映画『鈴木家の嘘』が「第31回東京国際映画祭」への出品決定! 明星/Akeboshi手掛ける主題歌「点と線」が流れる予告編も解禁

映画『鈴木家の嘘』が「第31回東京国際映画祭」への出品決定! 明星/Akeboshi手掛ける主題歌「点と線」が流れる予告編も解禁

11月16日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国公開される映画『鈴木家の嘘』の90秒予告が解禁された。

『滝を見にいく』(沖田修一監督)、『恋人たち』(橋口亮輔監督)、『ピンカートンに会いにいく』(坂下雄一郎監督)などを生み出した松竹ブロードキャスティングのオリジナル映画プロジェクト第6弾となる本作は、突然訪れた長男の死によって巻き起こる家族の混乱と再生を、ユーモアをまじえつつあたたかく描いた感動作。橋口亮輔監督(『恋人たち』)、石井裕也監督(『舟を編む』)、大森立嗣監督(『セトウツミ』)ら、数多くの作品で助監督を務めてきた野尻克己の劇場映画初監督デビュー作でとなる。

鈴木家の家長である父・幸男役に岸部一徳、母・悠子役に原 日出子、ひきこもりの長男・浩一役に加瀬 亮、鈴木家の長女・富美役に、ワークショップを経て400名もの応募者から選ばれ、瀬々敬久監督作『菊とギロチン』でもヒロインを務めた注目の新星・木竜麻生。そのほか、岸本加世子や大森南朋ら演技派が個性的なキャラクターの親族を魅力的に演じている。

今回解禁となった予告では、鈴木家の長男・浩一(加瀬)の突然の死にショックを受け倒れた母・悠子(原)が病院で目覚める場面からはじまる。母が記憶を無くしていることに衝撃を受けた娘・富美(木竜)がとっさについた嘘をから、家族全員が巻き込まれていく! 母を悲しませないため必死に嘘をつき続ける家族だったが、段々と後悔の念が生まれ始める。『ぐるりのこと。』『恋人たち』など橋口亮輔監督作品の主題歌を手がけたことでも知られ、本作で映画音楽も担当した明星/Akeboshiが本作のために書き下ろした主題歌「点と線」が映像に深みを与え、独特の優しい歌声とともに、家族それぞれ胸の内に秘めていた想いがあふれだしていく。母が嘘に気づいた時、家族はどうなるのか? 鈴木家の未来を想像させる予告となっている。

さらに、本作が「第31 回東京国際映画祭」日本映画スプラッシュ部門出品決定! 海外への飛躍を強く意識した部門であり、活況を呈する日本のインディペンデント映画から、とりわけ個性が強く独創性とチャレンジ精神に溢れる作品が選出される。過去に、大ヒットとなった『百円の恋』(武正晴監督)なども出品された同部門で、野尻監督が初監督を務めた本作に注目が集まる。

【STORY】
あまりにも突然に訪れた長男・浩一の死。ショックのあまり記憶を失った母のため、遺された父と長女は一世一代の嘘をつく。ひきこもりだった浩一は、扉を開けて家を離れ、世界に飛び出したのだと―。母の笑顔を守るべく奮闘する父と娘の姿をユーモラスに描きつつ、悲しみと悔しみを抱えながら再生しようともがく家族の姿を丁寧に紡ぐ感動作。

作品情報

映画『鈴木家の嘘』
11月16日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー


監督・脚本:野尻克己
出演:岸部一徳 原 日出子 木竜麻生 加瀬 亮 岸本加世子 大森南朋
音楽・主題歌:明星/Akeboshi「点と線」(RoofTop Owl) 
製作:松竹ブロードキャスティング
制作プロダクション:ハーベストフィルム
配給:松竹ブロードキャスティング/ビターズ・エンド
©松竹ブロードキャスティング
オフィシャルサイトwww.suzukikenouso.com