スピルバーグの私物コレクションも登場! 映画『ルイスと不思議の時計』より、大人も子供も思わずビビる?! 本編映像解禁

スピルバーグの私物コレクションも登場! 映画『ルイスと不思議の時計』より、大人も子供も思わずビビる?! 本編映像解禁

10月12日(金)に日本公開される映画『ルイスと不思議の時計』より、本編映像が解禁された。

スティーヴン・スピルバーグのアンブリン・エンターテインメントが製作を務め、“ハリー・ポッターの原点”ともいわれる、ジョン・ベレアーズ著書を映画化するマジックファンタジー。ポンコツ魔法使いのジョナサンおじさんを演じるのは、幅広い演技で定評のあるジャック・ブラック。魔女のツィマーマンはアカデミー賞に2度輝いたケイト・ブランシェットが演じる。監督を務めるのは、鬼才イーライ・ロス。また、日本語吹替え版では、ジャック・ブラックの声を佐藤二朗、ケイト・ブランシェットの声を宮沢りえが務めるほか、主人公ルイスの声を高山みなみ、そのほか松本梨香、矢島晶子、本名陽子など豪華声優陣が集結していることでも注目を集めている。

今回解禁されたのは、怪しい美術品が所狭しと並べられた夜の魔法屋敷をルイスが探検する“大人も子供も思わずビビる?! ちょっぴり怖~い”ドキドキの本編映像。

本シーンに登場するこの不気味な自動人形(オートマタ)のいくつかは、スピルバーグが自分のコレクションから貸出した本物のアンティークなのだそうで、ジャック・ブラックでさえ「どれもかなり不気味だった」と明かすほど。大人も子供も思わずビビってしまうドキドキのシーンとなっている。

マジックファンタジーでありながら、不気味な雰囲気を携えている本作について「この映画を怖くて面白い映画にしたかったんだ。『グレムリン』も『E.T.』もそれを実現していたからね」とアンブリンの80年代の名作を例に挙げて語るイーライ・ロス監督。いつか「子供向けの怖い映画」を作りたいと願っていたというロスは、アンブリンのトップであるスピルバーグからアドバイスを受けたそうで「スピルバーグ氏に、彼の手がけた『ポルターガイスト』がどれほど自分に影響を与えたか、そして新しい世代に同じようなスリラーを提供したいと思っていることを打ち明けたら、素晴らしいアドバイスを貰えたんだ。『あまり懲り過ぎてしまうと観客が物語に入り込めなくなるから気をつけなさい。一番大事なのは怖がらせることだよ。子供たちは怖がるのが大好きだから』とね」と明かしている。

スピルバーグのエッセンスを散りばめ、アンブリン流の怖い映画を目指した本作。スピルバーグが所有する人形が子供たちをどのように怖がらせてくれるのか、注目だ。

作品情報

『ルイスと不思議の時計』
10月12日(金) 全国ロードショー

出演:ジャック・ブラック、ケイト・ブランシェット、オーウェン・ヴァカーロ、カイル・マクラクラン ほか
監督:イーライ・ロス
制作:アンブリン・エンターテインメント
原作:ジョン・ベレアーズ『ルイスと不思議の時計』(静山社)
配給:東宝東和 
(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO.,LLC

オフィシャルサイト
lewis-movie.jp