JA共済の新CM、浜辺美波×佐藤二朗の思い出を彩る! 須澤紀信「いいんだよ」の注目度が急上昇

JA共済の新CM、浜辺美波×佐藤二朗の思い出を彩る! 須澤紀信「いいんだよ」の注目度が急上昇

長野県出身のシンガーソングライター、須澤紀信の、日常の不安に対するやすらぎを歌った「いいんだよ」が、浜辺美波が出演するJA共済の新CMに抜擢された。

同CMは、目に見えないリスクとの付き合い方を、佐藤二朗扮するリスクの化身“Mr.リスク”がコミカルに表現するシリーズ作。今回の『ライフムービー』篇は、「浜辺美波の思い出の中にもMr.リスクが……」という内容になっており、浜辺の実際の幼少期からのプライベート写真を使った、スライドショー形式の貴重な映像作品になっている。

歌の世界を生かすようにあえてナレーションをなくした映像の最後には「ひとは、リスクと付き合っていく。」というメッセージが綴られる。このメッセージをキャッチコピーとして描かれた新TVCMは、本日10月4日(木)より放送となる。

なお、JA共済の特設サイト「ひとは、リスクと付き合っていく。」では、WEB限定のプレミアム動画のほか、TVCMも公開中。こちらも要チェックだ。

須澤紀信「いいんだよ」について
「いいんだよ」は、「物語は“半径50センチ”の距離からはじまる」と語る須澤が、満を持してリリースした1stアルバム『半径50センチ』に収録された1曲。

“強がりで隠すのもいい だけど今日は・・・” (「いいんだよ」より)

一歩下がって見守るような立ち位置で描かれた須澤独特の世界観が、ミディアムテンポの曲調に仕上げられ、胸をぎゅっとつかむような切ない歌声で響いてくる。確かなモノが見えづらい現代、そんな現代にある日常の不安を、そっと取り除いてくれるだろう。

そんな、“半径50センチ”の距離からはじまる12のストーリーを収録した須澤紀信1stアルバム『半径50センチ』は現在好評発売中。全国のFMでパワープレイを獲得した「ノイズ」に加えて、TBS系テレビ『ひるおび!』9月度エンディングテーマ「はんぶんこ」など、話題の楽曲が多数収録された作品となっている。

アートワークでは、青春時代の初期衝動をテーマに歌った「ユニフォーム」で、関西の人気ラジオ局FM802のアートプロジェクトdigmeoutとのコラボレーションが実現。イラストレーター・神崎 遥の描き下ろしによるイラストは、アナザージャケットとして封入されている。

また、アルバム『半径50センチ』のサイドストーリーを須澤本人が書き下ろし、現在オフィシャルブログにて公開中。アルバム世界が大きく広がるストーリーは必読だ。詞の世界に込められた物語を、あらたな形で表現しているこのストーリーを読んだあとに、アルバムの世界に戻ることで、さらなる体験を味わうことができる。「いいんだよ」のアナザーストーリーも公開されている。

リリース情報

2018.09.05 ON SALE
ALBUM『半径50センチ』




須澤紀信 オフィシャルブログ
https://suzawakishin.com/contents/blog
須澤紀信 オフィシャルサイト
https://suzawakishin.com/
JA共済「ひとは、リスクと付き合っていく。」特設サイト
https://www.mr-risk.jp/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC