『ハリー・ポッターと賢者の石』『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』4D版&IMAX版期間限定上映が決定!

『ハリー・ポッターと賢者の石』『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』4D版&IMAX版期間限定上映が決定!

世界中で約900億円の興行収入をたたき出し、日本でも73.5億円の大ヒットとなって魔法のような“ファンタビ”現象を巻き起こした『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』。シリーズ最新作となる『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が11月23日(金・祝)全国公開される。

「ハリー・ポッター」シリーズで描かれる魔法ワールドとより関連性をもって描かれ、二重三重の面白さが組み込まれたストーリーになっている本作の公開を前に、魔法ワールドの物語の原点ともいえる、『ハリー・ポッターと賢者の石』が期間限定で4D版(2D吹替)で上映されることが決定した。2001年に初公開された『ハリー・ポッターと賢者の石』が4D上映されるのは、もちろん今回が初めて! 当時私たちの心を奪い虜にさせた、あの感動と興奮を思い出すとともに、数々の名シーンにマッチした4Dならではの前後&上下左右に動く<モーション>や、臨場感を演出する<煙り>などで、魔法ワールドへの没入感は最高潮! パワーアップし新たな発見も楽しめる、この魔法体験は絶対に見逃せない!

さらに! 前作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 4D版』(2D吹替)、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 IMAX版』(3D字幕)の再上映も決定! IMAX上映では「ファンタビ」の世界を、床から天井、左右の壁いっぱいに広がる大型スクリーンに映し出される高品質デジタル映像と大迫力サラウンドシステムで、これまでにない一体感を空間全体で生み出します。4D版&IMAX版を見逃していた人も、まだファンタビを観たことのない人も、もちろんこれまでに観たことのある人も、ハリーとニュートと共に冒険している気分を味わいながら、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の予習・復習もできるこの機会を見逃さないでほしい。

なお、「ハリポタ」&「ファンタビ」の4D上映は2週間、「ファンタビ」のIMAX上映は1週間の期間限定上映。

『ハリー・ポッターと賢者の石 4D版』(2D吹替)
上映期間:10月26日(金)-11月8日(木)
※2週間限定上映

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 4D版』(2D吹替)
上映期間:11月9日(金)-11月22日(木)
※2週間限定上映

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 IMAX版』(3D字幕)
上映期間:11月16日(金)-11月22日(木)
※1週間限定上映
※一部劇場を除く

【STORY】
シャイでおっちょこちょいな魔法動物学者ニュートに、最強の敵が登場!ある日、ニュートは魔法界と人間界を脅かす「黒い魔法使い」グリンデルバルドが逃げ出したことを知る。ホグワーツの恩師ダンブルドア先生から彼を追うことを託されたニュートは、仲間や魔法動物たちとともにパリへ向かう。パリではグリンデルバルドが言葉巧みに賛同者を増やし、勢力を広げていた。そしてその手はついに仲間たちにまで――。果たしてニュートと仲間たちはこの最大の危機から世界を救えるのか!?

作品情報

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』
11月23日(金・祝)全国ロードショー
3D/4D/IMAX同時公開

監督:デイビッド・イェーツ(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 『ハリー・ポッター』シリーズ後半4作品)
脚本:J・K・ローリング(「ハリー・ポッター」シリーズ著者)
プロデューサー:デイビッド・ヘイマン(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、「ハリー・ポッター」全8作品) 
出演:エディ・レッドメイン/ジョニー・デップ/ジュード・ロウ/エズラ・ミラー/キャサリン・ウォーターストン/ダン・フォグラー/アリソン・スドル ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画
©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.

『ファンタスティック・ビースト』オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/fantasticbeasts/
「魔法ワールド」オフィシャルサイト
https://warnerbros.co.jp/franchise/wizardingworld/