高橋一生「とても発見の多いドラマ」。ドラマ『僕らは奇跡でできている』制作発表に豪華キャスト陣集結!

高橋一生「とても発見の多いドラマ」。ドラマ『僕らは奇跡でできている』制作発表に豪華キャスト陣集結!

高橋一生主演、関西テレビ・フジテレビ系全国ネットドラマ『僕らは奇跡でできている』が10月9日に放送開始となる。
橋部敦子脚本、完全オリジナルの本作は、生き物のフシギに目がなく、変わり者で常識にとらわれないユニークな発想の大学講師・相河一輝(高橋一生)の日常を描くコミカル・ハートフルドラマだ。
共演は、一輝が通う歯科クリニックの院長・水本育実役に榮倉奈々、一輝と同じ研究室の准教授・樫野木聡役に要 潤、一輝と同じ研究室に勤め、アリを専門とする同僚講師・沼袋順平に児嶋一哉(アンジャッシュ)、一輝の講義を受ける大学生・新庄龍太郎に西畑大吾(関西ジャニーズJr.)、一輝を自らが在籍する大学に講師として招く鮫島 瞬役に小林 薫、一輝の家に住み込みで働く家政婦・山田妙子役に戸田恵子など演技派俳優が名を連ねる。

放送開始を前に、高橋一生、榮倉奈々、要 潤、児嶋一哉、西畑大吾、戸田恵子、小林 薫が登壇した制作発表が行われた。

ドラマは、ジャンルにあてはめにくい多面的な作品で、ハートフルであり、ヒューマン、コミカルでもあるが、それだけではないさまざまな様子が折り重なりあい、不思議な魅力が多く、観る方によって受け取り方が違うドラマになっているようだ。

登壇すると、それぞれの役どころと撮影中の作品への印象を語ってくれた。

まず、主演を務める高橋は「僕自身、とても発見の多いドラマになっています。相河一輝を通して、世界を見ている最中です。とても楽しい現場になっているので、きっとこの世界観の面白さみたいなものもみなさんに共有していただけるかなと思っております。観る方によっては受け取り方が違うと思いますが、それでいいのかなとも思ってます。みなさんに楽しんでいただけたらなと思っております」と挨拶。

高橋一生

続いて、一輝が通う歯科クリニックの院長で、容姿端麗なのに仕事もプライベートもうまくいかない、こじらせ気味な水本育実役の榮倉は「私からみた育実さんは、キャリアウーマンで自称“器用じゃないけど努力型”、自分の人生にプライドを持っているというか、ギリギリ保っているような女性なんじゃないかなと思っています。相河先生に出会ってその価値観だったり、人生が大きくなのか少しなのか変わっていくんじゃないのかなと思って期待しています。視聴者の方が相河先生の生き様を観て、癒されるような…その代表となる水本を演じさせてもらえたらいいなと思っています」とこれからも続く役と作品への想いを語ってくれた。

榮倉奈々

一輝にライバル心をいだく樫野木聡役の要 潤は「樫野木目線でいうと、壮絶な会社の出世争いだと思って、一輝にライバル心を持っているんですが、一輝は全く僕をライバルとは思ってなくて。僕はひたすら教授の席を狙っていて、一輝は全く狙ってないんですが、おそらく一輝が教授になるんだろうなという不安を勝手に抱えている役なので、ギスギス感がこのドラマにちょっとでもでればいいなと思っています」とコメントしていた。

要 潤

一輝の同僚講師を演じる児島は「アリが大好きな役で、アリに向かってずっと芝居してるんです。アリに向かって何かしゃべっている…みなさんと同じ現場にいても、あまり(みなさんを)見たことがないんです。どんな感じで芝居されているのかよくわかってないんです。ちょっと変わった役ですが、チェーンストーリーがあり、そこではみんなの目を見て芝居しているので、そちらも注目ください」とGYAOで10月9日番組終了後から配信される宣伝も合わせたコメントだった。

児嶋一哉

イケメンなのにちょっぴり天然の大学生を演じる西畑は「(MCから役の紹介を受けて)イケメンなんですね。そんなイメージなかったですけど、がんばってイケメン演じさせていただいてます!現場では一生さんが現場スタッフを虜にしてますが、僕は視聴者のみなさんの目をハートにできればと思っています」と抱負を語っていた。

西畑大吾(関西ジャニーズJr.)

