタビューに答え、平昌五輪で2連覇を果たした後、現在に至るまでの心境を語った。

五輪後には達成感から「いい意味で『もう、いいかな』と思った」という羽生。ただ、少しスケートから離れたことで、「勝つとか負けるとか、そういったものに固執しすぎる必要はないのかな」「自分のために滑ってもいいかな」と心に変化が表れたと話している。そして、小学生時代の「あこがれ」と世界で誰も成し遂げていない「4回転アクセル」という2つのキーワードが、羽生を再びリンクへと向かわせた。

なお、この号の表紙は笑わないアイドル・欅坂46のセンター平手友梨奈。撮影は蜷川美花で、インタビューでも飾らない素顔を見せている。

書籍情報

『AERA(アエラ)9月17日(月)号』
発売日:9月10日(月)
表紙:平手友梨奈(欅坂46)
定価:410円(税込)
出版社:朝日新聞出版