エレベーター垂直落下! ドウェイン・ジョンソン主演の映画『スカイスクレイパー』本編抜粋映像公開

エレベーター垂直落下! ドウェイン・ジョンソン主演の映画『スカイスクレイパー』本編抜粋映像公開

9月21日(金)に日本公開されるドウェイン・ジョンソン最新主演作『スカイスクレイパー』の本編抜粋映像が解禁された。

本作は、香港にそびえ立つ1,000m超えの超高層・超豪華ビル「ザ・パール」を舞台に、とある事件で片足を失い義足となった元FBI人質救出チーム隊長の主人公ウィル(ドウェイン・ジョンソン)が、警察に追われ、謎の組織から狙われながらも、史上最大の高層ビルから愛する家族を救い出す、大迫力の救出アクション・エンターテインメント超大作だ。

解禁されたのは、燃え盛る高層ビル”ザ・パール”から家族を緊急脱出させるためエレベーターをブチ下げるだけのあまりにもクレイジーな作戦を決行する本編抜粋映像。大火災によって退路を断たれたフロアから家族を脱出させるためにウィル(ドウェイン・ジョンソン)が立てた作戦、それは、愛する妻サラ(ネーヴ・キャンベル)と息子ヘンリー(ノア・コットレル)をエレベーターに乗せてワイヤーをぶった切り垂直落下させるというとんでもない方法。果たして家族を無事に下界へ送り届けてくれるのか…!? 

入念な準備、そしてスタント・コーディネーターのアラン・ポプルトンによる注意深い監視の下で、実際に火をつけて撮影が行われたこのシーン。息子ヘンリーを演じたノア・コットレルは、テーマパークの乗り物のように楽しさと恐ろしさの両方を感じながら「エレベーターのシーンが一番好きだった。楽しかったんだ。火も燃えていたんだよ。転げまわって大騒ぎして、本当に怖かった。ドウェインがセリフで『恐れなくして勇敢にはなれない』っていうんだけど、それが僕を励ますセリフになったんだ」と振り返る。ドウェインの励ましを受けて恐怖と隣り合わせの撮影に打ち勝とうとしたノア・コットレルの純粋な演技によって、父の励ましによって勇敢に危機へ立ち向かおうとするヘンリーの決意がいっそう滲み出る緊張感たっぷりのシーンに仕上がっている。

【STORY】
香港、ビクトリア湾の一角に優雅にそびえ立つ史上最大の超高層ビル「ザ・パール」。元FBI人質救出チーム隊長のウィルはこのビルの98階に家族とともに暮らしている。ある日ビルのオーナーであるツァオに呼ばれたウィルは、ビルの安全管理システムを24時間以内に分析せよと依頼を受け、ビルのアクセス権限のマシンコードを託されるが……。

作品情報

『スカイスクレイパー』
9月21日(金)全国公開
監督:ローソン・マーシャル・サーバー
出演:ドウェイン・ジョンソン、ネーヴ・キャンベル、パブロ・シュレイバー、チン・ハン ほか
© Universal Pictures

オフィシャルサイト
skyscraper-movie.jp