TVアニメ『おこしやす、ちとせちゃん』で堤 真一がナレーションを担当! 遊佐浩二、小岩井ことりの出演も決定

TVアニメ『おこしやす、ちとせちゃん』で堤 真一がナレーションを担当! 遊佐浩二、小岩井ことりの出演も決定

10月5日(金)より放送開始される、TVアニメ『おこしやす、ちとせちゃん』(TOKYO MX、KBS京都にて毎週金曜日25:35~)のナレーションを、俳優の堤 真一が担当することに決定。さらに、キャストとEDテーマの情報も公開された。

本作は、もふもふで可愛いコウテイペンギンのひな「ちとせちゃん」が京都の名所を好奇心のおもむくままうろうろし、ペンギンの視点から物語が描かれる癒し系ショートアニメ。

そんな本作で、各話に登場する人物キャラすべてを演じるのは、京都出身の声優・遊佐浩二と小岩井ことり。EDテーマ曲は、女性シンガーソングライター・にゃんぞぬデシの「泣く子も笑う」に決定した。

なお、堤がアニメのナレーションを務めるのは本作が初とのことだ。

【堤 真一コメント】
主人公はゆるカワなペンギンなので、普段のナレーションはトーン低めですが、今回は“優しい目線”を意識してみました。

【遊佐浩二コメント】
ショートアニメですが、時間に追われることなくゆったり観ることができます。京都の雰囲気をぜひ味わってください。

【小岩井ことりコメント】
約10秒の間に6役を演じるシーンがありとても大変でしたが、頑張って演じさせていただきました。ぜひ、観ておくれやす。

【にゃんぞぬデシコメント】
ちとせちゃんが見ている感じている世界を思い浮かべてみたら、優しくて温かくてひたむきな気持ちで曲が生まれました。

【STORY】
京都に住む子ペンギン、その名もちとせちゃん。
もふもふした愛らしい子ペンギンのちとせちゃんは、おいしいものや楽しいことが大好き。
人々と触れ合ったり、おいしいものを食べ(させてもらっ)たりーー
好奇心のおもむくまま、京都の街をうろうろします。
清水寺・銀閣寺・祇園…誰もが知っている京都の名所をペンギン視点から描きます。
なつかしてくてどこかあたたかい、ほっと心がやすらぐような癒しのペンギンショートアニメ!

作品情報

『おこしやす、ちとせちゃん』
10月5日(金)TOKYO MX、KBS京都にて25:35より放送開始
※放送開始日および放送時間は予告なく変更となる場合あり。

【STAFF】
原作:夏目靫子(講談社「BE・LOVE」連載)
監督:矢立きょう
制作会社:ギャザリング
音楽:こぐま
製作・著作:株式会社VAP
EDテーマ:にゃんぞぬデシ「泣く子も笑う」(三毛猫レコーズ)

【CAST】
堤真一(ナレーション)
遊佐浩二
小岩井ことり

©夏目靫子・講談社/VAP

『おこしやす、ちとせちゃん』オフシャルサイト
http://vap.co.jp/chitosechan/

原作コミック『おこしやす、ちとせちゃん』