The Super Ball、栗山千明主演ドラマ『サイレント・ヴォイス行動心理捜査官・楯岡絵麻』主題歌に決定! ポスタービジュアルも初解禁

The Super Ball、栗山千明主演ドラマ『サイレント・ヴォイス行動心理捜査官・楯岡絵麻』主題歌に決定! ポスタービジュアルも初解禁

10月6日(土)からBSテレ東で放送される栗山千明主演の連続ドラマ『土曜ドラマ9「サイレント・ヴォイス行動心理捜査官・楯岡絵麻」』の主題歌として、The Super Ball(ザスーパーボール)の「FUSEKI」が決定した。

原作は、2010年に『このミステリーがすごい!大賞』の優秀賞を受賞し、作家デビューを飾った新鋭ミステリー作家・佐藤青南の同名小説「行動心理捜査官・楯岡絵麻」シリーズ(宝島社)の『サイレント・ヴォイス』。人が嘘をつく瞬間に0.2秒間だけ現れる、その人固有の“マイクロジェスチャー”を読み取り「被疑者の嘘を見破る」女性刑事・楯岡絵麻(栗山)が、取調室という密室を舞台に、被疑者の習慣や仕草、行動パターンから“嘘”を見破る行動心理捜査官・楯岡が鮮やかに事件を解決する “超・心理サスペンス”である。

また、主題歌と決定にあわせて、ポスタービジュアルも初解禁! 被疑者の“マイクロジェスチャー”を読み取り、“嘘”を見抜き、必ず自供に追い込む、そんなドラマの世界観を一目で体感できるビジュアルイメージとなっており、主人公・楯岡絵麻(栗山)の美しい瞳で突き刺すような鋭い目力が印象的だ。

【プロデューサー:森田 昇(BSテレ東制作局)コメント】

<ビジュアルについて>
コンセプトは嘘を見抜く“目”。演技力や美貌が際立つ栗山さん。その中でも栗山さんの“目力(めぢから)”は全てを見通すパワーと美しさを秘めています。キービジュアルとなるこのデザインを見る人は必ずや楯岡絵麻(栗山さん)に全てを見抜かれてしまうでしょう。

<主題歌について>
ドラマ全体のパッケージ感に合う、スタイリッシュな楽曲を探していました。印象的なイントロで始まり、キャッチーなメロディと美しいハーモニーのこの楽曲は、サイレント・ヴォイスにピッタリだと感じ、お二人にお願いしました。

【The Super Ball コメント】
僕たちにとって初めてのドラマ主題歌を担当させていただくことになり、本当に光栄なことで嬉しいです。ありがとうございます。
『FUSEKI』という楽曲は、制作過程でThe Super Ball が「今一番表現したい世界観、サウンドはどういうものだろうか?」それをひたすら話し合い、試行錯誤を繰り返して生まれた1 曲です。ミュージシャンとしてこの作品に携われる幸せを噛み締めながら、僕ら自身もドラマの心理戦を楽しみたいと思います。

【原作者:佐藤青南コメント】
「こんなにおもしろいもの書いたっけ?」最初に脚本を読ませていただいたときの率直な感想です。原作の設定を活かしつつドラマならではの味付けもされた巧みな脚本に、原作者というよりいち読者として純粋に楽しませていただき、自分の作品がどのように映像化されるのかという不安はなくなりました。僕はとても幸運な原作者だと思います。

【第1話あらすじ ※ゲスト・崎田博史役:佐伯大地】
行動心理学という特殊な技術で相手の嘘を見抜き、表面からは読み取れない隠された真実を暴く美貌の女刑事。楯岡絵麻(栗山)。6歳の少女を誘拐した容疑で崎田(佐伯)という男が逮捕されるが口を割らない。捜査本部は同時期に発生したバラバラ殺人事件にも追われ行き詰まってしまう。絵麻は崎田の嘘を見抜き少女の居場所を突き止めるが…。取調室という密室での熱い心理戦を通し、謎が謎を呼び驚きの結末に至るサスペンス・エンターテインメント。

番組情報

土曜ドラマ9『サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻』
10月6日(土)スタート 毎週土曜 夜9時
放送局:BSテレ東 BS7ch(全国無料放送)
原作:佐藤青南「行動心理捜査官・楯岡絵麻」シリーズ (宝島社)(『サイレント・ヴォイス』 『ブラック・コール』 『インサイド・フェイス』)
主演:栗山千明 白洲 迅 野村修一 椎名香奈江/宇梶剛士
ゲスト:佐伯大地 津田寛治 堀内敬子 西村和彦 森口瑤子 ほか

脚本:ブラジリィー・アン・山田、大浦光太、本田隆朗
監督:山内大典(共同テレビ)
プロデューサー:森田 昇(BSテレ東)岩田祐二(共同テレビ)、山内大典(共同テレビ)
制作:BSテレ東/共同テレビジョン
製作・著作:「サイレント・ヴォイス」製作委員会2018
©「サイレント・ヴォイス」製作委員会2018

オフィシャルサイト
http://www.bs-j.co.jp/silentvoice/

©佐藤青南/宝島社