吉沢 亮「もうみんなのトリコやで~」。出演者の関西弁に観客もトリコになった映画『あのコの、トリコ。』舞台挨拶 in 大阪イベント オフィシャルレポート

吉沢 亮「もうみんなのトリコやで~」。出演者の関西弁に観客もトリコになった映画『あのコの、トリコ。』舞台挨拶 in 大阪イベント オフィシャルレポート

10月5日(金)より全国公開される、映画『あのコの、トリコ。』のイベント「公開記念舞台挨拶 in 大阪」が、10月8日(月・祝)にTOHOシネマズ 梅田・本館で開催。吉沢 亮、新木優子が登壇したイベントのオフィシャルレポートが到着した。

本作は『Sho-Comi』(小学館)にて連載され、既刊5巻のコミックスは累計部数100万部(電子ダウンロード含む)を突破する、白石ユキの人気漫画を原作とした作品。地味で平凡なメガネ男子の主人公・頼(吉沢)が、2人の幼なじみ・雫(新木)と昴(杉野遥亮)がモデルと俳優になっていることを知り、何かに突き動かされるように雫のいる高校に転入。大好きなあのコ・雫のためにかっこよく変わっていく様と、幼なじみ3人の三角関係が描かれ、芸能界を舞台にラブストーリーが展開していく。

自撮り写真は、大阪最後の回(レポートの次の回)の写真

 

「公開記念舞台挨拶 in 大阪」オフィシャルレポート

MCからの「関西弁でご挨拶を!」のリクエストに、いきなり「なんでやねん!」と茶目っ気たっぷりにツッコミで挨拶をする吉沢。「こんなに集まってもらって、もうみんなのトリコやで~▽」キュートな関西弁に700人の観客は最初からメロメロ(※▽はハートマーク)。続いて新木は、「みなさん、こんにちは」と話し始めたがこちらも最後に「新木優子やで▽」とかわいく挨拶。「もう1回!!」と言わせるほどに、2人の神かわいすぎる関西弁に観客はすでにトリコ状態。

公開を迎えて4日目、「1年以上前に撮影をしていたので、やっと公開を迎えほっとしています」(吉沢)、「関西のほうに来させていただいて、こんなにたくさんの方が観てくださったんだなぁと直接感じることができて、うれしいです」(新木)と今の気持ちを語った。そして、仕事でもよく大阪を訪れるという2人。「大阪のどこにトリコになるか―?」の質問には「人柄! いつも温かく迎えてくれる。大阪のみなさんの人柄がめっちゃすきやねん!」(吉沢)とここでも関西弁。新木も「私も皆さんのお人柄と、あとノリの良さにトリコ▽です」と答えた。

また、この回は上映後の舞台挨拶だったため「もう一回観るなら……」のポイントを聞かれると2人揃って、芸能界を舞台にした本作ならではの「劇中劇」をアピール。「役を演じながらその役がまた役を演じているという……なかなか複雑なんですけど、作品によっても表情も変わったりするので。ぜひじっくり観て頂けるとうれしい」と自信をのぞかせた。そこで新木は「舞台のセットから落ちてくる雫(新木)を助けに走る頼(吉沢)のバラの投げ捨て方に注目▽かっこよすぎる問題が発生しています!」と女子ならではの目線でも見どころを語った。本物の舞台のように本格的なセットと演出で映し出された劇中劇「ロミオとジュリエット」のシーンも必見だ。

最後は各回実施しているお客さんと一緒の自撮り撮影。吉沢と新木が舞台をおり近くに行くと、観客のテンションはマックスに。「みんな行くよー」と気さくに声をかける吉沢と新木に、まちがいなく会場中が“トリコ”になっている様子だった。

【STORY】                       
田舎で暮らしていた地味で冴えない男子高校生の鈴木 頼(吉沢 亮)は、東京の芸能コースがある高校に転入し、幼い頃から好きだった立花 雫(新木優子)と再会する。女優という夢に向かって真っすぐにがんばる雫にあらためて恋をした頼は、彼女が所属する芸能事務所に頼まれ、雫の付き人として現場に同行するようになる。ランジェリーの広告撮影では、共演するはずだった、頼と雫の幼なじみでもあり人気俳優の東條 昴(杉野遥亮)が、あるアクシデントで帰ってしまい、雫は降板させられそうになる。そんな雫を助けるために頼はなんと昴の代役を受けることに!そして、頼がカメラの前に立つと別人のような輝きを放ち、雫は思いがけずときめいてしまう。そしてこの広告が話題となり、頼、そして雫と昴の未来を変えていく―。

作品情報

映画『あのコの、トリコ。』 
大ヒット公開中

原作:白石ユキ(小学館『Sho-Comi』」連載)
監督:宮脇亮
脚本:浅野妙子
出演:吉沢 亮、新木優子、杉野遥亮 水上剣星 大幡しえり ・ 内田理央 古坂大魔王/高島礼子(友情出演)/岸谷五朗
配給:ショウゲート

©2018 白石ユキ/小学館・「あのコの、トリコ。」製作委員会

『あのコの、トリコ。』オフィシャルサイト
http://toriko-movie.jp

『あのコの、トリコ。』原作