須賀健太は“永遠の恋人未満”!? 思わぬサプライズでも盛り上がった『パーフェクトワールド 君といる奇跡』公開記念舞台挨拶

須賀健太は“永遠の恋人未満”!? 思わぬサプライズでも盛り上がった『パーフェクトワールド 君といる奇跡』公開記念舞台挨拶

本日10月6日(土)、丸の内ピカデリーにて、映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』の公開記念舞台挨拶が開催。岩田剛典、杉咲 花、須賀健太、柴山健次(監督)が登壇し、サプライズなどでも盛り上がった。

本作は、講談社「Kiss」にて連載中の有賀リエ原作の人気マンガを実写映画化したもので、車イス生活になった初恋の人との再会を軸に、仕事、生きること、そして恋する気持ちをストレートに伝える純愛ストーリー。“障がい”と向き合い直面するさまざまな問題や葛藤がリアルに描かれている。

イベントではまず、本作で印象に残ったシーンについてトーク。岩田は、病院でつぐみが樹に「先輩、目線が一緒だね」と言うシーンについて、「この作品だからこそ、ああいったシーンが作れたと思っていますし、名ゼリフだと思っています」と本作ならではのシーンを紹介してくれた。また、杉咲は樹がつぐみネックレスをあげるシーンが残ったとのこと。そのあと「先輩、彼女にしてくれてありがとう」と言うシーンでは恥ずかしかったそうだが、とてもキュンとしたと明かした。須賀は樹とつぐみがコーヒーカップに乗ってまわるシーンが「羨ましかった」とひと言。しかし、須賀は本作のスタッフに「永遠の“恋人未満”を狙っていけ」と言われたようで、「“恋人未満”だから乗れないんです」との言葉に、会場からは笑いが。

続く、“理想とする再会シチュエーションは?”という、樹とつぐみの再会から始まる本作ならではのテーマでは、岩田がいつも電車通学で一緒になっていた他校の女子と、大人になってから電車の中で再会したいと、理想のシチュエーションについてトーク。これに対して、須賀も偶然似たシチュエーションを考えていたようで、電車から降りたあと、駐輪場での再会という細かいこだわりを熱弁。

“平成最後にパーフェクトにしたいことは?”という質問では、杉咲が「平静で取れた牡蠣をいっぱい食べたいです」と、“平成”のワードを入れてなんとか答えを絞り出すと、岩田が「今度連れて行ってあげるよ」とひと言。会場からは黄色い歓声が上がっていた。また、須賀が「スカイダイビングをしたいです」と言うと、作品の大ヒット御礼で飛ぼうかという流れに。加えて、登壇者全員で飛ぼうというまさかの展開に出演者が驚くと、会場から再び笑いが起こった。

さらに、フリップを使ったコーナーでは、各出演者が作品の印象を絵にして発表。……するかと思いきや、杉咲以外のフリップにはそれぞれ「花ちゃん」「お誕生日」「おめでとう」の文字が。なんと、10月に誕生を迎えた杉咲へのサプライズが計画されていたようで、バースデーソングが流れ出すと、ステージにケーキも登場。杉咲は驚きと、喜びの声をあげていた。

しかもこれに加え、岩田は青いバラの花束も用意。しかし、なんとか杉咲にバレずに持ってこようとするも、杉咲が何度も岩田のほうを見てしまい、なかなか渡せず。結局は、須賀が必死に注意をそらしたりと、2人のあからさまな動きに会場が笑いに包まれるなか、花束が渡され、大盛り上がりのなか、イベントは締めくくられた。

『パーフェクトワールド 君といる奇跡』公開記念舞台挨拶 フォトギャラリー

【STORY】
インテリアコーディネーターの川奈つぐみ(杉咲)は、高校時代の初恋の先輩・鮎川樹(岩田)に久しぶりに再会する。しかし彼は、大学生の時に事故にあい、車イスに乗る生活を送っていた。最初は戸惑うつぐみだったが、建築士として前向きに生きる樹とふれあう中、彼への想いを再びつのらせていく。【私は――先輩が好きなんだ、今でも】そんなつぐみの、ひたむきでまっすぐな想いに、「一生、ひとりで生きていくって決めたんだ。」とかたくなだった樹も心を開いていく。一緒にいる幸せをみつけた2人だったが、やがてある事件が起き…。大切な人と出会い、いくつもの壁を乗り越えながら、絆を深めていく2人がたどりついた結末とは…。

作品情報

『パーフェクトワールド』
10月5日(金) 全国ロードショー

出演:岩田剛典(EXILE/三代目J Soul Brothers)、杉咲 花、須賀健太 、芦名 星、マギー、大政 絢、伊藤かずえ、小市慢太郎 / 財前直見
原作:有賀リエ『パーフェクトワールド』(講談社「Kiss」連載)
監督:柴山健次
脚本:鹿目けい子
音楽:羽毛田丈史
主題歌:E-girls「Perfect World」(rhythm zone)
配給:松竹 LDH PICTURES 
制作プロダクション:ホリプロ
©2018「パーフェクトワールド」製作委員会

『パーフェクトワールド プチキス』