過去最多入場の東京ゲームショウ2018!「eスポーツ」大会が開催されたのはこの8タイトル

過去最多入場の東京ゲームショウ2018!「eスポーツ」大会が開催されたのはこの8タイトル

今年は9月20日から23日にかけて開催された「東京ゲームショウ2018」(TGS 2018)。千葉・幕張メッセを舞台に国内外の最新ゲームが集い、総来場者数は会期4日間で歴代最多の29万8,690人を記録した。

今回のTGSで注目された点の一つが、特に今年に入ってから認知度が急速に高まっているeスポーツだろう。会場には、競技性とエンタテインメント性が高く、ゲームの新しい文化として世界的に広がるeスポーツの盛り上がりを体感できる「e-Sports X(クロス)」として、今年も「BLUE STAGE」と「RED STAGE」の2つのステージが設置された。

一般公開日の22日と23日には、ここを舞台に計8つの競技タイトルで大会が開催された。その8タイトルとはこちら!

パズドラ
パズドラチャンピオンズカップ TOKYO GAME SHOW2018

フォートナイト
FORTNITE、PS4で遊ばナイト

コール オブ デューティ ワールドウォーII
「コール オブ デューティ ワールドウォーII プロ対抗戦」グランドファイナル

ドラゴンボール ファイターズ
「ドラゴンボール ファイターズ 日本一武道会」

ぷよぷよ
「セガゲームス公式 ぷよぷよチャンピオンシップ in TGS2018」

ウイニングイレブン2019
「ウイニングイレブン2019 国内最強チーム決定戦」/「Asian Gamesエキシビジョンマッチ」

鉄拳7
「鉄拳プロチャンピオンシップ 日本代表決定戦 Day2」

ストリートファイターV アーケードエディション
「CAPCOM Pro Tour ジャパンプレミア」

有名作品がずらり! 今後もこのあたりのタイトルを中心に、日本のeスポーツは盛り上がっていきそうだ。

過去最高とも言える盛り上がりを見せた「東京ゲームショウ」。東京五輪を翌年に控えた2019年は、9月12日(木)から15日(日)にかけて幕張メッセで開催される予定となっている。

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by QOLY