最強のパパがポンコツぶりを発揮し大惨事!? 映画『スカイスクレイパー』の新たな本編映像が解禁

最強のパパがポンコツぶりを発揮し大惨事!? 映画『スカイスクレイパー』の新たな本編映像が解禁

9月21日より大ヒット上映中の、ドウェイン・ジョンソン主演映画『スカイスクレイパー』より、新たな本編抜粋映像が解禁された。

本作は、香港にそびえ立つ1,000m超えの超高層・超豪華ビル「ザ・パール」を舞台に、片足を失い義足となった元FBI人質救出チーム隊長・ウィル(ドウェイン・ジョンソン)が、警察に追われ、謎の組織から狙われながらも、愛する家族を救い出す、大迫力の救出アクション・エンターテインメント超大作。

今回解禁された映像では、ドウェイン演じる最強のパパ・ウィルが、まさかのポンコツぶり発揮。大爆発を巻き起こし、地上数百メートルで宙吊りになるという大惨事の様子がおさめられている。

また、監督のローソン・マーシャル・サーバーは、主人公・ウィルにハンデを課した本作について、「義足であっても、ほかの誰とも同じようにヒーローになれるのに、映画でそういうものを見たことがなかったんだ。火の中に飛び込む理由はただ一つ、愛する人や物のため、妻や、娘や、息子や、夫や、犬のためだ。人は愛するもののために命をかける。それが大前提であり、僕たちが『スカイスクレイパー』を作った理由だ」と熱弁。

いっぽう、ウィルを演じたドウェイン本人も「現代には、大作スーパーヒーロー映画があり、シリーズ化された商業的な娯楽大作がある。それは十分承知している。楽しいし、楽しいものであるべきだ。でもこの映画にはより現実的で泥臭い側面が描かれている。そこに、他の映画との一番の大きな違いがあるんだ。それをとても誇りに思っているよ」と、弱さやハンデを受け入れる主人公を演じた本作への特別な思い入れを明かしている。

【STORY】
香港、ビクトリア湾の一角に優雅にそびえ立つ史上最大の超高層ビル「ザ・パール」。元FBI人質救出チーム隊長のウィルはこのビルの98階に家族とともに暮らしている。ある日ビルのオーナーであるツァオに呼ばれたウィルは、ビルの安全管理システムを24時間以内に分析せよと依頼を受け、ビルのアクセス権限のマシンコードを託されるが……。

作品情報

『スカイスクレイパー』
大ヒット公開中

監督:ローソン・マーシャル・サーバー
出演:ドウェイン・ジョンソン、ネーヴ・キャンベル、パブロ・シュレイバー、チン・ハン ほか

© Universal Pictures

『スカイスクレイパー』オフィシャルサイト
skyscraper-movie.jp