窪田正孝、広瀬アリスを“歩くパワーストーン”と表現しファンも大笑い! 映画『モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ』イベント開催

窪田正孝、広瀬アリスを“歩くパワーストーン”と表現しファンも大笑い! 映画『モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ』イベント開催

10月5日(金)に全国公開されるXFLAGスタジオとCGアニメーション制作会社のオレンジが贈る長編CGアニメーション映画『モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ』の披露試写会が本日9月13日(木)に新宿ピカデリーで行われ、主人公・カナタの声を務める窪田正孝と、ソラの声を務める広瀬アリス、そして錦織 博監督が登壇した。

声優初挑戦となる窪田は「どうしても喉に力が入ってしまったりするんですけど 普段お芝居している感覚でやってみた方が良いかなと思ってやってみました」とコメント。バトルシーンも多い本作で、声だけで表現するのはやはり難しかったらしく、「マイクから少し離れて、動きながらワー、キャー、ヤ―とか言いながらやってましたね~。アリスちゃんには、不思議な生き物だなぁって思われたかもしれないですね」と話すと、広瀬は「不思議だなぁって思ってました(笑)」と合わせ、「見なかったことにしておきます」と続け、笑いを誘った。

2人について錦織監督は「どうやって感情をのせるか難しかったと思いますが、後半は2人とも裸足になってました」と当時の様子を明かすと、窪田は「その時の一番楽な服装でやってました」とコメント。MCから、どんな服装?とツッコまれると「みなさんがご存知の通り、あの…リーズナブルなあれですね」と答えて笑った。

また、主人公カナタと窪田自身の似ているとことは?との質問に悩む窪田をみて、広瀬は「そっくりですよ!」と一言。「何色にも染まっていないところとか」とコメント。逆にソラと広瀬について窪田は「アリスちゃん明るいよね! 歩くパワーストーンみたいな、アリスちゃんに会うと幸せになれる!みたいな人ですね。でも、横でお芝居しててソラの澄んだ声がすごく印象的でハッピーになるし、木漏れ日みたいな、聞いていて心地良い声でした」と広瀬を絶賛した。

そして、映画の設定となる“東京が突然空中に浮いた13年前”にちなみ、窪田と広瀬の約13年前の写真が大公開された。17歳ころの写真を披露した窪田は「この時はお芝居をはじめたてくらいの時ですね。ただ、この状況は全然覚えてないんですよね~」とコメント。広瀬も会場からも「変わらない!」と驚きの声があがった。一方、小学校5年生の頃の写真を披露した広瀬は「この一年後にスカウトされてますね。髪が短くて、男の子によく間違われてました。」明かすと、「小学5年でこの完成度!?」と窪田も驚いていた。

最後に「とにかく迫力があってめちゃくちゃ面白いですので、たくさんの方に観ていただきたいと思います。」(広瀬)、「ほぼほぼ初めてだったんですけど、本当に力強く、周りのスタッフさんに推されて今回挑むことができました。子供はもちろんなんですけど、大人の方もすごく楽しめるものになっていますし、一人じゃないっていう気持ちにもさせてくれます。改めて周りに人がいるって大事なことだと思わせてくれるようなそんな映画になっています。是非、みなさんのお力でたくさんの方に観ていただけるように、宜しくお願いします!」(窪田)とアピールしてイベントは幕を閉じた。

【STORY】
ある日、正体不明の化け物たちに襲われたカナタ。彼の命を救ったのは、謎の青い髪の少女ソラだった。彼女は、「世界を救えるのはあなたしかいない!」とカナタに助けを求める。闇の力で世界を意のままに操ろうとするセンジュから世界を救うため、カナタ、ソラ、ヴァンパイヤの兄妹トウヤとユウナはモンスターの龍馬、神威、半蔵らと共に世界の命運をかけた闘いに立ち向かう。

作品情報

『モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ』
10月5日(金) 全国ロードショー


監督:錦織博
制作:オレンジ
製作:XFLAG
配給:ワーナー・ブラザース映画
©XFLAG