中条あやみ、佐野勇斗ら登壇の『3D彼女 リアルガール』公開記念舞台挨拶開催! 出演者が絵しりとりに挑戦

中条あやみ、佐野勇斗ら登壇の『3D彼女 リアルガール』公開記念舞台挨拶開催! 出演者が絵しりとりに挑戦

本日9月15日(土)、新宿ピカデリーにて『3D彼女 リアルガール』の公開記念舞台挨拶が開催。中条あやみ(五十嵐色葉役)、佐野勇斗(筒井 光役)、清水尋也(高梨ミツヤ役)、恒松祐里(石野ありさ役)、上白石萌歌(綾戸純恵役)、ゆうたろう(伊東悠人役)、濱田マリ(筒井紀江役)、竹内 力(筒井 充役)、英 勉(監督)の9名が登壇し、本作にまつわるトークや絵しりとりゲームなどで盛り上がった。

本作は、累計発行部数145万部(※デジタル売上含む)の人気コミックを、映画『あさひなぐ』『未成年だけどコドモじゃない』などの英 勉監督が実写映画化したもの。主人公の、派手でツンツンしていて男グセの悪いリア充完璧超絶美少女・五十嵐色葉役を中条あやみ、そして、リア充とは程遠く、アニメやゲームのバーチャルの世界に没頭するオタク高校生“つっつん”こと筒井 光役を佐野勇斗が演じる。また、清水尋也、恒松祐里、上白石萌歌、ゆうたろうという今最も旬なキャストが同級生役を務めている。

 

本イベントは、出演者が各お題に沿ってフリップで答えていくという流れで進行。撮影時の裏話も語ってくれた。

まず最初は「笑いをこらえきれなかったシーン」についてトーク。ここでは、出演者のほとんどが“病院”のシーンが印象的だったと回答した。というのも、本作には竹内演じる光の父が病院で色葉と光を追いかけるシーンがあるのだが、英いわくこの場面は本来追いかけるだけだったそう。しかし、実際は竹内がふたりを追い抜いたしまったうえ、白目をむく強烈なシーンになってしまっており、佐野は撮影時を思い出しながら「(逃げているときは)素だよね」と相当怖かったことを語った。いっぽう、追いかけている竹内は「自分は白目をむいていて、前が見えていなかった」と話し、観客は爆笑。当時の撮影現場も、スタッフが爆笑していたそうだ。

また、中条は色葉がはじめて光の家に行ったシーンが印象的だった様子。光の母を演じた濱田のアクションがリハーサルの時点からキレキレだったようで、とても驚いたことを明かした。

イベントでは撮影の休憩時もみんなで行っていたという、絵しりとりにも挑戦。ここでは、佐野が中条を“画伯”(独特なテイストの絵を描く人、絵心がない人)と評し、不安が残るなか行われたが、結果は最初からしりとりが成立していないというひどい内容に。トップバッターの英が、本作に登場するアニメキャラクター「えぞみち」の絵を描くも、次のゆうたろうが“ち”ではなく、“み”を頭文字にした「みかづき」の絵を描いてしまい、その時点でしりとりは失敗に終わってしまった。

しかも、最後の竹内は濱田が描いた「トング」の絵を「ヘッドフォン」と間違えてしまい、“ん”が頭文字となって八方塞がりに。悩んだすえ「うんこ」の絵を描き、見事なオチを作った。なお、中条は佐野が描いた「うし」の絵に対し、しっかりと「しいたけ」の絵を描くことに成功。しかし、次の清水が「きのこ」と思ってしまい、ここでも上手くしりとりがつながらなかった。

絵しりとりの順番:
えぞみち(英)→みかづき(ゆうたろう)→キス(恒松)→うし(佐野)→しいたけ(中条)→こねこ(清水)→こおり(上白石)→トング(濱田)→うんこ(竹内)

そして、最後は中条から「私たちが本当にたくさんの愛情をこめて作った作品なので、こうやってここでみんなと立てるのはあと少しなのかなと思うと、寂しいです。ですが、こうやってみなさんに観てもらえて、笑ってもらえることが私たちのいちばんの喜びなので、本当に幸せに思います」のとメッセージが。さらに、出演者全員で監督に感謝の言葉を伝え、イベントは締めくくられた。

『3D彼女 リアルガール』公開記念舞台挨拶

【STORY】
書店で万引きの濡れ衣を着せられた学校一の美少女・五十嵐色葉を助けたのは、2次元を愛する超絶オタク・つっつんこと筒井光。リア充の色葉から突然の告白を受けたつっつんは新手のイジメだと疑いながらも、正反対のふたりの交際がスタートして……!? 那波マオ原作の同名コミックを、映画『ヒロイン失格』チームが、中条あやみ主演、佐野勇斗共演で映画化。『美女と野獣』ならぬ“美女とオタク“のありえない純愛の行方を描く、笑って泣いて爽やかな気持ちになれるマジカルなラブコメディ!

作品情報

主演:中条あやみ 佐野勇斗
清水尋也 恒松祐里 上白石萌歌 ゆうたろう
三浦貴大 / 神田沙也加(声の出演)
濱田マリ 竹内 力
原作:那波マオ 『3D彼女 リアルガール』(講談社「KC デザート」刊)
監督:英勉
配給:ワーナー・ブラザース映画

ⓒ2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会 ⓒ那波マオ/講談社

オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/3Dkanojo/

『3D彼女 リアルガール』原作