三森すずこが参加! アニメ先進自治体、岐阜県大垣市プロデュースの『いつか会えるキミに』がWebで公開

三森すずこが参加!  アニメ先進自治体、岐阜県大垣市プロデュースの『いつか会えるキミに』がWebで公開

岐阜県大垣市がプロデュースした今年2作目のアニメーション『いつか会えるキミに』がYou Tubeなどで公開された。現在と未来の大垣市を舞台に時空をこえて描かれるハートフルストーリー。同市出身の作家、中村 航が原作を手掛け、人気声優、三森すずこらが参加している。   

大ヒットアニメ『聲の形』のモデル都市として注目された岐阜県大垣市。市制100周年をむかえた同市は2018年4月に江戸時代初期に成立した同市ゆかりの物語「おあむ物語」をアニメ化したオリジナルアニメ『おあむ物語 その夏、わたしが知ったこと』をプロデュースし好評を博した。また地域活性施策の一環として他自治体と連携した「大垣アニメサミット」を主宰するなどアニメによる積極的なシティプロモーションを実施している。


そんな大垣市が、新たにプロデュースするアニメを本日10月6日(土)12時にYou Tubeなどで公開した。

タイトルは『いつか会えるキミに』。原作、脚本、更にはエンディングテーマの作詞を同市出身の人気作家、中村 航が担当、三森すずこをはじめとする人気声優、更にはさまざまなヒット作品を手掛ける制作陣が手掛けた。

物語は現在と未来の大垣市を舞台に時空を超えて進行する。主人公のあん(CV: 三森すずこ)を通じて大垣市が目指すまちの姿を描き出すハートフルストーリー。本編をプロデュースした同市の観光名所や人気のたらい舟も盛り込まれ、観る人にさまざまな気づきを与える内容となっている。

三森すずこからのコメント
今回は方言に挑戦し、難しかったですが、このアニメーションをご覧いただいた皆さんや大垣市で暮らしている皆さんに、この作品を通して少しでも大垣市の魅力を身近に感じて頂けたら嬉しいです。私自身もいつか大垣市に行って、たらい舟に乗りたいと思います!



自治体が移住定住、観光PRの一環として映像制作することがここ数年のシティプロモーションの潮流である。しかし大ヒットアニメの聖地である自治体自らがアニメを2作連続で手掛ける非常に珍しい例である。エンタテインメントの中で最も時代性を有しているといわれるアニメーション。その積極的な活用に注力する大垣市のシティプロモーションから今後も目が離せない。

作品情報

いつか会えるキミに

原作・脚本: 中村 航
監督:松本 太
監督補:小野修次
作画:中森晃太郎
美術監督:金子雄司
アニメーション・プロデューサー:望月重孝
キャスト:三森すずこ(あん)、堀江 瞬(ユウキ)、井上雄貴(キボウ)、桑原由気(バトラー)
エンディング・テーマ 「さよなら おかえり」あん(CV: 三森すずこ)作詞:中村 航 作曲・編曲:井内舞子
アニメーション制作:アスラフィルム
企画協力:ポニーキャニオン
企画・製作:大垣市