一輝の家政婦役の戸田は「一輝が15歳の時から一緒にくらしている家政婦なんです。唯一一緒に暮らしている女です(笑)。だから他のみなさんにお会いすることがなく、ずっと一輝とご飯を食べているシーンばかりです。親しくなるため初めて会った日に、一生さんのことを根掘り葉掘り聞きました。親しくなる第一歩は一生さんを“いっくん”と呼ぶことにして、そこからスタートしています。こんな家政婦が家にもいたらいいなと思われるように演じていきたいと思います」と、役の上での15年を埋めるような戸田ならではのアプローチ方法を披露。

戸田恵子

最後に、一輝が大学時代に師事した恩師を演じる小林は「僕は一生君を支える役で、『一輝の好きなようにしたらえぇ』というセリフがあるんです。大変尊敬している動物学の今西錦司という人の棲み分け論と多様性って考え方があるんです。進化論ではなく…進化論で説明すると、それにあてはまらない生物がいっぱいいるという今西さんの話で。何を話したいかというと“好きなようにしたらえぇ”というのにいきつくなと思ったんで。今西さんのいうところの多様性とか棲み分け論を、役者に例えると、優秀なものだけ残っていくという優勝劣敗みたいなことだと僕ら残るのかどうか不安でしょうかない。だけど多様性と棲み分けだと言ってもらったら、すごく安心できる。僕らもここに存在していられるんだというすごいものをもらったので今西さんをすごく尊敬しています。僕が役で、一輝に好きなようにしたらえぇというのはそういう話に行きつくんじゃないかなと思ってやらせていただいています」と大学の学部長という役と同様、含蓄のある説明をしてくれていた。

小林 薫

タイトル『僕らは奇跡でできている』にちなんで、“僕は○○でできている”というお題が振られると、高橋は「僕、今は台本でできています。講義のシーンがありまして、動物行動学も僕は好きなんですけど、一輝の言葉って僕が思っているよりもくだけていたりするので、分解してもう一度作りなおしたりとか、しなければいけない作業が頭にあります。専門的な用語も出てくるので、家帰ったら即台本になっています」とこの作品へどっぷり漬かっている日々ということがうかがえたコメントだった。

一方、西畑は「僕は実家でできています。このドラマの撮影中はマンスリーマンションを借りていただいていて、はじめて一人暮らしをしているんですけど、改めて実家の素晴らしさを気づかせていただきました。母の手料理とか、お風呂ができていて、掃除もされていて、それを今から自分でしていかないといけない年になったんだなと気づいて。でも今は甘えてたいんで、実家です」と実家愛を披露していた。

最後に「このドラマはみなさんが自由に受け取ってくださっていいドラマだと思います。ドラマ観ていただければわかると思うのですが、たくさんの楽しみ方ができるドラマです。一輝の目線を通して、またこの周りにいるいろいろな方たち(キャスト)を通してもいろんな価値観に触れていける。ドラマの作りとしては勧善懲悪、起承転結だったり、はっきりと分かれているドラマもそれはそれで素晴らしいと思うんですが、そういう分類分けではカテゴライズできないドラマだと思っています。
多様性というものは、僕も大事だと思っています。画一性というのはこの世界の理ではないと思っているので、いろいろな人がいて、いろいろな素晴らしいものを一人ずつ持っている。改めてみなさんが豊かになっていただけるようなドラマを作っている側の人間は考えていると思います。まずは1話を観ていただいて、それぞれの方がそれぞれに受け取って下さって、楽しんでいただければいいなと思っています」と視聴者へ向けたメッセージを披露し、会見は終了した。

高橋一生をはじめとして、魅力的なキャストが織りなすカテゴライズできないドラマ『僕らは奇跡でできている』の1話は、10月9日(火)20分拡大版での放送となる。大いに期待してほしい。

番組情報

ドラマ『僕らは奇跡でできている』
10月9日(火)スタート 毎週火曜 夜9時~9時54分(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)

キャスト:高橋一生 榮倉奈々 要 潤 児嶋一哉
西畑大吾(関西ジャニーズJr.) 矢作穂香 北香那 広田亮平 / 田中 泯
トリンドル玲奈 阿南健治 戸田恵子 小林 薫
脚本:橋部敦子
演出:河野圭太(共同テレビ) 星野和成(MMJ) 坂本栄隆
プロデュース:豊福陽子(カンテレ) 千葉行利(ケイ ファクトリー) 宮川 晶(ケイ ファクトリー)
制作協力:ケイ ファクトリー
制作著作:カンテレ

『僕らは奇跡でできている』“チェインストーリー”

配信期間:10月9日(火)~
※毎週火曜各話放送終了後から配信開始

チェインストーリー キャスト
児嶋一哉 高橋一生(1.5話ゲスト) 要 潤(2.5話ゲスト)

チェインストーリー スタッフ
脚本:がじん祥太
演出:千葉行利(ケイ ファクトリー)
プロデュース:豊福陽子(カンテレ) 宮川 晶(ケイ ファクトリー) 佐藤貴亮(カンテレ)
特別協力:GYAO
制作協力:ケイ ファクトリー制作著作:カンテレ

GYAO
https://gyao.yahoo.co.jp