「山手線」の電車がライブハウスに!? 『レッドブル・ミュージック・フェスティバル 東京 2018』ライブレポート到着

「山手線」の電車がライブハウスに!? 『レッドブル・ミュージック・フェスティバル 東京 2018』ライブレポート到着

“音楽の解放区”をテーマに、音楽フェス『レッドブル・ミュージック・フェスティバル 東京 2018』が開幕。フェスは、9月22日から10月12日まで、3週間にわたって開催される。

9月22日(土)
 プログラムのオープニングセレモニーにふさわしいスペシャルなライブが9月22日に開催。通勤通学はもちろん、人気観光スポットめぐりにも欠かせない、東京を代表する電車「山手線」が、DJ機材やサウンドシステムを設置したスペシャルなライブハウスに様変わりした。

通常ダイヤのなかを音楽で満たされた特別車両が走り、出発駅となった大崎駅をはじめ各駅を利用していた人の注目を集めていた。

また、車両内では、ちゃんみな、Licaxxx、Omodaka a.k.a. 寺田創一の3名によるライブを実施。電車内までRed Bull Musicによってデコレーションされた特別仕様の山手線内は、熱気に溢れた。

大崎駅から山手線をぐるっと1周62分、ノンストップで走ったレッドブル特別車両。大崎駅では、到着した車両を見て観客は大喜び。「レッドブル ミュージック フェスティバル ヤマノテループにお越しのお客さまにご連絡します」のアナウンスで、一般客も予想外の出来事に驚きの表情をみせる。電光掲示板には、「62 Minutes Yamanote Loop 翼をさずける 山手線!」の文字が表示され、乗客は思わず笑顔に!

3組のアーティストによるパフォーマンスが行われた3車両のほか、3号車ではドリンクの提供があり、5号車にはフォトスポットが設けられた車内。提灯やのれんといった和風テイストな装飾が施された車内を見た乗客は、発車前からテンションアップ! 期待が高まるなか、13時18分にレッドブル特別車両は大崎駅を出発。列車が動き出すと、車内からは歓声が沸きあがり、62分の音楽が溢れるイベントがスタートした。

列車が走り出し、イベントが始まると、すぐに4号車のLicaxxxのパフォーマンスがスタート。車両の中央に設置されたDJブースで、終着駅までノンストップでパフォーマンスを行った。曲が始まる前から満員だった車内は、曲が始まると歓声が起こり、電車の走る音とLicaxxxが奏でるビートに合わせて観客は身体を揺らし、身体全体で音楽を感じていた。

新宿を通過する際には、Licaxxxが窓の外を覗き込むと観客も一緒になって外を覗き込み、ホームに向かってパフォーマンス。驚く人々の様子を見て、観客のテンションは最高潮に! Licaxxxがビートを変えるたびに車両では歓声が沸き起こり、まるで音楽を通して観客と対話しているかのようだった。観客との距離が近いこのイベント内でも、Licaxxxは終始笑顔で観客に手を振り、一体感のある親密な空気に会場は包まれていた。

6号車では、Omodaka a.k.a. 寺田創一のパフォーマンスがスタート。歌う液晶スクリーンや、ライブ機材にはなんと携帯ゲーム機、タッチパネル式シンセサイザーも設置され、山手線内は独特な空間に様変わり。巫女装束に仮面で登場すると、車内の注目を集めた。

「三階節」から始まったパフォーマンスでは、液晶ディスプレイに映し出された仮想シンガーと共に会場を沸かせる。「ご乗車ありがとうございます、出発進行!」の掛け声で盛り上がった車内で、「ひえつき節」「ギャラクシー刑事」「Kira Kira Bushi」などを披露した。途中、Omodaka a.k.a. 寺田創一からお菓子が配られるパフォーマンスがあり、観客のテンションは最高潮! ペンライト替わりにお菓子を振り、会場の空気が一体となった。今日のゲストと紹介された「ゲームボーイカラー」からはピコピコ音が流れ、ゲーム画面との相性は抜群! 目でも耳でも楽しめるパフォーマンスはまだまだ続き、「Plum Song」を含む、全17曲を披露した。

13時30分には、最後方車両からステージのある2両目まで、観客の間をゼロ距離で、縫うように掻き分けて登場した、ちゃんみな。ダンサーたちとまずは「MY NAME」を披露すると一気にちゃんみな車両のボルテージはマックスに。「FXXKER」では多くの観客の中から数名をチョイスして前の席へと連れ出す。ちゃんみなを目の前に見られるVIPとして選ばれたお客さんは、はじめは動揺していたが、目の前で踊るちゃんみなに大興奮の様子だった。

