樹木希林、映画『日日是好日』への想い、見どころ、理想の役者像など縦横無尽に語るインタビュー映像が解禁

樹木希林、映画『日日是好日』への想い、見どころ、理想の役者像など縦横無尽に語るインタビュー映像が解禁

10月13日(土)全国公開の映画『日日是好日』より、9月15日に亡くなった樹木希林が本作について語るインタビュー映像が公開された。

本作は、エッセイスト・森下典子が、約25年に渡って通い続けた茶道教室の日々を綴った大人気エッセイ『日日是好日 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』を『光』『セトウツミ』など、いまや国内外から熱い視線を集めてやまない大森立嗣監督が映画化したもので、黒木 華、樹木希林、多部未華子の初共演で贈る一期一会の感動作だ。黒木と樹木による師弟ドラマ、黒木と多部の青春ドラマ、ふたつの軸が紡ぎだす、内なる自由と生きる喜び、そして、かけがえのない“今”を描く。

今回、公開されたのは、昨年12月中旬に樹木がオールアップしたときに撮影したインタビュー映像。

初共演の黒木について「思った通りの、実に柔らかくてすべてのものをスイっと受け取って自分の中で消化してスイっと出す。そして自分の肉体というものを固めない。普通の女優さんだと普段の顔をいろいろ、かたち作っちゃう。普段は淡泊にしておいて、役のときに変わるという、一番理想的な役者の姿じゃないかなと。黒木さんが典子をやると言った段階でこの作品は成立したなと思いました」と絶賛した。

さらに本作の見どころについて「見どころは自分で見つけてください、というのが観た方へのお願いなんですけど」と笑いながら苦言を呈した。そしてしみじみと続ける。「この本は、森下さんがお書きになってからひと回りしています(12年以上が経っている。原作は2002年1月に刊行)。あの時代とは違って、今の地球がいつどうなるかわからないような、隣の国もわからない、トランプさんもあんなふうだし、いつもスイッチ押せるカバン持ってるみたいだし。そういうときに、“こんなふうに何でもないことを、毎年同じことができるということが本当に幸せなんですね”という武田先生のセリフがありますが、やはりそこに行きつく、今の時代に必要な作品になればいいなと思いました」。少し間をおいて、それぞれの考え方で生きる道に悩み迷う主人公の典子といとこの美智子になぞらえてか、「みんな誰でも踏み迷うのね。若くても年とっても。75歳、後期高齢者になった私が踏み迷わないかというと、とんでもない。毎日、あっと言って踏み迷うわけでしょ。そんなの当たり前、人間としてはね。そんなときに、みなさんのそれぞれ生活の中に、長く続けているもの、趣味と言うかな、そこへ行くとあまり無理しなくても自分をふと置ける場所を作っておくといいかもしれませんよ」と含蓄のある心に響く言葉を重ねた。

映像には、このほか“お茶の先生”という枠を超えた人生の師匠として、大きな包容力で主人公・典子たちを導いていく武田先生を演じ、その役作り、撮影の裏側なども語っている。1年以上の歳月をかけ役作りをし、最後までこの映画を作り上げ、育てていくことに全精力を傾けた樹木希林の想いの一端が垣間見られる映像となっている。

【STORY】
とにかく私はお茶を習うことになった。二十歳の春だった。
たちまち過ぎていく大学生活、二十歳の典子(黒木華)は自分が「本当にやりたいこと」を見つけられずにいた。ある日、タダモノではないと噂の“武田のおばさん”(樹木希林)の正体が「お茶」の先生だったと聞かされる。そこで「お茶」を習ってはどうかと勧める母に気のない返事をしていた典子だが、その話を聞いてすっかり乗り気になったいとこの美智子(多部未華子)に誘われるまま、なんとなく茶道教室へ通い始めることに。そこで二人を待ち受けていたのは、今まで見たことも聞いたこともない、おかしな「決まりごと」だらけの世界だった――。

作品情報

『日日是好日』
10月13日(土)シネスイッチ銀座、新宿ピカデリー、イオンシネマほか全国ロードショー

脚本・監督:大森立嗣(『まほろ駅前』シリーズ、『さよなら渓谷』、『セトウツミ』、『光』)
原作:森下典子『日日是好日 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』(新潮文庫刊)
出演: 黒木 華 樹木希林 多部未華子 鶴見辰吾 鶴田真由 山下美月
製作幹事:ハピネット ヨアケ
配給:東京テアトル、ヨアケ
©2018「日日是好日」製作委員会
オフィシャルサイト
http://www.nichinichimovie.jp/