斉藤和義×立川談春がコラボ! 『平安神宮 月夜の宴(えん) ROOTS66 京(みやこ)の二人会』ライブレポート

斉藤和義×立川談春がコラボ!  『平安神宮 月夜の宴(えん) ROOTS66 京(みやこ)の二人会』ライブレポート

9月22日、FM COCOLOが主催するイベント、『平安神宮月夜の宴 ROOTS66 京の二人会 斉藤和義×立川談春』 が京都・平安神宮特設ステージにて開催された。本イベントはFM COCOLO/FM802FMが手がけ、前代未聞の企画を次々に繰り出してきた「ROOTS66」というイベントから派生したもの。

出演は今年でデビュー25周年を迎える斉藤和義、そしてかねてより斉藤と親交があり、「ROOTS66」のイベントでは開演を告げる口上ナレーショ担当した落語家・立川談春は、両者ともに丙午生まれの同年齢。ミュージシャンのライブと落語家の高座、そんな異ジャンル競演のために用意され特別なステージは京都を代表する平安神宮。しかも事前に2人によるコラボステージがあることも告げられており、前代未聞のツーマンライブを体感しようと会場には3,500人の観客が集結し貴重な一夜を楽しみに待っていた。

 

そもそも「ROOTS66」とは、 1966年生まれ(丙午)の男性ミュージシャンが、2006年の当時40歳で厄年(数え年42歳)を迎えたのを機に集結したイベント。明治神宮へ参拝・記者会見を経て、大阪城ホールを満員するなど当初から話題に。

そのイベント打ち上げの席で「10年後にまた集ろう !」と宣言した通り、10年後には女性を含め参加人数を倍増して、再び「ROOTS66 」を開催。斉藤和義は2006年の開催当初から本イベントに参加。ほかには宮田和弥 (JUN SKY WALKER(S))、中川 敬(SOUL FLOWER UNION)、奥野真哉(SOUL FLOWER UNION)、田島貴男(ORIGINAL LOVE)、スガシカオ、トータス松本(ウルフルズ )、吉井和哉(THE YELLOW MONKEY)、増子直純 (怒髪天)など、日本の音楽シーンでひと際強い個性を放つ面々が顔を並べている。 

中秋の名月を2日後に控え、会場後方にはくっきりと美しい月の明かりが見える。開演前には権禰宜によるお祓いが行われ、ステージには京都の華道 「未生流笹岡」家元の笹岡隆甫による生け花など、“音楽ライブ”とは違った、より幻想的な空間が作上げられていた。定刻を迎え、開演を知せる出囃子が鳴るが、その音色は斉藤和義の楽曲「月影」!

さっそくのコラボに観客が驚く中、ステージに2人が登場し、緩やかな雰囲気のイベントにかける思いを語り合う。「音楽と落語、集めれば面白ことになるっていう、みんなの期待をどう背けようと……」と笑いを誘いつつも、期待に真正面から向うため落語と歌を一緒のステージで見せてくことに。斉藤和義は「男節」、立川談春は「替わり目」をアレンジを加えつつ、1つの作品に組み立ていくように交互に披露。曲のストーリーが落語の話へと続いてく、これまでにない演出や世界観に観客は瞬時に引き込まれていく。

スペシャルな幕開けに更なる期待が高まる中、「空に星が綺麗」を出囃子にして斉藤和義がステージへ。 この日は野外のアコースティックスタイルでのライブということもあり、選曲も温かく柔らな楽曲を中心にセレクト。「やさしくなりたい」から始まったライブも次第にギターをかき鳴らし熱情を高めていく。「Are you ready?」「ずっと好きだった」と、男臭くも力強い、情けないけどど憎めない、斉藤和義ならではの“愛”を音に乗せていく。

MC では落語の楽しさを語りつつ、この日ステージを楽しみにしていたとテンション高めに語る。その後も、 この日ならではの楽曲として「月影」で、じわりと切ない音世界を演出。続く「ベリーベリーストロング」ではギターの迫力、より渋みを増した楽曲にオーディエンスたちはじっと聴き入っている。ラストの「歌うたいのバラッド」では、 歌詞にある“愛してる”が先のコラボステージ世界観にも通じているようで、楽曲が終わると客席からは感嘆の声が漏れ聞こえていた。 

斉藤和義が紡いだ愛の世界を、立川談春は古典落語代表演目ひとつ「紺屋高尾」で継いでいく。 真面目一筋で生きてきた染物職人の男が些細なきっかけから吉原で出会った最上級遊女の花魁に一目ぼれし、もう1度、ひと目だけでも花魁に会いたいと数年をかけて給金を貯め、身分や身なりを偽って花魁に出会う。ついに嘘がバレるも真摯な男の心情に、いつしか2人は身分を越えて結ばれる。そんな愛の話を落語初心者でも楽しめるよう、 現代の風刺を挟み込ながら笑いたっぷりに聞かせる。

階段を上る、扉を叩く、話の中に出てくる景色を扇子や衣擦れなど所作のひとつひとつで画を作り上げ、より臨場感たっぷりに世界を見せる。時折観客に声をかけるのも、演目の世界にぐっと吸い込まれていくような錯覚すら覚え、 話が終わるころにはもっと落語が聞きたいと語り合う観客が多く見られた。

 

ラストは再び2人そろってステージへ登場し、「この状況は1人では作ることが出来なかった」と、初めてのコラボに感無量の表情を見せる2人。 観客からは何度も大きな拍手が送られ、特別な一夜はあっという間に幕を閉じた。 

なお、この日のライブの模様は後日、FM COCOLOの番組内で放送を予定している。 詳しい情報はオフィシャルサイトをチェックしてほしい。

文:黒田奈保子
撮影:渡邉一生

セットリスト

1.コラボレーション (立川談春 演目「替わり」+斉藤和義 「男節」)/斉藤和義×立川談春
2.やさしくなりたい/斉藤和義
3.Are you ready?/斉藤和義
4.ずっと好きだった/斉藤和義
5.進めなまけもの/斉藤和義
6.月影/斉藤和義
7.ベリーベリーストロング/斉藤和義
8.歌うたいのバラッド/斉藤和義
9.紺屋高尾/立川談春