また、MCでは「山手線でこんなことありますか? 緊張します。音楽はあなたとわたしだけのものです。この時間を楽しみましょう!」と話し、大いに盛り上がった。「GREEN LIGHT」で、ダンサーと1車両全体を使って大迫力のパフォーマンスを披露したかと思えば、続く「BEST BOY FRIEND」では男性ダンサーと2人で男女の駆け引きを表現したセクシーでどこか切なげなパフォーマンスを披露。自身の代表曲である「CHOCOLATE」では車両一体がひとつとなってダンスを踊り、いちばんの盛り上がりを見せた。その後「I Really Hate This Love Song」をしっとりと歌いあげ、最後は大歓声の中、人気曲「LADY」で締めくくった。

山手線がノンストップで走り続ける中、通過をした駅では写真撮影をしたり、驚いた表情で車内を見つめる人も。主要駅を通過したり、近くを他の電車が通過した際には、窓の外に笑顔で手を振る観客の姿も見られた。

3アーティストによるライブ車両のほか、フォトスポットやドリンクブースでは、Red Bullを片手に会話を楽しんだり、流れる景色を車窓から楽しむなど、思い思いの62分間を楽しんでいる様子だった。

9月23日(日)
会場を、ベルサール渋谷ガーデンに移して開催された、23日の『RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018-SOUND JUNCTION』では、ステージが4方向に設置され、そのそれぞれに個性的な音楽性で支持を得る4組のアーティストと、ゲストMCとしてあっこゴリラ、サプライズゲストとして中田ヤスタカが登場。そして、観客はそれらのステージに囲まれた状態で彼らの楽曲を楽しむという、今までにないスタイルのライブが繰り広げられた。

ドリンクを片手に会話をしながら4つのステージに囲まれたフロアでライブの開始を待つ観客たち。天井のLEDパネルに映し出されるアーティスティックなグラフィックが観客エリアを照らすなか、MCのあっこゴリラが登場すると、歓声が湧き起こった。「スッゲーバイブス! 渋谷を最高に盛り上げましょう!」と、元気なMCでSOUND JUNCTIONが開演した。

「まずはこの人たち! RHYMESTERの登場だー!」とあっこゴリラ。「こっちだぞー!」の掛け声で、反対側のステージを観ていた観客も一気にRHYMESTERのステージに注目! 最初の楽曲「The R→B-BOYイムズ」にて会場全体を彼ららしい雰囲気に染め上げた。続く2曲目「ゆれろ」では、曲名のとおり会場がゆれるほどにヒートアップ。MCでは、「イベントにかける意気込みは半端じゃない」と語った宇多丸。「梯子酒」では「喉が渇いたら何飲むのー?」「レッドブル!」と本日だけのオリジナルのコールアンドレスポンスで盛り上がった。 “音楽はマーケティングから生まれない”と、自身が出演するレッドブルのテレビCMのセリフで会場を沸かせつつ、「Back & Forth」「Future Is Born」を含む全5曲を歌い上げ、大盛況の中、次の向井太一にバトンを渡した。

今回のライブの醍醐味のひとつはノンストップでのステージ構成。RHYMESTERの演奏が終わり、彼らへの拍手が鳴り響くや否や、真後ろのステージから向井太一が登場。観客はまるで渋谷のスクランブル交差点を渡るようにステージの間を大移動。ステージ転換なし・タイムラグなしの“SOUND JUNCTION”は観客の興奮をあおる。向井太一は、人気曲「FREER」をスタートし、「渋谷ー!」の掛け声に会場は大盛り上がり。昨年末に1stアルバムを出したばかりの、新世代のシンガーソングライターである彼の歌声に合わせ、観客は手を大きく振り、テンションはどんどん高まる。

3曲目の「Siren」では、フレッシュさと伸びのある歌声で、会場を魅了。紫色のライトの中、リズムに乗り身体を揺らす向井太一に合わせて、観客も全身で音楽を感じていた。「SOUND JUNCTION調子はいかがでしょうか?」という呼び掛けに観客も精いっぱいの声で答えていた。ラストには代表曲「空」を披露し。会場を優しい歌声で包み込んだ。「FLY」「Siren」「眠らない街」「YELLOW」「GREAT YARD」など全7曲を披露した。

