“禁断の純愛”を描く有村架純主演ドラマ『中学聖日記』主題歌「プロローグ」を歌うUruが、新ビジュアルを公開

“禁断の純愛”を描く有村架純主演ドラマ『中学聖日記』主題歌「プロローグ」を歌うUruが、新ビジュアルを公開

Uruが12月5日(水)にリリースするニューシングル「プロローグ」。同楽曲が主題歌となっているTBS系 火曜ドラマ『中学聖日記』も10月9日に放映がスタート。そしてドラマの初回オンエアにあわせて、Uruの新アートワークが公開された。

新アーティスト写真は、カメラマン・アミタマリが手がけたもので、夕景の中、凛と佇むUruの表情が秋から冬の空気感を感じさせるビジュアル。

一方、ジャケット写真は、前作「remember」に引き続き、香川在住のInstagramでも注目を集めるカメラマン岩倉しおりが手がけており、「プロローグ」のサビで印象的な言葉となる『星』をモチーフに、日常を美しく切り取った、儚くも美しいアートワークとなっている。

Uruのアートワークで、女性クリエイターが一同に会したのは今回が初。淡い恋心を歌う泣きのバラード楽曲とともに、アートワークも新境地と呼べるものが完成した。

また、「プロローグ」が、12月5日のパッケージリリースに先がけて、10月30日(火)より各配信サイトにてリリースされることも決定。

「プロローグ」が主題歌となる、TBS系 火曜ドラマ『中学聖日記』もいよいよオンエアがスタート。「プロローグ」がどのように物語を彩っていくのか、いち早く楽曲をチェックしながらストーリーに思いをはせるのもいいかもしれない。

ドラマの初回放送に先駆けて先日公開された、映画監督・松本花奈が手掛けたスピンオフムービーでも印象的に流れる主題歌「プロローグ」は、「泣ける」「切ない」との声がSNSで上がっており、これまで“癒し”や“優しさ”で語られることの多かったUruにとって新しい反響が巻き起こっている。

ドラマ『中学聖日記』は、女性向けマンガ雑誌『FEEL YOUNG』(祥伝社)で人気連載中の漫画家・かわかみじゅんこによる同名漫画が原作。物語の舞台は片田舎の中学校。自分を大切に想ってくれる年上の婚約者がいながらも、勤務先の学校で出会った不思議な魅力を持つ10歳年下の中学生・黒岩 晶に心惹かれていく女教師・末永 聖の“禁断の純愛”を、儚くも美しく描くヒューマンラブストーリーだ。

主人公・聖を有村架純が演じるほか、劇中の個性的かつ魅力的なキャラクターに町田啓太、吉田 羊、夏川結衣ら実力派が名を連ねる中、聖に恋する教え子・晶役には今作が芸能界デビューとなる新人の岡田健史が大抜擢され、大きな話題を呼んでいる。

プロデュースを手がけるのは、1月期に放送され話題となったドラマ『アンナチュラル』(TBS系)でプロデューサーを務めた新井順子、さらに演出を務めた塚原あゆ子が今作でも演出を担当するなど、スタッフ陣にも注目が集まっている。

さらに、10月9日にスタートしたUruオフィシャルファンクラブ「SABACAN」のオープン記念動画が、オフィシャルYouTubeにて公開。 Uru本人が制作・編集を手掛けたクレイアニメで構成されており、これまでのUruのヒストリーを表現した愛らしい動画となっており、ファンクラブの由来についてもテキストで語られている。

リリース情報

2018.09.26 ON SALE
SINGLE「remember」


2018.12.05 ON SALE
SINGLE「プロローグ」


Uruオフィシャルサイト 
http://uru-official.com

番組情報

TBS系火曜ドラマ『中学聖日記』
毎週火曜22:00〜

出演:有村架純 岡田健史 町田啓太 マキタスポーツ 夏木マリ 友近 吉田 羊 夏川結衣
原作:かわかみじゅんこ『中学聖日記』(祥伝社『FEEL YOUNG』連載中)
脚本:金子ありさ
プロデュース:新井順子
演出:塚原あゆ子 竹村謙太郎 坪井敏雄
製作:ドリマックス・テレビジョン TBS
(C)TBS

『中学聖日記』番組サイト
http://www.tbs.co.jp/chugakuseinikki_tbs

『中学聖日記』原作

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC