ドラマ『チア☆ダン』ついに最終回! 土屋太鳳率いる「ROCKETS」ラスト・ドキュメント動画公開

ドラマ『チア☆ダン』ついに最終回! 土屋太鳳率いる「ROCKETS」ラスト・ドキュメント動画公開

9月14日(金)に最終回を迎える金曜ドラマ『チア☆ダン』(TBS・毎週金曜22時から放送中)のラスト・ドキュメント動画が公開された。

本ドラマは、“ 打倒JETS! 全米制覇“ というできっこない夢を追いかけてきた福井西高校チアダンス部「ROCKETS」が、全国大会で最大のライバルである「JETS」に挑む姿が描かれている。

9月上旬、ダンス未経験者を含む女優たち20人の約10カ月におよぶダンス練習の集大成である全国大会の撮影が行われた。「ROCKETS」として踊る最後のダンスに、彼女たちは何を想い撮影に臨んだのか。ラスト・ドキュメント動画では、最終回の放送を前に、最後の大会に臨む「ROCKETS」の姿が映されている。顧問役として彼女たちをずっと見守り続けてきたオダギリジョーは「あの子たちが頑張っている姿が、ドラマの出し物のひとつというよりかは、本当の部活、本当のチームになっている。ドラマを超えた部分を彼女たちも感じているような気がする」と動画の中で語っている。

ドラマ撮影の域を超えてた本物の絆で結ばれた「ROCKETS」。彼女たちの最後の挑戦をドキュメント動画で、そして集大成のダンスは最終回の放送で、チェックしてみよう。

【最終話あらすじ】
ついに、日本中のチアダンス部員たちの憧れである全国大会が行われる会場へ向かう福井西高校チアダンス部「ROCKETS」。大会の前日に東京へ行き、会場を下見することにした「ROCKETS」だったが会場のあまりの大きさに言葉を失う……。わかば(土屋太鳳)は会場の空気に飲み込まれないようにこっちから飲み込んでやる! とめいっぱい空気を吸いこむ。その姿に他のメンバーの顔に笑顔が戻る。チアダンス部を結成してから、全米制覇なんてできっこない夢と笑われ、それでもあきらめずに、がむしゃらに突き進んできた「ROCKETS 」。顧問の太郎先生( オダギリジョー) もここまで来た「ROCKETS」を誇りに思いながら、「JETS」との最後の戦いの前に彼女たちに何を伝えるべきか考えていた。そんな中、かつて汐里(石井杏奈)が所属していた東京代表のチアダンス部と会場で遭遇してしまい、汐里は思わず逃げてしまう。その様子を茉希(山本舞香)は心配そうに見つめる。果たして、「ROCKETS」は“打倒JETS! 全米制覇!”の夢を叶えることはできるのか!?

【ドラマ概要】
幼い頃に強豪チアダンス部「JETS」が初の全米優勝を果たした演技を見て憧れを持った主人公の藤谷わかば(土屋太鳳)が、将来は同部に入って全米優勝したいという夢を抱くが、「JETS」のある高校の受験に失敗。いつしかチアダンスさえ「自分には無理、できっこない」と考えるようになり、勉強も運動も中途ハンパな隣町の高校に入学し、弱小チアリーダー部で運動部を応援するだけの高校生活を過ごしていた。そんなある日、東京から来た強引な転校生・汐里(石井杏奈)に「私とチアダンスをやろう!」という思いがけない言葉をかけられる。その言葉がわかばのくすぶっていた思いに火を点け、かけがえのない仲間や挫折したダメ中年教師の漆戸太郎(オダギリジョー)ら大人たちの支えと共に泣き笑い、成長し、「全米制覇!」という“できっこない夢”をひたむきに追いかける奇跡のような物語。

番組情報

TBS『チア☆ダン』 
毎週金曜 22:00〜
製作著作:TBS
原作:映画『チア☆ダン』製作委員会
脚本:後藤法子『チーム・バチスタ シリーズ』(CX/2008年~2014年)『銭の戦争』(CX/2015年)『嘘の戦争』(CX/2017年)『家族ノカタチ』(TBS/2016年)/徳尾浩司『きみが心に棲みついた』(TBS/2018年)『おっさんずラブ』(EX/2018年)
プロデューサー:韓 哲  
協力プロデューサー:高山暢比古
演出:福田亮介、金子文紀

オフィシャルサイト
http://www.tbs.co.jp/cheerdan_tbs/

(C)TBS