佐藤二朗VS宮沢りえ、過激バトル勃発? 映画『ルイスと不思議の時計』口喧嘩シーン解禁

佐藤二朗VS宮沢りえ、過激バトル勃発? 映画『ルイスと不思議の時計』口喧嘩シーン解禁

いよいよ10月12日(金)に日本公開を控えた映画『ルイスと不思議の時計』より、ジャック・ブラック扮するポンコツ魔法使い(佐藤二朗)とケイト・ブランシェット扮する魔女のツィマーマン(宮沢りえ)が過激な(!?)トークバトルを繰り広げる口喧嘩シーンが解禁された。

本作は、スティーヴン・スピルバーグのアンブリン・エンターテインメントが製作を務め、“ハリー・ポッターの原点”ともいわれる、ジョン・ベレアーズの著書を映画化したもの。両親を亡くした少年ルイス(オーウェン・ヴァカーロ)が、世界を救うために魔法使いであるジョナサンおじさん(ジャック・ブラック)と魔女のツィマーマン(ケイト・ブランシェット)と一緒に繰り広げる大冒険が描かれる。

今回解禁された映像は、突然時計の中から現れた魔女のツィマーマンに驚くルイスにジョナサンが「お隣の鬼ババア、フローレンス・ツィマーマン夫人だ」と悪口を交えて紹介。するとツィマーマンも「よかったわね、規格外にでっかい頭を受け継いでいなくて」と痛烈に応戦し、その後も次々と飛び出す過激な(!?)悪口でトークバトルを繰り広げる二人の姿に思わず笑ってしまう、コミカルな口喧嘩シーンだ。

ケイト・ブランシェットは「ジョナサンとフローレンスのふたりは魔法への愛で長くつながっているのよ。でもお互いに尊敬もしているの。しょっちゅう言い争いをして、まるで『バージニア・ウルフなんかこわくない』(66)のジョージとマーサみたいよ。激しくケンカもするけれどふたりの間には素晴らしい愛があるのよ」と説明するように、特別な関係性で繋がっているジョナサンとツィマーマン。そんな二人をその確かな演技力で見事に演じている佐藤と宮沢。先日行われた本作の完成会見では、佐藤へジャック・ブラックからのメッセージ映像が届けられ、ブラックからの「滑舌良く、ポンコツ感よろしくな!」というお願いに「まかせろ! 滑舌の良いポンコツは俺の十八番だ!」と声高らかに応えた佐藤だが、今回の映像をみればそれが納得! また、「役者と声優さんは声を発する際の筋肉が違う」と声優の仕事への苦悩を語るものの、佐藤やベテラン声優陣からその演技力を絶賛された宮沢に関しても、その絶賛の理由がわかるはず!

作品情報

『ルイスと不思議の時計』
10月12日(金) 全国ロードショー


出演:ジャック・ブラック、ケイト・ブランシェット、オーウェン・ヴァカーロ、カイル・マクラクラン ほか
監督:イーライ・ロス
制作:アンブリン・エンターテインメント
原作:ジョン・ベレアーズ『ルイスと不思議の時計』(静山社)
配給:東宝東和 
(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO.,LLC

オフィシャルサイト
lewis-movie.jp