『泣き虫しょったんの奇跡』松田龍平に“初段の免状”を贈呈! 「挑戦したい方がいれば受けて立つ」

『泣き虫しょったんの奇跡』松田龍平に“初段の免状”を贈呈! 「挑戦したい方がいれば受けて立つ」

現在公開中の映画『泣き虫しょったんの奇跡』の公開記念舞台挨拶が行われ、主演の松田龍平を始め、永山絢斗、渋川清彦、新井浩文、松 たか子、窪塚愛流、豊田利晃監督、瀬川晶司五段が登壇した。

本作は、将棋界に奇跡をもたらした異色の棋士・瀬川五段の自伝的小説を、豊田監督が映画化したもの。松田が映画『青い春』以来16年ぶりに豊田作品で単独主演をつとめている。また、主人公のプロ棋士編入試験を陰ながら支える親友であり最大のライバル、鈴木悠野役にはプライベートでも松田と親交の深い人気ロックバンド・RADWIMPSの野田洋次郎が演じている。

上映後の熱気冷めやらぬ場内にキャストが大きな拍手に包まれながら登場。松田が「無事に公開して、皆さんに届けることが出来て、ただただ嬉しいです」とコメントすると、舞台挨拶がスタートした。

まずはMCから撮影中のエピソードについて質問が飛ぶと、撮影中の待ち時間もずっとキャスト同士で将棋を指していたことを明かす松田。すると渋川が「僕は特に龍平と将棋を指す事が多かったんですが、僕が勝つとすごく龍平が悔しがっていて」と暴露すると、松田は「結構ほかのキャストのみんなが強かったんですが、渋川さんはちょうど僕と同じくらいの強さで。絶対負けたくないと思いながら指してました」と明かし、会場の笑いを誘った。そんな和気あいあいとした雰囲気で撮影が行われた本作。「良い雰囲気の中撮影出来ましたね」と語る渋川の言葉に、新井から「この作品は豊田監督の作品で初めて“血”が出てないからじゃないですか?」と“豊田組常連”キャストならではの鋭い指摘が。その言葉に監督は「いつも良い雰囲気です」と断言するも、新井が「いつもピリピリじゃないですか!(笑)」とツッコミをみせるなど、仲睦まじい様子も垣間見えた。

本イベントでは、しょったんの中学時代を演じた窪塚愛流も初登壇。初めて“瀬川晶司”を演じる二人と瀬川五段本人が顔を合わせた。自身を演じた俳優陣に対し瀬川は「皆さんとても素晴らしく、“しょったん”を演じ切ってくれたと感謝しています。愛流くんは一年ぶりにお会いしたんですが、すごく背が伸びていて…育ち盛りだなぁと驚きました」と笑顔を見せ、会場を和ませた。松田は瀬川五段を演じるにあたり、「とにかく瀬川さんをジッと見ていましたね。将棋のシーンも静かでアクションがあるわけではないので、何気ない動作が映画に効いてくると思ったので、瀬川さんの癖を盗みました。頭を触る癖があるので、撮影中触りすぎてしまって、監督に『やめてくれ』と言われていまいました(笑)」と明かし、会場の笑いを誘った。

さらに中学時代を演じた窪塚は、「映画の撮影に参加するのは生まれて初めてだったので上手く演技ができるか不安だったんですが、自分なりに精一杯演じようと思いました」と今回が人生初となる映画の舞台挨拶への登壇ということもあり、緊張した面持ちで、本作に参加した当時を振り返った。そんな窪塚に対し、監督は「撮影中、天候の影響で撮影が一カ月ほど間が空いてしまうことがあって。久しぶりに会ったら、めちゃくちゃ身長が伸びていて、繋がるが心配になりましたね(笑)」と秘話を明かす場面も。

男性キャストが集結する中、内気だったしょったんの背中を押す恩師・鹿島澤を演じた紅一点の松は、「私は小学生のしょったんとの撮影しかなかったので、大人のみなさんとは撮影ご一緒することがなかったんですが……、しょったんが立派に成長されていて良かったです(笑)」と役柄同様、温かな目線で本作の感想を語り微笑んだ。そんな松が演じる鹿島澤について、瀬川も「素晴らしかったです!鹿島澤先生をこんなお綺麗な方に演じていただけて、鹿島澤先生ご本人にも喜んでいただけると思います」と大絶賛。さらに「僕も松さんがいらっしゃる撮影現場に行かせていただいたのですが、“瀬川晶司くん!”と名前呼ぶシーンで、モニターを見ながら思わず『ハイ』と声を挙げてしまいました。思い出です(笑)」と語り、会場の笑いを誘った。

さらにイベントでは、公益法人日本将棋連盟から松田へ初段の免状が贈呈される場面も。日本将棋連盟常務の森下が登壇し、免状が読み上げられ贈呈されると、場内からは大きな拍手が。免状には佐藤天彦名人と羽生善治竜王の名前が直筆で署名されており、二人の名前が読み上げられると、場内からは驚きの声が沸き起こった。免状を受け取った松田がMCから一言求められると「松田初段です(笑)」と満面の笑みを向けつつ、「僕に挑戦したい方がいればドシドシ受けて立つので、よろしくお願いします」とコメントし、場内を沸かせた。

最後に「いろいろな人の想いがつまった映画に出られて、本当に嬉しいです。瀬川さんの半生を感じながら自分と重ねることが出来て、素晴らしい体験が出来ました。そのような気持ちを素直に演じることが出来たと思うので、気持ちが伝わればいいなと思います」(松田)、「この原作を読んで、人は人との出会いの中で自分がいるんだなと思いました。『泣き虫しょったんの奇跡』の“奇跡”は、人との出会いのことだと思います。今日はありがとうございました!」(監督)とそれぞれ挨拶し、ゲスト陣は会場をあとにした。

【STORY】
26歳。それはプロ棋士へのタイムリミット。小学生のころから将棋一筋で生きてきたしょったんこと瀬川晶司の夢は、年齢制限の壁にぶつかりあっけなく断たれた。将棋と縁を切りサラリーマンとして暮らしていたしょったんは、アマ名人になっていた親友の悠野ら周囲の人々に支えられ、将棋を再開することに。プロを目指すという重圧から解放され、その面白さ、楽しさを改めて痛感する。「やっぱり、プロになりたい―」。35歳、しょったんの人生を賭けた二度目の挑戦が始まる――。

映画情報

『泣き虫しょったんの奇跡』
大ヒットロードショー
監督:豊田利晃(『青い春』『クローズEXPLODE』) 
脚本:瀬川晶司『泣き虫しょったんの奇跡』(講談社文庫刊) 
音楽:照井利幸
出演:松田龍平、野田洋次郎、永山絢斗、染谷将太、渋川清彦、駒木根隆介、新井浩文、早乙女太一、妻夫木 聡、松 たか子、美保 純、イッセー尾形、小林 薫、國村 隼
製作幹事:WOWOW/VAP 
制作:ホリプロ/エフ・プロジェクト

©2018『泣き虫しょったんの奇跡』製作委員会 
©瀬川晶司/講談社

オフィシャルサイト
http://shottan-movie.jp/

『泣き虫しょったんの奇跡』原作