向井 理「まだ僕らも結末を知らない」。『連続ドラマW パンドラⅣ AI戦争』場面写真解禁!

向井 理「まだ僕らも結末を知らない」。『連続ドラマW パンドラⅣ AI戦争』場面写真解禁!

11月11日(日)よる10時よりWOWOWで放送される『連続ドラマW パンドラⅣ AI戦争』の場面写真と、主演・向井 理のコメントが到着した。

2008年、連続ドラマW1作目としてスタートした三上博史主演の『パンドラ』(08)では“がんの特効薬”をテーマに、その後、佐藤浩市主演の『パンドラⅡ 飢餓列島』(10)では“遺伝子組み換え食品”、江口洋介主演の『パンドラⅢ 革命前夜』(11)では“自殺防止治療法”、堺 雅人主演のドラマWスペシャル『パンドラ~永遠の命~』(14)では“クローン人間”と挑戦的なテーマを描いてきた「パンドラ」シリーズ。最新作となる今回のテーマは“AI”。「パンドラ」シリーズを生み出してきた脚本家・井上由美子が、本作で人工知能という“パンドラの箱”が、社会に何をもたらすのかをリアルに描き出す。

医学界を根底から覆す画期的な医療用AIを開発する主人公を演じるのは向井 理。AI診断を導入したIT企業、ノックスグループ代表の蒲生俊平役に渡部篤郎、医師会会長の有薗直子役に黒木 瞳、看護師の橋詰奈美役に美村里江、弁護士の東浩一郎役に三浦貴大、「パンドラ」シリーズⅠ~Ⅲに登場する毎朝新聞・記者の太刀川春夫役を再び山本耕史が演じ、メディノックス医療センターの優秀な心臓外科医・上野智津夫役に原田泰造と、豪華キャストが集結している。

場面写真では、本作を彩る豪華キャストの面々による迫真の情景が惜しみなく解禁され、テーマとなるAI医療と医者の葛藤、そしてWOWOWならではの骨太且つ、繊細な人間ドラマを期待させるシーンの数々がお披露目となった。

鮮やかなブルーの光を放つまるで近未来のMRI装置のような機器に組み込まれているAIは、向井が演じる鈴木哲郎が開発した世界の医療論文を蓄積し、学習機能を持った画期的なAI診断システム“ミカエル”。ミカエルは受診者の検査と解析を短時間で行い、病気の早期発見と治療法を導き出す。本作の為に創り上げられたミカエルを始め、物語のリアリティを追及する撮影スタッフの熱量にもぜひ注目して欲しい。

【向井 理(鈴木哲郎役)コメント】
撮影はいよいよ後半戦に入りました。まだ僕らも結末を知らないので、いつも新鮮な気持ちで、でも緊張感も持ちながら撮影に臨ませていただいています。AI診断室のシーンが特に多いのですが、セットで作り込んでいて、初めて現場を見た時は近未来的なイメージで驚きました。
また、本作の魅力の一つとして、オリジナルの脚本を最初から、それもちゃんとリアリティを持って手掛けられるというのは凄いことだと思いますし、原作が無いからこそ自由に、そして現場での発想も交えながらキャスト・スタッフ一丸となってドラマを作っていますので、楽しみにしていただければと思います。

AI診断システムミカエルを調整する鈴木(向井)

【STORY】
IT企業が経営するメディノックス医療センターでは、医学者の鈴木哲郎(向井理)が開発したAIによる患者の診断が行なわれていた。人間の医師が行なうよりも短時間で正確に、しかも無料で行なうAI診断は世間で評判を呼ぶ。AI診断を導入したIT企業代表の蒲生俊平(渡部篤郎)は、海外に後れを取らないためにも医療のAI化を進めていくべきだと主張。しかし、医師会会長の有薗直子(黒木瞳)は「時期尚早」と難色を示し、さらに優秀な外科医の上野智津夫(原田泰造)もAIに診断された患者の手術に当たることを不快に思っていた。そんな中、AI診断に基づいて上野が手術した患者が、術後に容体が急変して亡くなってしまう。上野はAIが余計な診断をしたせいだと言い放ち、鈴木は上野の判断が間違っていたせいだと反論する。一方、記者の太刀川春夫(山本耕史)は、AIで診断した患者が死亡したという情報をつかみ、独自の調査を始めていた。

番組情報

『連続ドラマW パンドラⅣ AI戦争』
11月11日(日) WOWOWプライムにて放送スタート
毎週日曜よる10時~(全6話)第1話無料放送

脚本:井上由美子(「パンドラ」シリーズ、「白い巨塔」、『昼顔(2017)』)
監督:河毛俊作(「パンドラ」シリーズ)、村上正典(「連続ドラマW 真犯人」)
音楽:佐藤直紀(「パンドラ」シリーズ、『劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』)
出演:向井 理 黒木 瞳 美村里江 三浦貴大 山本耕史 原田泰造 渡部篤郎 ほか
特設サイト
http://www.wowow.co.jp/dramaw/pandora4/