橋本 愛の制服姿がまぶしい!映画『ここは退屈迎えに来て』場面写真公開&バンクーバー国際映画祭へ正式出品決定

橋本 愛の制服姿がまぶしい!映画『ここは退屈迎えに来て』場面写真公開&バンクーバー国際映画祭へ正式出品決定

10月19日(金) に全国公開される映画『ここは退屈迎えに来て』が、9月27日(木)から、カナダのバンクーバーで開催される「第37回バンクーバー国際映画祭」のゲートウェイ部門に正式出品されることが決定。併せて、場面写真も解禁となった。

本作は、山内マリコの同名小説を廣木隆一が映画化したもの。何者かになりたくて東京で就職したものの、10年経って何となく戻ってきた主人公「私」を演じる橋本 愛、元カレ「椎名」を忘れられない「あたし」を門脇 麦、青春時代にみんなが恋焦がれた「椎名」を成田 凌が演じているほか、渡辺大知、岸井ゆきの、内田理央、柳 ゆり菜、村上 淳ら実力派俳優陣が脇を固めている。

出品が決定した「バンクーバー国際映画祭」は、設立当初から東アジアの作品を紹介する部門「ドラゴン&タイガー」を設け、ポン・ジュノ監督の初期作品の上映や、三池崇史監督の『オーディション』のワールドプレミアを成功させるなど、これまでに数多くのアジア人監督を輩出してきた実績を持つ映画祭だ。10月9日(火)、10日(水)には、橋本 愛、廣木隆一監督が登壇する舞台挨拶の実施も予定している。

【廣木隆一監督コメント】
誰もが通る時間、通った時間。自分は何者でもない時間。そんな悲しく煩わしく素敵な時間を一緒に体現できる映画だと思います。何者でもない自分を共有出来る映画だと思います。久々のバンクーバーでどんな反応かまた皆さんと出会えるのも楽しみです。

また、併せて解禁となった場面写真では、橋本演じる<私>と、柳演じる親友<サツキ>にとって、特別な1日として思い出に残っている、憧れの<椎名くん>たちにゲームセンターに誘われ、ワクワクする気持ちが隠せない、初々しい表情の2人のカット。そして、もう一枚では、制服姿がまぶしい<私>が、水しぶきを上げながらプールで全力ではしゃぐ、瑞々しい青春の1ページが映し出され、誰もがあの頃を思い出し、胸が締め付けられるシーンが満載となっている。

【STORY】
マスコミ業界を志望して上京したものの、10年後地元に戻ってきた27歳の「私」(橋本)。実家に住みながらフリーライターとしてタウン誌で記事を書いている冴えない日々。高校時代に仲の良かった友達サツキと久々に会った勢いで、男女を問わず皆の中心にいた憧れの椎名くん(成田)に連絡し、会いに行くことに。道中、「私」の中に椎名くんとの高校時代の忘れられない思い出が蘇るー。元カレ「椎名」を忘れられないまま地元でフリーターとして暮らす「あたし」(門脇)。元カレの友達・遠藤と、腐れ縁のような関係を続けているけれど、心は彼といたときの青春の輝かしい記憶に今もとらわれているー。

作品情報

『ここは退屈迎えに来て』 
10月19日(金) 全国公開

出演:橋本 愛 門脇 麦 成田 凌 / 渡辺大知 岸井ゆきの 内田理央 柳 ゆり菜 亀田侑樹 瀧内公美 片山友希 木崎絹子 / マキタスポーツ 村上 淳
原作:山内マリコ「ここは退屈迎えに来て」幻冬舎文庫 
監督:廣木隆一 
脚本:櫻井 智也
制作プロダクション:ダブ
配給:KADOKAWA

© 2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会 

オフィシャルサイトtaikutsu.jp

『ここは退屈迎えに来て』原作