中田譲治が陰毛のコスプレで登場!? 石川界人、櫻井孝宏らも登壇した『宇宙戦艦ティラミス』イベントオフィシャルレポート

中田譲治が陰毛のコスプレで登場!? 石川界人、櫻井孝宏らも登壇した『宇宙戦艦ティラミス』イベントオフィシャルレポート

10月1日よりTVアニメ第2期が放送中されている、『宇宙戦艦ティラミス』キャスト出演イベントのオフィシャルレポートが到着した。

本イベントには、石川界人、櫻井孝宏、諏訪部順一、江口拓也、中田譲治が登壇。いろいろな意味で、“ギリギリ”なイベントの模様をお届けする。

『宇宙戦艦ティラミス』キャスト出演イベント オフィシャルレポート

みんなの悩みをズバッと解決!リアル陰毛のお悩み相談室出張版!
ユニヴァース感謝祭はオープニングミニドラマからスタート。オフィシャルTwitterで人気を博した「陰毛のお悩み相談室」が始まるという予期せぬ展開に、満員の客席からは戸惑いのような笑いが起きるものの、陰毛はそんな空気は気にせず軽快なトークを繰り広げていく。

最初の相談者はヴォルガー。「後輩のひきこもり癖を直したい」という先輩らしい悩みには「気長に待つことも大事」と回答。スバルの「銭湯で裸を見られるのが恥ずかしい」という相談には「サバンナでライオンのように、いつも裸で過ごしている野生動物のカッコ良さ」を説き、二人の悩み事を華麗に解決(?)させた。

そんな一幕で会場が温まってきたところで、メインキャストが登壇。スバル・イチノセ役の石川界人をはじめ、イスズ・イチノセ役の櫻井孝宏、ヴォルガー・ハマー役の諏訪部順一、スバルB役の江口拓也、司会の鷲崎 健がステージに登ると、客席から歓声が飛び交う。最後に現れた中田譲治はなんと陰毛のコスプレで登場。陰毛のかぶり物をして全身黒タイツ風という突飛な姿に、ファンはもちろん出演者までざわつく中、「アンダーヘアー役の中田譲治です」と挨拶をして爆笑をさらった。

「丁度良い壁ぇぇぇっ!」全キャストが全力で叫びまくる「名台詞ハイライト」!
初めのコーナーは「名台詞ハイライト」。公式サイトでキャラクターごとの名台詞に投票してもらった結果を、ランキング形式で発表していった。スバルの2位の名台詞「丁度良い壁ぇぇぇっ!」は刺股で敵の動きを封じたものの、宇宙空間には相手を押さえつける壁がないので困ったときに発した言葉だ。石川はこの台詞が台本にはなかったアドリブであったことを明かすと会場から驚きの声が漏れる。「面白いかなと思って台詞の最後に入れたら、そのまま採用されたんですよ。しかも名台詞にランクインするなんて……、ありがたいかぎりですね」と感謝の言葉を送った。

スバルの名台詞1位は最終話の「この重力…なつかしい…どうやら天国じゃなさそうだ…そうか…お前が守ってくれたんだな…デュランダル」。地球に帰還したときの真面目な台詞がランクインするという、意外な結果にキャスト陣は驚いた様子。そして今回はイベントということで、特別に生台詞を披露することに……。石川は情感たっぷりに台詞を実演。切ない声色が響き渡り、シリアスな空気になったところで「丁度良い壁ぇぇぇっ!」と絶叫し、客席の笑いを誘った。

続いて各キャラクターの名台詞も発表。イスズは「それよりそろそろ思い出してくれないか…少し寂しかったぞ。俺と一緒に来い、弟よ」、ヴォルガーは「おい優等生! どうせ二画面から戻せねーんだろ!? オレもそうだった!」、スバルBは「見つけたぞ……俺のコピー」が選ばれて、三人は生台詞タイムに突入。だがシリアスに台詞を実演した後「丁度良い壁ぇぇぇっ!」と付け加えて、名台詞の余韻を笑いに変えるというまさかの事態が勃発! 陰毛の名台詞は死に際に漏らした「スバル、お前と話すの……楽しかったわ」。中田は台詞を披露してから舞台に倒れ込んで、陰毛が事切れる姿まで完全再現。石川も「陰毛ぉぉぉ!」と雄叫びを上げて、第9話の感動エピソードがステージ上でも披露された。

スバルがマクルナルダでアルバイト!? オリジナルの朗読劇で会場大盛り上がり!
「研ぎ澄ませ!ユニヴァース感覚勝負!」のコーナーでは、石川、諏訪部、中田が地球連邦チーム、櫻井と江口がメトゥスの民チームに分かれて、ゲーム対決を繰り広げた。

