阿部サダヲ×PABLO×KenKen×SATOKOからなるロックバンドSIN+EX MACHiNA、ライブシーンのメイキング映像が初解禁!

阿部サダヲ×PABLO×KenKen×SATOKOからなるロックバンドSIN+EX MACHiNA、ライブシーンのメイキング映像が初解禁!

10月12日(金)に公開される映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』のメイキング映像が初解禁された。

本作は、映画『俺俺』や『インスタント沼』、ドラマ「時効警察」シリーズなどの三木 聡が原案・脚本・監督を手掛けるオリジナル作品。“声帯ドーピング”による“驚異の歌声”をもつ世界的ロックスター・シン(阿部サダヲ)と、声が小さすぎるストリートミュージシャン・ふうか(吉岡里帆)が、“声帯ドーピング”のやりすぎで崩壊寸前となったシンの最後の歌声をめぐって、謎の組織から追われる様をハイテンションに描くロック・コメディ。千葉雄大、麻生久美子、小峠英二(バイきんぐ)、ふせえり、田中哲司、松尾スズキらクセが強すぎるキャストたちが集結し、“パンチ×毒”全開の超個性派俳優たちがスクリーンで暴れまくる。また、HYDE、あいみょん、元SUPERCARのいしわたり淳治など全14組の豪華アーティストの参加により音楽面でも最強の布陣が実現した。

今回解禁されたのは、W主題歌のひとつであるSIN+EX MACHiNA(※読み:SIN+EX MACHiNA=しんぷらすえくすまきな)の「人類滅亡の歓び」フルMVに登場する迫力のライブシーンの裏側を収めたメイキング映像。SIN+EX MACHiNAは、阿部演じる驚異の声量と美声で“絶叫する堕天使”の異名を持つカリスマロックスター・シンと、降谷建志、岡崎体育などへのサウンドプロデュースなどで活躍するPABLO(アレンジ/ギター)、LIFE IS GROOVE、RIZE、Dragon Ashをはじめ多数のバンドで活躍するKenKen(ベース)、ロックバンド・FUZZY CONTROLのSATOKO(ドラム)という最強メンバー「EX MACHiNA」からなる、劇中に登場する世界的人気ロックバンド。GYAO!で公開中のMVフルver.は、劇中のライブシーンを中心に構成。マリリン・マンソンを彷彿させる鮮烈で奇抜なビジュアルのシンと引けを取らない強烈なビジュアルのEX MACHiNAが披露する激しいパフォーマンスは圧巻!

映像では、本番前、阿部は三木監督から羽織っている衣装を曲にあわせて脱ぎ、入れ墨を見せるように指示されると、本番ではそのリクエストにすんなり対応。「グループ魂」のボーカルとして活躍するだけあり、役に成りきりながら抜群のライブパフォーマンスを披露。さらに注目してほしいのは、シンの口内から始まるミュージックビデオの冒頭。メイキング映像から小型カメラが実際にシンの口内を捉え、観客席に下がるという手法が取られていることが確認できる。

SIN+EX MACHiNA「人類滅亡の歓び」ライブシーンメイキング映像

SIN+EX MACHiNA「人類滅亡の歓び」 ミュージックビデオ(ショートver.)

【STORY】
何かと息がつまる現代社会に“歌”と“LOVE”で猛烈なエネルギーを注入するハイテンション・ロック・コメディ!
驚異の歌声を持つロックスター・シン(阿部サダヲ)。その存在自体がロックであり、カリスマ的人気を誇っているが、実は彼には秘密があった。彼の歌声は「声帯ドーピング」というオキテ破りの方法によって作られたものだったのだ。 長年にわたる声帯ドーピングの副作用で、限界が近づく喉に焦りと恐怖を抱える彼が出会ったのは、異様に声の小さなストリートミュージシャン・ふうか(吉岡里帆)だった。2つの歌声が出会ったとき、ぶっちぎりのミラクルが起きる!?

映画情報

『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』
10月12日(金)ロードショー
出演:阿部サダヲ、吉岡里帆、千葉雄大、麻生久美子、小峠英二(バイきんぐ)、片山友希、中村優子、池津祥子、森下能幸、岩松 了、ふせえり、田中哲司、松尾スズキ
監督・脚本:三木 聡(『俺俺』、「時効警察」シリーズ)
製作:映画「音量を上げろタコ!」製作委員会
制作プロダクション:パイプライン
配給・制作:アスミック・エース
ⓒ2018「音量を上げろタコ!」製作委員会

オフィシャルサイト
http://onryoagero-tako.com/