ムロツヨシ、今回はおふざけ封印か!? 笑いが絶えなかった『大恋愛~僕を忘れる君と』特別試写会

ムロツヨシ、今回はおふざけ封印か!? 笑いが絶えなかった『大恋愛~僕を忘れる君と』特別試写会

本日10月5日(金)、TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて、『大恋愛~僕を忘れる君と』の特別試写会が開催。イベントではトークショーも実施され、戸田恵梨香、ムロツヨシ、草刈民代、松岡昌宏、大石 静(脚本)が登壇した。

本ドラマは、若年性アルツハイマーにおかされる女医・北澤 尚(戸田)と、彼女を明るくけなげに支え続ける元小説家の男・間宮真司(ムロツヨシ)の、10年にわたる愛の奇跡を描く王道の純愛ラブストーリー。数々の人気ドラマの脚本を手掛け、“ラブストーリーの名手”と称される大石静が描く完全オリジナルドラマである。

イベント冒頭のあいさつでは、本作の主演を務めた戸田が「今回、こんなに難しいと実感したことはなかったかもしれないくらい、すごく悩みながら演じています」と、演技に苦労していることを告白。「泣いちゃいけないところで泣いちゃう」と感情のコントロールが難しいほど、本作が感情移入できる作品であることを語った。また、アルツハイマーを患った女性を演じるということで、「単純に今この瞬間を忘れたということと、記憶をなくすという意味はまったく違うとおもうので、そこはすごく大事に演じています」と、演じてる際に心掛けていることについても言及。現在、2話と3話の撮影をしているとのことだが、「すごいパワーのある作品ができそうだなという、たしかなものが掴めているような気がします」と話してくれた。

戸田の恋人役であるムロは本作がしっとりとした恋愛を描いている作品ということで、「いっさいふざけず、この舞台挨拶に臨みたいと思います」意気込むも、早速衣装のサイズが合っていないことを明かし、観客は笑顔に。自身が本作的なラブストーリーで恋人役を演じること関しては、「みなさん心配していますけど、みなさんが見ていないところで本格的なラブストーリーはしていますから」と真面目に念押しするも、観客に笑われてしまっていた。

そんなムロと戸田は、以前もカップルの役として共演したことがあるとのこと。あらためて、本作で恋人として共演した感想を求められた戸田は「どうやって好きになればいいかわからない(笑)」と本音を漏らしてしまい、観客は再び爆笑。しかし、撮影現場ではいつも真司としていてくれるそうで、「包み込んでくれるような、大きなものを持っている方」とムロを絶賛した。

尚の母を演じる草刈は、自身の役について「私が演じるお母さんは、旦那さんを早くに亡くして、子供も重い病気になってしまって、すごくかわいそうな人なんです。でも、懸命に頑張って病院も建てて」と自身が演じる役について言及。そのうえで、「そんな人が、ふと我に返ったときに、どういうことを感じるのだろうか。そこをきちんと感じて、芝居を通して出せたらいいな」と意気込みを語った。

さらに松坂は、尚の元婚約者であり、また彼女を診る医者でもある役柄ということで「尚の背中を見ながら、笑顔を思い浮かべながら……でも途中からは医師として、彼女を元恋人ではなく患者として見る、というところの持っていき方がすごく難しかったですね」と、自身が演じる役ならではの難しさについてトーク。いっぽうで、共演者の“ホレた部分”に関して、戸田がムロの目がいいと話すと、松岡もこれに同意。3話で真司と松岡演じる井原侑市が出会う際、お互いに振り向いたときのムロの目がよかったようで、「ここで出会いが生まれましたもんね」と5秒くらい見つめ合ったことを明かした。

続く大石は、以前、佐々木蔵之介から「『オードリー』(2000年)の娘が帰ってきたね」と連絡を受けたエピソードを紹介。戸田は幼少期『オードリー』に出演しており、再び自身が手掛けた作品に戸田が出演してくれたことをとても喜んでいた。さらに、ムロに関しては横から見たときの鼻が高いという点を猛プッシュ。本作の見どころを語る際には、「ほんとにナチュラルですごい戸田恵梨香の演技力、ムロツヨシの鼻、そして2人の意外な展開にご期待いただきたいと思います」と語り、「そうすると僕、鼻だけになってしまいます」とムロのツッコミを受けていた。

そして、最後はムロから本作のタイトル『大恋愛~僕を忘れる君と』にちなんで、「観た人は忘れないドラマになると思います」と、昨日考えてきたというキメのひと言。しかし、会場にいた人にはピンと来ていなかったようで、結局はムロがいちから説明するというオチで、イベントは締めくくられた。

『大恋愛~僕を忘れる君と』特別試写会 フォトギャラリー

【STORY】
北澤 尚(戸田)34歳。レディースクリニックの医師として忙しく働く充実した日々。雷が落ちたような恋をしたことはないけれど、条件にぴったりの年上の医師・井原侑市(松岡昌宏)との婚約が決まり、プライベートも順風満帆だ。結婚式まであと1か月と迫った新居への引越しの日、尚は元小説家で引越しのアルバイトをする無愛想な男・間宮真司(ムロ)と運命的な出会いをし、二人は恋に落ちる。初めて本気の恋に突き進む尚と真司だったが、二人の愛を阻むように、尚が若年性アルツハイマー病におかされていることが発覚する……。それでも真司は、ピンチを笑いに変えて、明るくけなげに尚を支え続ける。34歳にして、若年性アルツハイマーという病におかされてしまった真っ直ぐな女性と、そんな彼女に恋をした売れない小説家の、美しくも儚いラブストーリー。真司は、偶然の出会いと尚のアルツハイマー病をきっかけに、お互いを愛することの意味や喜びを知っていく。そして、尚の存在が真司の眠っていた小説家としての才能を再び呼び起こしていく……。尚がいつか自分のことすらも分からなくなる運命の中で、真司が一冊の本に綴る尚と生きる日々と愛の行方……。なぜ、何のために、真司はその本を書いたのか? 二人が綴る本当の愛の物語、その結末とは一体?

作品情報

金曜ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』
10月スタート、毎週金曜よる10:00~10:54

製作:ドリマックス・テレビジョン、TBS
脚本:大石 静
プロデューサー:宮﨑真佐子、佐藤敦司
演出:金子文紀

出演
北澤 尚:戸田恵梨香
間宮真司:ムロツヨシ
木村明男:富澤たけし(サンドウィッチマン)
小川翔太:杉野遥亮
石田ミル:小篠恵奈
沢田柚香:黒川智花
井原千賀子:夏樹陽子
北澤 薫:草刈民代
井原侑市:松岡昌宏

『大恋愛~僕を忘れる君と』オフィシャルサイト
http://www.tbs.co.jp/dairenai_tbs/