吉岡里帆に褒められ、千葉雄大がまぢ照れ! 映画『音タコ』W主題歌のひとつ「体の芯からまだ燃えているんだ」MV&メイキングが解禁!

吉岡里帆に褒められ、千葉雄大がまぢ照れ! 映画『音タコ』W主題歌のひとつ「体の芯からまだ燃えているんだ」MV&メイキングが解禁!

10月12日(金)より公開される、映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』で、吉岡里帆演じるふうかが歌うソロ楽曲 「体の芯からまだ燃えているんだ」のミュージックビデオ(ショートver)とメイキング映像が解禁された。

本作は、映画『俺俺』や『インスタント沼』、ドラマ「時効警察」シリーズなどの三木 聡が原案・脚本・監督を手掛けるオリジナル作品。“声帯ドーピング”による“驚異の歌声”をもつ世界的ロックスター・シン(阿部サダヲ)と、声が小さすぎるストリートミュージシャン・ふうか(吉岡里帆)が、“声帯ドーピング”のやりすぎで崩壊寸前となったシンの最後の歌声をめぐって、謎の組織から追われる様をハイテンションに描く、ロック・コメディ。千葉雄大、麻生久美子、小峠英二(バイきんぐ)、ふせえり、田中哲司、松尾スズキらクセが強すぎるキャストたちが集結する。

今回MVが解禁された「体の芯からまだ燃えているんだ」は、同世代の若者から圧倒的な支持を集める、あいみょんが作詞・作曲を手掛けたW主題歌のひとつ。

ミュージックビデオは、阿部・吉岡・千葉の3人が再集結し、本楽曲のために全編撮りおろしで制作。レコード会社のシン担当・坂口を演じた千葉が、自転車に乗りながらさわやかに横切る冒頭から始まり、黒い衣装のシンと対照的な白い衣装でギターを抱えるふうかが青空の下で熱唱し、バックバンドの前で魂をこめて歌い叫ぶ、デュエットバージョンとなる。

メイキング映像では、本作でギターと歌唱に初挑戦した吉岡が、爆音のなか、力強い歌声を披露しているのが確認できるほか、撮影前に吉岡と千葉が談笑する姿も収められている。「今日、かわいいですね、めっちゃお似合いです」と吉岡から褒められた千葉は、笑顔で「照れちゃう」といって本気のテレ笑いを見せている。

シン&ふうか「体の芯からまだ燃えているんだ」ミュージックビデオ(ショートver.)

シン&ふうか「体の芯からまだ燃えているんだ」メイキング映像

【STORY】
何かと息がつまる現代社会に“歌”と“LOVE”で猛烈なエネルギーを注入するハイテンション・ロック・コメディ!
驚異の歌声を持つロックスター・シン(阿部サダヲ)。その存在自体がロックであり、カリスマ的人気を誇っているが、実は彼には秘密があった。彼の歌声は「声帯ドーピング」というオキテ破りの方法によって作られたものだったのだ。 長年にわたる声帯ドーピングの副作用で、限界が近づく喉に焦りと恐怖を抱える彼が出会ったのは、異様に声の小さなストリートミュージシャン・ふうか(吉岡里帆)だった。2つの歌声が出会ったとき、ぶっちぎりのミラクルが起きる!?

作品情報

『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』
10月12日(金)ロードショー

出演:阿部サダヲ、吉岡里帆、千葉雄大、麻生久美子、小峠英二(バイきんぐ)、片山友希、中村優子、池津祥子、森下能幸、岩松 了、ふせえり、田中哲司、松尾スズキ
監督・脚本:三木 聡(『俺俺』、「時効警察」シリーズ)
製作:映画「音量を上げろタコ!」製作委員会
制作プロダクション:パイプライン
配給・制作:アスミック・エース
ⓒ2018「音量を上げろタコ!」製作委員会

オフィシャルサイト
http://onryoagero-tako.com/