GReeeeNの名曲「愛唄」が響き渡る! 映画『愛唄 ー約束のナクヒトー』特報&ティザーポスター解禁

GReeeeNの名曲「愛唄」が響き渡る! 映画『愛唄 ー約束のナクヒトー』特報&ティザーポスター解禁

2019年1月25日(金)に全国公開される横浜流星が主演を務める映画『愛唄-約束のナクヒト-』の特報映像が解禁。併せてティザーポスターも初解禁された。

本作は、2017年、わずか157館ながら14.9億の大ヒットを記録した『キセキ -あの日のソビト-』のキャスト・スタッフが再び集結し、実話エピソードをもとに、GReeeeNの名曲「愛唄」を映画化した作品。単なる楽曲「愛唄」の映画化ではなく、GReeeeNがかつて楽曲を作った時と同じ想いを持って、自ら脚本として参加し、今の時代に伝えるべきメッセージを込めた作品で、彼らのかつての実体験から着想を得て作られた恋の青春物語となっている。

解禁されたのは、無気力だった青年が、運命の出会いによって大きく変わっていく様子を名曲「愛唄」(GReeeeN歌唱)が盛り上げる特報映像。映画のタイトルにもある「ナクヒト」は泣く人、涙するほど全力な人のことを意味する、GReeeeNによる造語。そのタイトル通り、涙するほど全力で恋に生きる姿が胸を打つ映像となっている。

“手をつなぐ喜びも知らないまま大人になった。そんな僕がはじめて出逢った、最期の恋---。” そんな青春物語、そこから生まれる奇跡がどのように描かれるのか、期待したい。

 

【STORY】
その唄は、僕らの運命から溢れ出た――
「私の手、握ってくれてありがとう」まっすぐに“今”を駆け抜ける、恋の青春物語。

恋する勇気を持てないまま大人になってしまったトオルに起きた、二つの出会い。元バンドマンの旧友・龍也との再会、そして運命を変える詩との偶然の出会いにより、恋というものに生涯をかけて全力で駆けることになる。今まで手をつなぐことさえしてこなかったが、龍也の声に恋する勇気をもらい、その詩から、恋に生きる力をもらったトオル。詩と触れるキッカケをくれた比呂乃との出会いを経て、ようやくめぐり会えた運命の少女・凪。詩を綴ることをやめたその少女は、トオルに生きる意味を教えてくれた。しかし、彼女にはある秘密があった・・・
龍也の声が生んだ恋する勇気。凪の言葉が教えてくれた生きる意味。そしてトオルが二人に気付かせた、“本当にやりたいこと”。
限られた時間の中で、三人の”本当”が重なった時、一つの唄が生まれる。

作品情報

『愛唄 ー約束のナクヒトー』
2019年1月25日(金)全国公開

監督:川村泰祐
脚本:GReeeeN、清水 匡
プロデューサー:小池賢太郎
音楽プロデューサー:JIN
出演:横浜流星、清原果耶、飯島寛騎、中村ゆり、野間口 徹、成海璃子、中山美穂(特別出演)、清水葉月、二階堂 智、渡部 秀、西銘 駿、奥野瑛太、富田靖子、財前直見
配給:東映

©2018「愛唄」製作委員会

『愛唄 ー約束のナクヒトー』オフィシャルサイト
http://aiuta-movie.jp/