前田敦子、妊娠発表後の公の場で早くもママ発言!? 「今から親バカですね」

前田敦子、妊娠発表後の公の場で早くもママ発言!? 「今から親バカですね」

全国に370店舗を展開するカメラのキタムラが運営するこども写真館「スタジオマリオ」。

このたび、スタジオマリオの人気サービスである撮影衣装の“着替え放題”をテーマにした新CM が完成、CMの主演を務めた前田敦子と、本CMの監督を務めた『桐島、部活やめるってよ』や『紙の月』で日本アカデミー賞を受賞した映画監督・吉田大八監督を招いての『新CMキャラクター就任イベント』が開催された。

前田敦子の妊娠発表直後のイベントとあって、会場には多くのマスコミが集結。朱色のワンピース姿の前田と、吉田監督が会場に登場すると、一斉にフラッシュがたかれた。

イベントの場で解禁となった新CM は、スタジオマリオの“着替え放題”をテーマにしたもの。前田敦子演じる7歳になった“あっちゃん”が、七五三で定番の振袖姿から、ゴージャスな花柄ドレス、そして女の子らしいピンクのドレスと早変わり。これまで誰もみたことのない、かわいくてちょっと生意気な“あっちゃん”の姿に、マスコミからは大きな笑いと拍手が巻き起こった。

完成したCM を鑑賞した前田は、「さっき初めて観て、自分でもびっくりしました! CMの発表会見で笑いが出るのは初めての経験です!」と語った。

このCM の企画について吉田監督は「写真撮影という日常に、こどもの本音を少し入れたかったんです。子供の本心と、親の前でのギャップを出したかった。でも、それ はすごく難しいことで、子役だけでは無理。でも前田さんならコンセプトがわかってもらえるのでは? という思いでした。実際に撮影中からどんどん面白くなってきて、手ごたえがありましたね」とコメント。

今回、顔の表情だけで演技をすることなった前田は、「顔だけで表現するので、すごく難しかったです! でも監督にていねいに演出していただいたので、とても楽しかったです」と、撮影を振り返った。

前田は、本イベントのために、幼少期の記念写真にまつわる写真を持参、前田の人生の節目を捉えた貴重な写真がスクリーンに映し出された。その記念写真に関して前田は「子供の頃はすごく恥ずかしがりやだったので、ピースしても真顔なんです(笑)。でも、やっぱり写真はあとから見られるので良いですよね。7歳の七五三を覚えているんですが、自分で着るものを選んで撮ってもらったんです。すごいお気に入りの写真ですね。大人っぽく撮られたいなと思ったんです。写真は家族みんなで見ることがでるからいいですよね」と思い出を語った。

さらに前田は「ふたりとも写真を撮るのが好きなので(※前田敦子は、今年7月に俳優の勝地涼と結婚)、大切なタイミングでいっぱい撮りたいねとふたりで話してます。今から親バカですね。生まれたときと生まれたあとにすぐ家族で撮りたいと思います!」と語り、これから築く新しい家庭に思いをはせた。

さらに、“着替え放題”のサービスで実際に着ることができる衣装を着用した8人の子供たちが登場すると、前田は「かわいいー! かわいくて泣きそう!」とひと言。慣れないイベントにぐずる子供をあやしながら、その表情には早くもママの表情が浮かんでいた。

もし、これから生まれるお子さんが記念写真を撮るとしたら、どの衣装がいいか? と問われると、「こんなに素敵な着物やドレスがあると、なかなか選べないですよね。私は恥ずかしがり屋だったけど、もしそうでない子供が生まれたらたくさん着てほしいですね。」とコメントした。

そして、スタジオマリオで実際に起こった感動の家族エピソードを聞いた前田は「この前、姪っ子の七五三に参加したんですが、最初は泣いてた姪っ子が、最後笑顔になったんです。ホントかわいかったー。自分の子供だと、心配も倍だけど、うれしさも倍でしょうね!」と語った。

イベントのラスト、前田に対して、カメラのキタムラよりスタジオマリオでの「10年間撮り放題券」がプレゼント。前田は「ありがとうございます! 本当にうれしいです!」と幸せいっぱいの笑顔で喜びを表し、お祝いムードのなかイベントは終了した。


カメラのキタムラ オフィシャルサイト
http://www.kitamura.jp/

前田敦子 オフィシャルサイト
http://www.atsuko-maeda.com/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC