豪華絢爛! 高中正義が川崎クラブチッタで久保田利伸、来生たかおと共演!

豪華絢爛!  高中正義が川崎クラブチッタで久保田利伸、来生たかおと共演!

10月5日に川崎クラブチッタで行われた「高中正義 SUPER KITTY LIVE」のゲストに来生たかお、久保田利伸が参加し圧巻の競演を果たした。

同公演は川崎クラブチッタ30周年を記念して10月4日から4日間行われる「Flying KITTY Party 2018」の一環。クラブチッタ創設時に音楽事務所のキティグループがプロデュースした縁もあり、30周年記念イベントにはキティグループゆかりのアーティストが連日出演。2日目/DAY2は高中正義SUPER KITTY LIVE。


19:04、ステージ上手からAMAZONSの3人、下手から高中正義が登場しライブが始まった。オープニングには、なんと「BLUE LAGOON ’86ver.」!。高中を代表する大ヒット曲からのスタートにオーディエンスも大喜び。冒頭2曲ではアップテンポ・ナンバーで客席を沸かせたかと思うと、3曲目の「渚モデラート」ではじっくりと聴かせ、緩急自在のステージを展開。MCでは自身のキティグループとの関わりを話す。高校卒業してサディステック・ミカ・バンド加入するも、食べられなくてスタジオミュージシャン活動していたことも明かした。その頃、井上陽水の「氷の世界(なんとベースで参加!)」や来生たかおのレコーディングに参加したのが縁で、キティレコードからソロとしてのオファーを受ける。『なんか、すごく前向きの会社だったんだよね。どうせなら前向きの会社とやろうかな』と思ってキティレコードと契約したそうだ。

MCを挟んでの後半は、ちょっと懐かしのダンス&ディスコ調サウンド。「TAJ MAHAL」ではロッド・スチュワートやディープ・パープルのフレーズを挿し入れる遊び心をみせ、高中はボーカルも披露。気がつけば、ここからラストまでは全てキティレコード在籍時のナンバーを演奏。高中のキティ愛に満ちた選曲だ。


8曲目の「EARLY BIRD」の演奏が終わると、20年近く前、井上陽水の六本木STB139のシークレット・ライブで「浅い夢」を歌っていた彼に『むちゃくちゃ感動しました! 19年ぶりに会います!』と、来生たかおをステージに招き入れ自身はいったん降りる。高中バンドの演奏をバックにデビュー曲「浅い夢」をピアノを弾きながら歌う。来生は、実はゲストで参加するのは自分のライブより緊張すると話し、『こうして、ご一緒出来るのは、まさに一期一会。このライブに参加できた事をたいへん嬉しく思ってます』と、高中を再び呼び込む。

2人で、来生のデビュー・アルバムに高中がギターを弾いたこと、来生が高中のセカンドアルバムに「APRIL WAVE」を書いたこと、共に映画のサントラ録音に参加したことなど、しばしのキティ時代を懐かしみながらのトーク。そしていよいよ両者の共演。曲は「夢の途中(セーラー服と機関銃)」。この共演のためにキティ創業時からアレンジャーとして支えた星 勝が編曲。あの有名なイントロから高中のギターが炸裂。さらに来生のボーカルに呼応するようにギターも唸りをみせ、歌とギターの見事な競演を果たした。この後の「スローモーション」「GOODBYE DAY」では高中に替わって石成正人がギタリストで参加。来生メロディに色を添えた。

『よく、あんなソフトで艶っぽい声が出せるね』と来生のボーカルを称え、高校時代のアメリカンスクールの学生とバンドをやっていたことを話し出す。オーティス・レディング、J・ブラウン、マーヴィン・ゲイやスティービー・ワンダーといったR&Bアーティストの曲をカバーしていたこと。ちょうどニュー・ジャック・スイングが流行した頃、出てきたのが久保田利伸! おまたせしましたと久保田が呼び込まれると会場は総立ち。曲は『ジェフ・ベックとスティービーみたいにやろうぜ!』と高中のリクエストでスティービー・ワンダーの「迷信/Superstition」。


原曲のクラビネットのイントロを高中のギターリフが奏で、久保田のボーカルが入り、やはりキティグループ出身のAMAZONSのコーラスが続く。3者が一体となったコラボレーションは鳥肌がたつほどの格好よさ。高中正義のキティレコード在籍期間は1984年まで。久保田は翌85年にキティミュージックと契約したので、同じ事務所ながら接点はなく、今回のステージが初共演だ。『僕の前に井上陽水さん、小椋 佳さん、来生たかおさん、玉置浩二さんと恐ろしいぐらいの才能の方が会社に居らしゃって。そして高中さんも居る。そんな高中さんに”俺のバンドで一緒にやる?”って言ってくれたんですよ。恐れ多いですよ、今日は』と高中との共演に感激。


続いては『キティ在籍時代の曲です』と紹介し「雨音」につなぐ。高中と久保田の唯一の接点は1980年代後半、ツアーのキーボードメンバーが同じだったこと。久保田のサードアルバムを高中が褒めていたことは耳にして『僕だけ勝手に近しい気持ちでやらせて貰っていました』と先輩へのリスペクトの思いを語る。そして両者の歴史的共演ラストは『You were mine』。久保田のボーカルに高中がレスポンスする両者のスリリングな掛け合い、間奏では久保田のカウントで高中がギターソロに入る箇所など、1曲丸ごとがゾクゾクするシーンの連続。スティービーの”Another Star”をミックスさせたコーラス・パートでは、オーディエンスも右腕を大きく左右に振って応えた。

久保田利伸の後は、再び高中正義のステージ。ロック・テイストもあふれる「TROPIC BIRD」「READY TO FLY」と続く。随所にメンバーのソロも披露され、会場も総立ちの大興奮の中、本編は終了。

アンコールでは、高中が「虹伝説 THE RAINBOW GOBLINS」に出てくるゴブリンマスクを被って登場。名盤中の名盤と呼ばれる同アルバム収録の「THUNDER STORM」が演奏されるや、会場から大きな歓声が上がる。

そしてラスト・ナンバー。両サイドから来生たかお、久保田利伸が再びステージに戻る。曲は来生メロディの美しさが際立つ名曲「シルエットロマンス」。アレンジは「夢の途中」に続き、星勝が手がけた。まずは来生のピアノ弾き語りで始まり、間奏部は高中の爪弾くギターが静かに唸る。2コーラス目は自身のコンサートでもカバーしたことがある久保田利伸。サビではAMAZONSに、オーディエンスも加わっての大合唱。キティグループ出身者が集結し全19曲、2時間超にも及んだ川崎クラブチッタ30周年イベント「Flying KITTY Party 2018」の2日目が終了した。

PHOTO:畔柳ユキ

セットリスト

01.BLUE LAGOON ’86ver.
02.SHAKE IT
03.渚モデラート
04.MAMBO NO.5 (DISCO DANGO)
05.TAJ MAHAL
06.SAUDADE
07.FINGER DANCIN’
08.EARLY BIRD
09.浅い夢
10.夢の途中with 高中正義
11.スローモーション
12.GOODBYE DAY
13.迷信/Superstition
14.雨音
15.You were mine (“Another Star” mash up ver.)
高中正義;
16.TROPIC BIRD
17.READY TO FLY
ENCORE;
18.THUNDER STORM
19.シルエットロマンス/高中正義・来生たかお・久保田利伸



高中正義 オフィシャルサイト
http://www.takanaka.com