中川大志、「猫かぶらないと…!」。映画『覚悟はいいかそこの女子。』の初日舞台挨拶で緊張(?)

中川大志、「猫かぶらないと…!」。映画『覚悟はいいかそこの女子。』の初日舞台挨拶で緊張(?)

本日10月12日(金)に公開された映画『覚悟はいいかそこの女子。』の初日舞台挨拶が新宿バルト9で行われ、中川大志、唐田えりか、伊藤健太郎、甲斐翔真、若林時英、小池徹平、井口 昇監督が登壇した。

初日を迎えた感想を聞かれると、中川は「ドラマの放送から、今日まで長かったような、ようやく公開という感じです。初日は本当にドキドキするもので、こうやって皆さんの映画を観終った顔を見れてうれしいです。あ、中川大志です。宜しくお願いします(笑)」と少し緊張気味に挨拶をした。続いて、唐田は「初日を迎えることができて、みんなとここで立てることが出来てとても嬉しいです」と嬉しそうに話した。

本作を観終ったあとの舞台挨拶ということで、“今だから言えるエピソード”を披露。甲斐は「ファミレスのシーンは学生に戻ったようで楽しかった」と振り返ると、伊藤は「アドリブが多かったよね。僕、結構いろいろやったんですけど、見事にカットされてました(笑)」と明かした。

また、小池は「僕は、初日が、学校の校門でのシーンだったんですけど、その日がちょうど誕生日だったんです。ケーキ持ってきてくれて写真撮りましょうって、みんながいい笑顔で言っくれたんですけど、僕、初日なもんで全然馴染んでなくて、どういう距離感で祝ってもらえばいいのかなっていう戸惑いがありましたね。でも、すごくみんながよくしてれて、とても楽しい現場でした。」と振り返った。すると、中川は「ほんっとに、みんなに気を使わせることもなく、優しくて、盛り上げてくださって。とにかくスマートで、見習いたいなぁって思いましたね。」と語った。

ここでMCから、本作の主人公・斗和が“ヘタレ男子”ということにちなみ、この中で一番ヘタレ男子は誰?という質問が。しかし、キャスト全員が「いないよね…」という雰囲気に。中川は「実際、ヘタレな人ってあんまりいなくないですか…?」と切り出すと、井口監督が「中川さんは意外と怖がりだよね?」と暴露。中川は「今は、大丈夫になったんですよ!」と反撃すると、甲斐は「さっき、最初の挨拶緊張してたよね? 中川大志君ともなると緊張とかしないものかと思ってたけど」と攻めの姿勢。中川は「緊張するよ。毎回、緊張しますから。マスコミの方もいますから、猫かぶらないと…(笑)。」とコメントして、会場の笑いを誘った。

なお、エンタメステーションでは、中川大志×唐田えりかのインタビューが掲載中。それぞれのサイン入りチェキのプレゼントもあるので、こちらもぜひチェックしてほしい。

中川大志、唐田えりかが明かした“ちょっと誤解を生むエピソード”に大慌て! 映画『覚悟はいいかそこの女子。』撮影中に目撃した意外な一面

中川大志、唐田えりかが明かした“ちょっと誤解を生むエピソード”に大慌て! 映画『覚悟はいいかそこの女子。』撮影中に目撃した意外な一面

2018.10.11

【STORY】
幼い頃から女子に囲まれてきた超絶イケメンの“愛され男子”古谷斗和(ふるや とわ)。女性からチヤホヤされ、自分はモテると思い込んでいる斗和だが、実は付き合った経験ゼロ、自覚ナシの非リア充男子だった!
ある日、同級生から「お前は観賞用男子だ!」と指摘された斗和は、その汚名を払拭すべく学年一の美少女・三輪美苑
(みわ みその)に告白するも、「安っぽい告白」と一瞬でフラれる始末。その後、躍起になって何度もアプローチをするが、撃沈の連続で……。「俺はヘタレだ!」と自覚し、人生で初めて本気で恋した相手に認めてもらうべく、見た目はイケメン、中身はヘタレな男子が、本気で大奮闘! 見事ヘタレを克服し、初彼女をゲットできるのか!?

作品情報

『覚悟はいいかそこの女子。』
10月12日(金)全国公開
出演:中川大志、唐田えりか、伊藤健太郎、甲斐翔真、若林時英/荒川良々、小池徹平 他
原作:椎葉ナナ『覚悟はいいかそこの女子。』(集英社マーガレットコミックス刊)
監督:井口 昇(『ブルーハーツが聴こえる』、『ライヴ』、『ロボゲイシャ』他多数)
脚本:李 正姫 (「ホテルコンシェルジュ」、「真夜中のパン屋さん」他多数)
企画・プロデュース:木村元子(『きょうのキラ君』、『L♥DKひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』)
主題歌:ナオト・インティライミ「ハイビスカス」(ユニバーサル シグマ)

©椎葉ナナ/集英社 ©2018映画「覚悟はいいかそこの女子。」製作委員会

オフィシャルサイト
http://www.kakugo-joshi-movie.jp/

『覚悟はいいかそこの女子。』原作コミック