逢坂良太、柿原徹也、梅原裕一郎ら出演映画『宇宙の法―黎明編』より、キャラクターが作品を紹介するスペシャル動画3本が公開!

逢坂良太、柿原徹也、梅原裕一郎ら出演映画『宇宙の法―黎明編』より、キャラクターが作品を紹介するスペシャル動画3本が公開!

10月12日(金)より公開される、映画『宇宙の法―黎明編』のスペシャル動画が解禁された。

本作は、2015年に公開された『UFO学園の秘密』の続編。前作から3年の時を経て、地球文明の誕生、人類創世の秘密、宇宙人との交流と戦い、そして地球神の存在などが描かれる。監督は、『新世紀エヴァンゲリオン』や『キャプテン翼』などに携わった今掛 勇が、前作に引き続き担当。逢坂良太、瀬戸麻沙美、柿原徹也、金元寿子、羽多野 渉、梅原裕一郎、村瀬 歩ら豪華声優陣も出演する。

今回公開された動画では、本作に登場するキャラクター・レイ(CV:逢坂良太)、タイラ(CV:柿原徹也)、ザムザ(CV:千眼美子)が、作品の魅力を紹介。3人それぞれの目線で、見どころなどを語った三者三葉の動画となっている。

また、明日10月6日(土)~12日(金)までの期間限定で、動画のアナザーバージョンが池袋の池袋リプレビジョン、秋葉原のラジ館ビジョン、オノデンMXビジョン、アキバビジョンの計4カ所の屋外ビジョンにて放映される。

【STORY】
大学生のレイ、アンナ、タイラ、ハル、エイスケの5人は、それぞれの夢を追いかけながら学生生活を送っていた。しかし彼らには宇宙からの侵入者であるレプタリアンたちと戦うもう一つの顔があった。あるとき、邪悪な宇宙人ダハールの罠に落ち、消息を絶ったタイラを探し出すため、レイは3億3千万年前の地球へとタイムジャンプする。その時代、地球での新たな文明の創造を計画していた地球神アルファは、ゼータ星の女帝ザムザが率いるレプタリアンを地球に招き入れていた。そこに現れたダハールの狙いとは何か。レイとタイラの運命は!?そして“地球神の文明計画”とは――。

作品情報

宇宙の法―黎明編―
10月12日(金)より日米同時公開

出演:逢坂良太、瀬戸麻沙美、柿原徹也、金元寿子、羽多野 渉/千眼美子、梅原裕一郎、大原さやか、村瀬 歩、立花慎之介、安元洋貴、伊藤美紀、浪川大輔
監督:今掛 勇
音楽:水澤有一
総作画監督・キャラクターデザイン:今掛 勇
キャラクターデザイン:須田正己
VFXクリエイティブディレクター:粟屋友美子
アニメーション制作:HS PICTURES STUDIO 幸福の科学出版作品
配給:日活
配給協力:東京テアトル

©2018 IRH Press