Da-iCE、メンバー作詞のバラードシングル「雲を抜けた青空」新ビジュアル&収録内容公開 「いつかの青空のために、今を精一杯頑張ろう!」(花村想太)

Da-iCE、メンバー作詞のバラードシングル「雲を抜けた青空」新ビジュアル&収録内容公開 「いつかの青空のために、今を精一杯頑張ろう!」(花村想太)

Da-iCEが、11月21日(水)にリリースするニューシングル「雲を抜けた青空」の新ビジュアルとシングルの収録内容をオフィシャルサイトで公開した。

新ビジュアルは、白を基調とした衣装に、柔らかい表情で佇む5人の姿が印象的。自然体に近い彼らのやさしい雰囲気が、新曲の温かさを感じさせる一枚となっている。

ニューシングル「雲を抜けた青空」は、2016年11月に発売した10枚目のシングル「恋ごころ」以来、約2年ぶりとなるバラードシングル。

5周年イヤーのラストを飾るこのシングルは、「自分たちの言葉で、聴いてくださる皆さんにメッセージを届けたい」という強い希望のもと、花村想太を中心に、工藤大輝、大野雄大の3人が作詞を手がけた。

メンバー自らが歌詞を手がけたのは、シングル表題曲では15枚目にして初めて。「結婚式でかけられる曲はないですか」というファンから届いた声をモチーフに、花村を中心に大切な人に贈る一曲として3人が言葉を紡いでいった。

「どんなに嵐でも、どんなに雨が降っていても、雲を抜けたらそこにはいつも青空がある。だから、一緒に青空まで高く飛び立とう」という意味を込め、メンバー自ら真摯に紡いだメッセージを歌に乗せて、大切な人に贈る、心温まる一曲に仕上がっている。

カップリングには「リフレイン」を収録。「僕は弱虫で」という言葉が印象的な、シリアスで哀愁の漂う切ないナンバーで、いまも忘れられない恋、行き場なく心の中をめぐり続ける想いを綴った、胸をしめつける一曲だ。

また、通常盤にはこの2曲に加え、4thシングル「もう一度だけ」のカップリング曲「この曲のせい」をパフォーマーを含めた5人で歌唱した“5Voice & Acoustic ver.”を追加収録。

大切な人とのかけがえのない時間を歌うやさしい歌詞と、アコースティックギターの音色が相まって、今回のシングルの雰囲気にぴったりな温かな曲に仕上がった。

また、特典映像として初回限定盤Aには「雲を抜けた青空」のミュージックビデオとそのメイキング、初回限定盤Bには最新アルバム『BET』にちなんで敢行した『もうひとつのBETツアー in 韓国』の撮り下ろし映像が約70分にわたって収録される。

なお、今回の新曲「雲を抜けた青空」は、歌詞に込めたメッセージを届けたいという思いから、9月24日・25日に行われた千葉・幕張メッセイベントホール公演にて歌詞の一部が何の説明もない謎の文字列と共に無題の文章として来場者全員に配布された。

ライブ終了後には、SNS上で「これは新曲?」「フライヤーに入っていたこれは何? 神曲くる?」「謎の紙に書いてある詞、泣ける」と話題になった。

「雲を抜けた青空」の歌詞は、歌詞検索サイトの歌ネットで先行公開中。ぜひチェックしてみよう。

【Da-iCE メンバーコメント】 
工藤大輝 :メンバー作詞の楽曲が表題曲になるのは初めてで、うれしい反面プレッシャーもありますが、絶妙なバランスで書けたんじゃないかと思っています。今までバラードといえば別れの曲が多かった僕たちにとって新しい風を吹かせてくれる、そんな一曲が完成しました。

岩岡 徹 :5周年イヤー第3弾シングルはやさしく温かい楽曲となっています。この曲を聴き、大切な人たちを改めて大切にしてもらえたら……と思います。

大野雄大:今回は初めてシングルの作詞に携わらせていただいたので、思い入れがより強い楽曲になっています。今までとは違うハッピーで温かいバラードになっているので、結婚式や大切な人に贈る楽曲になってくれたら、僕たちも幸せです。

花村想太 :「どんなに辛いことがあっても、どんなに空が雨でも、雲を抜ければそこには青空が待っている」。そんな想いを込めました。この曲を聴いて「いつかの青空のために、今を精一杯頑張ろう!」と皆さんに思ってもらえたら。そして、この曲がたくさんの方まで届きますように。

和田 颯 :これまでのDa-iCEのシングルにはなかったような、とても温かみのある楽曲です。シングルでは初めてメンバーが作詞をしたこともあり、とても強い思い入れのある楽曲になっています。皆さんにもたくさん愛していただけたらうれしいです。

リリース情報

2018.11.21 ON SALE
SINGLE「雲を抜けた青空」

[初回限定盤A/CD+DVD]


[初回限定盤B/CD+DVD]

[通常盤/CD Only]



「雲を抜けた青空」の歌詞はこちら
https://www.uta-net.com/song/256913/
Da-iCE オフィシャルサイト
http://da-ice.jp/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC