レディー・ガガ 「フレディは唯一無二の存在よ」。クイーンの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』より、メイキング映像&セレブリティたちのコメントが解禁

レディー・ガガ 「フレディは唯一無二の存在よ」。クイーンの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』より、メイキング映像&セレブリティたちのコメントが解禁

11月9日(金)より日本で公開される、映画『ボヘミアン・ラプソディ』より、メイキング映像が公開。世界的な著名人からのコメントも到着した。

本作は、「世界で最も売れたアーティスト」に名を連ね、マイケル・ジャクソンやエアロスミスらと共にロックの殿堂入りを果たした伝説のロックバンド、クイーンのフレディ・マーキュリーの姿を、「X-MEN」シリーズのブライアン・シンガー監督が描いた作品。クイーンの現メンバーのブライアン・メイとロジャー・テイラーが音楽総指揮として参加しており、劇中に甦った32もの不朽の名曲には主にフレディ自身の歌声が使われている。

今回解禁された映像には、俳優ラミ・マレックが、いかにして劇中で演じるクイーンのボーカル、フレディ・マーキュリー役に魂を込めたのか。そして製作陣とキャストのどのような工夫や努力があったのかが、華やかなメイキングとともに明かされている。

また、映像の中には「ウィ・ウィル・ロック・ユー」のステージシーンや、20世紀最大の音楽イベント”ライヴ・エイド”の一部もお披露目。到着したコメントには、レディー・ガガやケイティ・ペリーといった名だたるセレブリティたちが、クイーン、そしてフレディへの思いを寄せている。

【ケイティ・ペリー コメント】
フレディ・マーキュリーは、私に最も大きな影響を与えた人よ。これから先もずっとそうあり続けると思うわ。彼の歌詞に対する皮肉のきいたアプローチと、「何も気になんかしない」というスタンスに、私の音楽は大いにインスパイアされているの。15歳で「キラー・クイーン」を聴いた時は、キラー・クイーンになりたいと願ったわ。

【レディー・ガガ コメント】
フレディは唯一無二の存在よ。音楽史上最大のスーパースターの一人ね。彼はシンガーであるだけでなく、素晴らしいパフォーマーでもあった。舞台を制する人であり、常に自分を変化させ続けていた。一言で言えば、天才よ。

【エリック・クラプトン コメント】
最近は、僕にはできないことができるギタリストたちがいる。クイーンには、僕ができたらいいのにと夢見るようなことをできる男が一人いる。心からそう思うね。

【マシュー・ベラミー(ミューズ) コメント】
世界最高のバンドはクイーンだ。間違いない。

【ビリー・コーガン(スマッシング・パンプキンズ) コメント】
僕の周りでは、僕がクイーンの大ファンだということを知らない人はいないと思う。クイーンは史上最もビッグなバンドの一つだ。フレディは、ソングライターとしても、ショーマンとしても、音楽界のヴィジョナリーとしても、僕が音楽で試みてきたことの多くをインスパイアしてくれた。彼の半分でもいいから、うまく歌えたらいいのにと思うよ。クイーンは今でも史上最もクールなバンドだし、いつどこで聴いても、決して古びた感じがしないのが本当にすごい。いつだって新鮮に聞こえるんだ。クイーンが今デビューしたとしても、やっぱりものすごい存在になるね。

【エルトン・ジョン コメント】
ロックンロールにおける最重要人物たち。

【ゼッド コメント】
「ボヘミアン・ラプソディ」は幼い頃から大好きだった。おそらく僕の好きな曲トップ2か3に入るよ。アーティストとして行き詰ってどうすればいいかわからない時は、この曲を聴くといい。毎回、インスピレーションをもらえるからね。

作品情報

『ボヘミアン・ラプソディ』
11月9日(金)全国公開

監督:ブライアン・シンガー 
製作:グレアム・キング、ジム・ビーチ
音楽総指揮:ブライアン・メイ(クイーン/ギター)、ロジャー・テイラー(クイーン/ドラマー)
出演:ラミ・マレック、ジョセフ・マッゼロ、ベン・ハーディ、グウィリム・リー、ルーシー・ボイントン、マイク・マイヤーズ、アレン・リーチ
配給:20世紀フォックス映画

© 2018 Twentieth Century Fox

オフィシャルサイト
http://www.foxmovies-jp.com/bohemianrhapsody/