吉田羊、『度々帰りたい場所、ホームのような存在に』「連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~」完成披露に登場!

吉田羊、『度々帰りたい場所、ホームのような存在に』「連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~」完成披露に登場!

ワーナー・ブラザース・テレビジョン製作の世界的人気ドラマ「コールドケース」の日本版で、その第二弾である「連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~」が10月13日(土)よりWOWOWプライムにて毎週土曜よる10 時~(全10話)放送開始される。その放送開始直前に、主演の吉田羊をはじめてとするキャスト、監督を迎えた完成披露試写会&舞台挨拶が9月27日(木)、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にて行われた。

『コールドケース2』は、ジェリー・ブラッカイマー製作総指揮のもと、全世界で大ヒットした『コールドケース』の日本版で、WOWOWが2016年に放送した『連続ドラマW コールドケース~真実の扉~』の続編。神奈川県を舞台に、吉田羊が演じる、神奈川県警捜査一課の中でチームを引っ張る主人公の女性刑事・石川百合役が、チームメンバーとともに毎話異なる未解決事件の真相を解明していくハイクオリティ・クライムサスペンスだ。

舞台挨拶には、神奈川県警捜査一課の中でチームを牽引する主人公の女性刑事役を演じる吉田羊(石川百合 役)をはじめ、永山絢斗(高木信次郎 役)、滝藤賢一(立川大輔 役)、光石研(金子徹 役)、そして三浦友和(本木秀俊 役)という前シーズンからの主要メンバーと監督を務めた波多野貴文が登壇した。

登壇すると、吉田羊は「ドラマの要である捜査一課5人が勢ぞろい揃しておりますし、そもそもコールドケース日本版の世界観を作りだした波多野監督も参加しておりますので、現場の雰囲気などお伝えしつつ、帰るころには全員にコールドケースを好きになっていただければと思います」と挨拶。

吉田羊(石川百合 役)

すると滝藤も興奮気味に「シーズン1を超えられるのか!?と思ってましたが、シーズン2のクオリティはとんでもないことになってます!本当にすごい作品になっている。観終わったあとで、はじめて羊さんにそういうメールをしました。めったに連絡しないのに(笑)。あまりにも興奮して、光石さんにも送りましたよね」と話すと、吉田から「みんなに送ったの?」と訊かれた滝藤は「…すみません。みんなに送るべきだったんですけど、友和さんはちょっとハードルが高くて…」と答え、会場の笑いを誘っていた。永山にも送っていなかったようだ。

滝藤賢一(立川大輔 役)

今回の上映会は4K・HDRで行われた。MCからは、アメリカ国外では日本初の試みと伝えられた。波多野監督は「これ(コールドケース2)は8Kで撮ってまして、皆さんが普段ご覧になっているフルハイビジョンに比べ、16倍の解像度なんです。それを4K・HDRに圧縮しているので、現場の空気感まで再現できているような感じのきめ細やかさです。作品への没入感が体験できるかなと思ってます」と監督ならではのこだわりのあるコメントを披露していた。実際に、当日は映写機も2台使用しての上映がなされたようだ。

波多野貴文監督

2年経ってシーズン2を迎えたコールドケースへの想いを吉田は「私の中では度々帰りたい場所、ホームのような存在になっています。石川百合という役を演じながら、どこからが自分でどこからが百合なのかわからなくなるくらい、役とリンクして演じられる本当に貴重な役でありますし、多くを語らずとも通じ合える共演者といい意味で妥協を知らない職人のようなスタッフ。いい条件がそろった現場というのは、役者をやっていてもなかなか出会えるものではないので、私のライフワークとして何年も続けさせていただきたい作品です」と作品への意欲を語ってくれた。

吉田がシーズン2では5人の絆が確実に深くなっていると語っていたが、永山はそんなシーズン2の現場で吉田を“羊さん”と呼ぶようになっていたというエピソードが披露された。心境の変化を訊かれた永山は「そんなに意識して変えたつもりはないんですけどね。シーズン1をやらせてもらって、今回の本を読んでいて、百合と信次郎の距離も縮まっているし、そういう信頼関係も(台)本に描かれているし、演じていて楽しかったです」と、クランクイン前に一席設けたこともあって、より結束が深まった現場だったようだ。

今作では、この5人それぞれをフォーカスしたエピソードがあるようだ。光石は第4話がメイン回となっているが、「佐藤浩市さんと吉岡(秀隆)さんがゲストなんですよ。ものすごく力をもらいました。実は吉岡さん、長髪でいらしたんですが、現場でボウズにしまして。僕らもスタッフもその熱に感動してました」とゲストが豪華なだけではなく、関わる人全てが作品へ並々ならぬ想いを持って完成されたことがうかがえた。

光石研(金子徹 役)

現代の会社においても理想の上司像を演じている三浦は「僕ら刑事ドラマ観て育った世代でして。ボスはデスクに座って、周りに刑事がいて、どこへ向かえと指示しているような司令塔だったんですけど、今作のボスは仲間うちで一緒にやっているという雰囲気が出せればと思ってました」と役作りのポイントを披露。

三浦友和(本木秀俊 役)

また、調べたい未解決事件(コールドケース)を訊かれると吉田は「今です。来年元号が変わるということで、平成最後のコールドケースになるんですが、こちらの永山絢斗君がまだWOWOWに入ってないんです(笑)。まさかですよ」と暴露すると、永山は「言います?ここで。入り方がわかんなかったんですけど」と答えると、WOWOWへの加入申し込みが壇上に届き、上映会に訪れていたファンの前で「羊さんは怖いですね」と言いながら、加入の申し込みを行う一幕もあった。

キャスト、監督立ち会いのもとWOWOW加入申し込みを行う永山絢斗

最後に吉田から「世の中に未解決事件はたくさんありますが、コールドケースの特徴は事件解決のただの刑事ドラマではなくて、人間にフォーカスした人間ドラマであるというのが大きくあげられると思います。また、正義をふりかざして悪を懲らしめるというドラマではなくて、容疑者の近くに寄り添い、救いを見つけていく、そんな慈しみに満ちたドラマになっています。より世界観が進化したコールドケースを最終話まで楽しんでいただければと思います」とアピールし、舞台挨拶は終了した。

シーズン1よりもさらにスケールアップした大規模なロケーションが敢行され、日本ならではの時代感や重厚な事件テーマがドラマの核をなし、さらに2では音楽も日本の楽曲が使用されているとよりオリジナル性が進化した「連続ドラマWコールドケース2 ~真実の扉~」は10月13日よりWOWOWプライムで放送開始。。前シーズンでも話題となったレギュラー陣と豪華ゲストとの競演にも期待してほしい。

番組情報

『連続ドラマW コールドケース2~真実の扉~』(全10話)
10月13日(土)よりWOWOWプライムにて放送スタート
毎週土曜22時~(第1話無料放送)

監督:波多野貴文、内片輝、守下敏行
脚本(話数順):吉田康弘、酒井雅秋、野木萌葱、瀧本智行、蓬莱竜太(※)、瀬々敬久
※「蓬」は正式には「いちしんにょう」。
音楽:村松崇継
撮影監督:山田康介、榊原直記
出演:吉田 羊、永山絢斗、滝藤賢一、光石 研/三浦友和

『連続ドラマW コールドケース2~真実の扉~』オフィシャルサイト
https://www.wowow.co.jp/dramaw/coldcase2/