その中の「ティラミス・マニアッククイズ」では「モブキャラを含む本編で喋ったキャラの人数は?」という難問が出題。メトゥスの民チームは「55」と回答。江口は「問題にするぐらいですから、キリがいい数字だと思ったんですよ」と理由を説明したものの、諏訪部から「江口君的に55はキリが良い数字なの?」とツッコまれていた。主役として間違えられない石川は「40」と回答。「『ティラミス』は意外に人数が出て来ていないんですよ」と推理をしていた。正解はVTRで発表。キャラクターが喋っているカットが次々に映し出され、人数のカウントは「46」でストップ。数字が近い地球連邦チームが得点をゲットした。

そのほかにも、アニメの場面写真に合わせて即興で台詞を考える「ティラミス大喜利」や、スクリーンに映った宇宙食が何なのかを当てる「目利き宇宙食対決」など、さまざまな対決が行われた。ときには危険なギャグやギリギリの下ネタまで飛び出す、『ティラミス』らしいハプニングもあり、バトルは盛り上がりを見せた。

「ユニヴァース感覚勝負!」は地球連邦チームがダブルスコア以上の大差で勝利。負けたメトゥスの民チームの二人は、アニメ本編に登場した緑色の宇宙スムージーを飲むという罰ゲームが……。櫻井と江口は微妙な味のスムージーに悪戦苦闘していた。

後半は「オリジナル朗読劇」を上演。イスズが宇宙バー・シャトルで酔っ払ったヴォルガーと出会い掛け合ったり、黒いデュランダルに乗ろうとしないスバルBにイスズが黒の良さを教え込んだりと、コミカルな物語が披露された。3本目のファストフード店・マクルナルダでアルバイトをするスバルのエピソードでは、本日のキャストが総出演で感動の物語を披露した。大盛況の朗読劇を終えて一礼をするキャストには、この日一番の拍手が送られた。

フィナーレでは石川が「2期は今までフォーカスが当たっていなかった陣営も描かれていますので、そちらも楽しみにしていただければ嬉しいです。僕も一生懸命叫んでおりますので、そちらもよろしくお願いします」と新シリーズに向けての意気込みを伝えた。最後は石川が「丁度良い」と言ったら、客席が「壁!」と返すという異色のコール&レスポンスで締めくくり、特別な一体感に包まれた中でユニヴァース感謝祭は幕を閉じた。

【STORY】
人類が生活領域と欲望を宇宙まで拡大した時代、自由を求めた人々が宇宙へ流れ住むようになり、彼らの叡智は文明を育み、いつしか地球を脅かす存在へと変貌していった。

宇宙暦0157年、戦場で再会した生き別れの兄弟は、重力という名の運命に導かれ母なる大地・地球へと降り立った。

大気圏突入時の衝撃を受け、犠牲となったスバルの愛機・デュランダル。残骸と成り果てたその姿に宇宙戦艦【ティラミス】のエースパイロットであるスバルの悲しみの声が響き渡った。

――咽び泣くスバルだったが、突如彼の体に異変が……!! コックピットにひきこもってばかりいた彼にコックピット禁断症状が現れたのだった……。

作品情報

『宇宙戦艦ティラミスII(ツヴァイ)』
10月1日(月)より放送開始

【放送情報】
TOKYOMX 10月1日(月)25:00~
サンテレビ 10月1日(月)26:00~
BS11 10月1日(月)26:30~

【配信情報】
ひかりTV 10月1日(月)26:00〜、以降毎週月曜26:00〜独占先行配信
他配信サイトでも随時配信予定 
※放送局・日時は変更になる場合あり。

【STAFF】
原作:宮川サトシ、伊藤 亰(新潮社「くらげバンチ」連載)
監督:博史池畠
シリーズ構成:佐藤 裕
キャラクターデザイン:横山 愛
メカデザイン:杉村友和
美術監督:畠山佑貴/若松栄司
色彩設計:歌川律子
モニターグラフィックス:南條楊輔
3DCGディレクター:吉良柾成
撮影監督:林コージロー
編集:廣瀬清志
音楽:石毛駿平
音楽制作:日本コロムビア
音響監督:郷文裕貴
音響制作:スタジオマウス
アニメーション制作:GONZO

【CAST】
スバル・イチノセ:石川界人
イスズ・イチノセ:櫻井孝宏
ヴォルガー・ハマー:諏訪部順一
スバル・ビヨンド:江口拓也
エスカレド・キャデラック:?
ソウイチロウ・イチノセ:小山力也
ヴ ェンチュリー・ルロワ:土師孝也
リージュ・ルロワ:遠藤 綾
シゲルコ・ホンダ:新井里美
パッカー:桃井はるこ
マイバッハ・ヴィルヘルム:杉田智和
ナレーション:大塚明夫

©宮川サトシ 伊藤亰・新潮社/「宇宙戦艦ティラミス」製作委員会

『宇宙戦艦ティラミスII』オフィシャルサイト
http://tiramisu-anime.com/