3組目のアーティストには、きゃりーぱみゅぱみゅが登場。今や世界でも注目を集めるポップスターの登場に、会場からは大きな歓声が上がった。ダンサー2人ときゃりーぱみゅぱみゅが現れたその瞬間に、観客の視線は向井太一のステージから右隣のステージに移動。人気曲の「にんじゃりばんばん」が始まると、サイリウムを取り出して応援する観客も!「もんだいガール」では、会場に向けて手を振るきゃりーぱみゅぱみゅに最高の笑顔で観客も手を振って応える。サビでジャンプするダンスでは、観客も一緒になってジャンプをし、彼女らしいエレクトロでポップな音楽を一体となって楽しんだ。

MCでは、「皆さんこんにちはー! 盛り上がってますかー! おしゃれなイベントですね!」とコメント。9月26日に発売される4年ぶりのニューアルバム『じゃぱみゅ』から、新曲の「演歌ナトリウム」や「キズナミ」を披露。会場に広がるシャボン玉の演出で、観客のテンションはさらにアップ! 続けて「きみのみかた」「インベーダーインベーダー」など、全6曲をきゃりーワールド全開で歌い上げ、会場の空気が最高潮に達したところで、ラストの出演者であるSurvive Said The Prophetにバトンを渡した。

第一部のトリを飾るSurvive Said The Prophetが登場すると、ステージ前にはファンが詰めかけ1曲目「space[s]」から観客は拳を突き上げ最高の盛り上がりを見せた。「まだまだ、めちゃくちゃにできるか、お前らー!」、Yosh(vo)の煽りのMCで、会場はさらに熱くなり、2曲目「Fool’s Gold」に突入。続く「found & lost」では「手を貸してくれませんか?」の一声で観客はみな、曲に合わせてクラップ&ウェーブ。大きな一体感が生まれた。「ここに来れて光栄です! 俺らはラッキーだと思います! まじでほんとに幸せです!」とMCで語ったあと、今度はバラード「Follow」をしっとりと歌い上げると、ラストにはロック全開のナンバー「Network System」を披露。観客は手拍子やジャンプなど、思い思いのスタイルで音楽を楽しみ、ステージは熱気に包まれた。全5曲を歌い切り、大歓声のなか第一部を締めくくった。

Survive Said The Prophetが終わった途端、第二部がスタート。今度は、正反対のステージにきゃりーぱみゅぱみゅとサプライズゲストの中田ヤスタカが登場! 観客は一気にステージに駆け寄り、中田ヤスタカの突然の登場に会場のボルテージは最高潮に! ニューアルバムに収録された、新曲の「音ノ国」が始まると会場からは歓声が。手をクルクルと回すきゃりーぱみゅぱみゅと一緒に観客も大きく手を回していた。DJブースにいる中田ヤスタカも観客の盛り上がりに対しジャンプ。「ほい!」の掛け声で、みんながコールアンドレスポンスで楽しんだ。

続いて隣のステージには向井太一が登場。「スペシャルゲストであっこゴリラ!」と向井太一があっこゴリラを呼び入れると、会場のテンションはさらにアップ。今回のMCでもあるあっこゴリラと共に、CMソングにもなっている「ゲリラ×向井太一」を披露。期待していたファンも多いようで、曲が始まると「もっといけるかー! 一緒に歌ってー!」と会場内を盛り上げるあっこゴリラ。一緒に歌う観客も多く、アットホームで笑顔あふれる一曲となった。

続いて、RHYMESTERが登場し、人気曲「人間交差点」のAcoustic ver.を披露。バンドの生演奏とラップという、普段とは違った曲調に観客はノリノリ。会場の後ろの観客まで手を挙げるほどの盛り上がりで、「ヘイヘイヘイ」とコールアンドレスポンスを繰り広げていた。

大トリには、Survive Said The Prophetが登場し、誰もが知っている名曲をカバー。予想外の選曲とロック調のアレンジに、観客は聴き入るようにステージを見つめていた。

フィナーレにはMCあっこゴリラが登場。「楽しかったー! 最高! 本当にありがとうございました!」と感謝を述べると、観客からは大きな拍手が。熱気が冷め止まぬなか、ライブは締めくくられた。

PHOTO BY  Kato、Suguru Saito、Yusuke Kashiwazaki / Red Bull Music Festival Tokyo 2018 / Red Bull Content Pool

イベントサイト
www.redbullmusic.com/tokyo

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC