安室奈美恵、彼女はずっと私たちの「Hero」――引退前日発売の『AERA』が特集

安室奈美恵、彼女はずっと私たちの「Hero」――引退前日発売の『AERA』が特集

『AERA 9月24日号』が本日9月15日(土)発売された。奇しくも安室奈美恵の引退の前日。カラー4ページにわたって、彼女が残したものについて特集。

巻頭の大特集では、いまや学校と並ぶ教育インフラとなった塾と予備校を、独自の視点で徹底解剖。松岡修造が、全米オープンを制覇した大坂なおみをついて語るインタビューも掲載。

できればずっと、来ないでほしい――。日本中がそう願っていた「9.16」、安室奈美恵の引退の日。記録的なセールス、圧倒的なライブパフォーマンス、生き方。そのすべてでファンを魅了した彼女が、私たちに残したものは何だったのか。カラー4ページの記事で迫る。

大特集は「塾と予備校が人生を決める」。いまや日本の教育は、「学校」だけでは成り立たない。塾も予備校も欠かせない存在。それをどう選ぶかは、その後の人生まで左右する。

『AERA』は、「挫折や失敗の伴走者となってくれる塾や予備校でこそ、人生を学べることもある」、という視点で、全国に5万以上あるとわれる塾や予備校を徹底解剖。『進学塾という選択』『塾歴社会』『名門校とはなにか』などの著書で知られ、塾・予備校を「重要な社会インフラ」と位置付ける教育ジャーナリスト・おおたとしまさが、実態を読み解く。

名門指導会代表で「塾ソムリエ」の西村則康が監修した「タイプ別にみる中学受験塾」も必見。

書籍情報

AERA 2018年 9/24 号
定価:390円(税込)
発売日:2018年9月15日(土)