世武裕子、デビュー10年目の新作『Raw Scaramanga』が完成。

世武裕子、デビュー10年目の新作『Raw Scaramanga』が完成。

映画音楽作曲家兼シンガーソングライターの世武裕子(せぶひろこ)が、10月24日に、ニューアルバム『Raw Scaramanga』を発表することが明らかになった。

シンガーソングライターとしては近年sebuhiroko名義で『WONDERLAND』『L/GB』を発表しているが、今作を機に、シンガーソングライターとしての活動も世武裕子名義に統一。前作から約2年の月日をかけ、“Raw Scaramanga”(Instagram : @r__scara)という、或る表現者の記録音源を完成させた。 ※「sebuhiroko」の「e」は、アキュートアクセント付きが正式表記。

デビュー10年目にして世武が打ち出す本プロジェクトの一部は、すでに本年度いくつかのライブ公演で発表され、その圧倒的な楽曲群は、オーディエンスに衝撃を与えている。これまでも孤高のアーティスト、オルタナの女王、狂気の鍵盤弾きなどの異名をとり、同業者や若手ミュージシャンにもファンが多く、一方で、新進気鋭の映画音楽作曲家としてオファーが絶えない世武裕子。

そんな彼女があらたに示す創作の泉が、さらなる迫力と生命力に満ちた傑作を生み出した。

新作『Raw Scaramanga』をイメージして撮影された新アーティスト写真は、田中裕介(CAVIAR)ディレクション、撮影は半沢健によるもの。収録楽曲などの詳細は近日発表となる。

世武裕子 コメント Raw Scaramanga という、或る表現者の記録音源を作りました。 世武裕子の活動は10周年を迎えましたが、私にふさわしいのはベストアルバムの発売でもなければ、周年のお祝いイベントでもない。 つねに、自分自身を塗り替えてゆくこと。 想像を超えるものが吐き出されること。 それを、挑戦的な眼差しで、愛おしさを持って自分に課すこと。 それこそが私の生き方であり、探求を続けていくことそのものが、リスナーの皆さんへの感謝にもなっていてほしい。 音楽というのは、愛、生、性、思考、孤独、死、要するに私という人間のすべてである、という確認作業を、きっと10年かけてやってきたんだと思います。 なんだったら、31年かけてやってきたのかな、とも思います。 歳を重ねるたびに、音楽と自分の中の発見や喜びに、胸がいっぱいになります。 これからは、もっとライブをたくさんやろうと思っています。 どうぞ、これからもよろしくお願い致します。

 

リリース情報

2018.10.24 ON SALE
ALBUM『Raw Scaramanga』


Raw Scaramanga[Instagram]
@r__scara

世武裕子 [Instagram]
@sebuhiroko

世武裕子 staff(たまに本人)OFFICIAL Twitter
https://twitter.com/sebuhiroko

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC