濱口竜介監督「熱狂を感じました」映画『寝ても覚めても』トロント国際映画祭で北米プレミア上映

濱口竜介監督「熱狂を感じました」映画『寝ても覚めても』トロント国際映画祭で北米プレミア上映

現在公開中の映画『寝ても覚めても』の北米プレミアとなる公式上映がカナダ現地時間9月12日[日本時間13日(木)]に「第43回トロント国際映画祭」にて行われ、濱口竜介監督が登壇した。

初のトロント国際映画祭への参加となった濱口監督。到着翌日からカナダ媒体による取材が行われ、「フィクションでありながら自分の内側にある感情と出会う、まるで瞑想をしているかのような特別な映画体験だった」「寓話のようでありながら、誰しもにあてはまるところあって説得力がある」「リアリティがあって感情豊かな台詞が素晴らしい」などと本作を称賛していた。

快晴の9月12日、劇場前には上映直前までなんとか会場に入ろうと押し寄せた映画ファンが列をなし、Scotiabank Theaterスクリーン2(客席476席)満席の中で公式上映が行われた。プログラミング・ディレクターのジョバンナ・フルヴィが「『寝ても覚めても』は、独自の優れたスタイルと特別な語り口を持った映画。そして濱口監督はこれからもたくさんの名作を生み出していく監督です」と紹介し上映が開始。盛大な拍手が送られる中、上映後のQ&Aに濱口監督が登壇した。

観客からは、映画化の動機や映画にあたってこだわった点についての質問、「(猫の)ジンタンの演技が素晴らしかった!」「朝子の行動に驚き、引き込まれた」「串橋(瀬戸康史)の発言によって一気に緊張感が高まるシーンが素晴らしかった」という感想が上がった。

また、英語タイトル『ASAKOⅠ&Ⅱ』についても問われ、濱口監督は、日本語のタイトルが『寝ても覚めても』で、これが”寝ても覚めても、あなたのことを24時間考える”という、より恋愛映画らしいタイトルであること、英語タイトルはワールドセールスmk2によって付けられたものだが、ヒロイン朝子の第1章、第2章という彼女の変化を表すタイトルとして間違っていないなと思ったことを明かした。

さらに、「東出昌大演じる、予測不能な行動をする麦のキャラクターの背景には何かあるのか?」という質問に対して、原作者の柴崎友香から「実は麦は宇宙人で、地球で感情を学んでいる途中」という裏設定があると聞いて腑に落ちた、と暴露し会場を大いに湧かせていた。

Q&Aが終わった後も、監督に感想を伝えようと行列が出来、サイン攻めに合う監督の姿はさながらスターのよう。中には、「カンヌで『寝ても覚めても』を観た友人から、とにかくよかったから絶対に観て!と言われて来て、非常に感動しました」という観客も。すでに国際的に口コミが広がっていることが感じられた。「カンヌ国際映画祭」でお披露目された本作は今回のトロントでの北米プレミアを経て、次は、「ニューヨーク映画祭」、「釜山国際映画祭」、「サンセバスチャン国際映画祭」とまだまだ世界中を回る予定。引き続き世界中に『寝ても覚めても』旋風を巻き起こし続けるに違いない。

【公式上映直後の濱口竜介監督:コメント】
満員の熱気が溢れた会場での上映、終映後も止まない熱狂を感じました。Q&A では、観客のみなさんが、映画をしっかりと観てくださっていることが伝わってきて嬉しかったです。ここトロントから、『寝ても覚めても』が北米に広がっていってくれたらと思います。

【STORY】
東京。亮平は、コーヒーを届けに会社に来た朝子と出会う。真っ直ぐに想いを伝える亮平に、戸惑いながらも朝子は惹かれていきふたりは仲を深めていく。しかし、朝子には亮平には告げていない秘密があった。亮平は、かつて朝子が運命的な恋に落ちた恋人・麦に顔がそっくりだったのだ――。

作品情報

『寝ても覚めても』
テアトル新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町、 渋谷シネクイントほか全国大ヒット公開中
出演:東出昌大、唐田えりか、瀬戸康史、山下リオ、伊藤沙莉、渡辺大知(黒猫チェルシー)/仲本工事/田中美佐子
監督:濱口竜介
原作:『寝ても覚めても』柴崎友香(河出書房新社刊)
脚本:田中幸子、濱口竜介
音楽:tofubeats
製作:『寝ても覚めても』製作委員会/COMME DES CINÉMAS
製作幹事:メ〜テレ、ビターズ・エンド
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
配給:ビターズ・エンド、エレファントハウス

©2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会/COMME DES CINÉMAS

オフィシャルサイト
http://www.netemosametemo.jp/

『寝ても覚めても』原作