千葉雄大、カラオケで阿部サダヲと吉岡里帆が歌う映画『音タコ』主題歌「体の芯からまだ燃えているんだ」に挑戦!「音痴になっちゃった」

千葉雄大、カラオケで阿部サダヲと吉岡里帆が歌う映画『音タコ』主題歌「体の芯からまだ燃えているんだ」に挑戦!「音痴になっちゃった」

10月12日に公開された映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』の公開記念舞台挨拶が本日10月13日(土)TOHOシネマズ新宿で行われ、阿部サダヲ、吉岡里帆、千葉雄大、ふせえり、田中哲司、三木 聡監督が登壇した。

シンから言われた言葉でうしろ向きだったふうかの運命が大きく変わっていく成長物語が描かれている本作。イベントでは、そんな物語にちなみ、“自分を変えた一言”をそれぞれ披露した。阿部は、中学の時に友人のお母さんから「阿部君は、30歳くらいになったら売れるよ」って言われたことを告白。プロ野球選手を目指しており、俳優になるとは思ってもいなかった時に言われたこの一言が、「普通に就職してた時もあるので、どこかで引っかかって、押されたのかもしれませんね。今、主役とかやらせていただいているんですもんね、びっくりです」と、まさしく自身の運命を変えたエピソードを語った。

また、千葉は「役じゃない時は、ほんと色気ないよね~。って同業の役者さんから言われた」と明かし、「逆を返せば、役の時は多少でも色気が出てるんだって、勝手に自信を持ったんですけど、今回、田中さんとご一緒したシーンでは多少(色気が)出てるかなって思ってますので、観てほしいです」とコメント。ふせも、「そこは見どころ。私も、グッときた」と答えていた。そんな、ふせは「まぁ、いいや。いいし」という劇中のセリフを回答。「劇中でよく出てくるんですけど、諦めではないんです。“いいし。”って自分でピリオドをうつ人生に、これから向かっていったらなぁって思います。」と話すと、吉岡も「いい!」と同感していた。

続いて、“ハイテンション・ロックコメディ”にちなんで、最近テンションが上がったエピソードを披露。「シンとふうかの歌がすごくかっこよくて、僕も移動中に聞いてる」と最初の挨拶で話していた千葉が、カラオケに行った際に本作の主題歌の一つ「体の芯からまだ燃えているんだを歌った時です。だけど、キーを下げたら音痴になっちゃって(笑)。元のキーで歌ったんですけど、高くて、改めて吉岡さん、すごいなぁって思いました。」と回答。隣で聞いていた阿部が「俺のパートは、ね、俺のパート」とツッコむと、千葉は「阿部さん、もちろんです。阿部さんが一番大好きです」と公私ともに仲の良いという二人の姿が垣間見ることができた。

また、吉岡はフルーツポンチの村上のインスタグラムで自撮りして“密着”されているような動画シリーズを見るのが好きというのを明かし、「昨日、村上さんが『音タコ』の初日で観てくださったみたいで、その“密着”で、今から『音タコ』観ま~すっていう感じであげてくださっていたのが、めっちゃくちゃテンション上がりました」と明かすと、「はんにゃの金田さんも面白いって言ってくださってた」(阿部)、「さっき、吉岡さんからホンジャマカの石塚さんも面白かったって言ってたって」(三木監督)と続き、反響が良いことに、全員が嬉しそうな顔をした。

そして、田中は「僕はあかちゃんが大きなゲップをした時」とコメント。先ほどの“自分を変えた一言”の際に「オムツ替えををしていて、あかちゃんがうんちをしているところを見ると自分を頼ってくれてるんだ」というエピソードを披露していた田中に、阿部は「うんちの次はゲップですか?」とツッコミ、会場は笑いに包まれた。

ここで、『音タコ』特製くす玉が登場! 「テンションを上げろ!!」と書かれた文字はなんと吉岡と阿部が描いたという。しかし、阿部は「!!しか書いてない。」と笑った。

最後に「今、原作とか多いなかで完全オリジナル脚本でやらせていただいてます。最初何これ?って思うかもしれないんですけど、こういう展開になるんだっておもっていただけると思います。ふざけてはいるんですけど、真面目にやっています。ほとんどアドリブもなく、リハもちゃんとやって、ほんとに真面目にやっているので、そういうところも観てほしいです。」(阿部)、「劇中でギターと歌に挑戦しているんですが、半年前くらいから準備して、こんなに長く時間をかけて撮った映画はないので、本当に思入れがとても、とても強い作品となっています。」(吉岡)、「観て、どんなふうに感じてくれるかというのが、映画を作ったスタッフ・キャストの意味の一つでもあるので、自由にいろんなことを感じてほしいです。さらに、気に入っていただけたら、二度三度観て頂けたら嬉しいです。宜しくお願いします」(三木監督)とアピールして、イベントは幕を閉じた。

なお、エンタメステーションではシンの担当A&R・坂口役として本作に出演している、千葉雄大へのインタビューが掲載中。サイン入りチェキのプレゼントもあるので、こちらもぜひチェックしてほしい。

「“型”にはめられたら、つまらなくなる」。千葉雄大が映画『音量を上げろタコ!』で“イメージ”をぶち壊す!

「“型”にはめられたら、つまらなくなる」。千葉雄大が映画『音量を上げろタコ!』で“イメージ”をぶち壊す!

2018.10.09

【STORY】
何かと息がつまる現代社会に“歌”と“LOVE”で猛烈なエネルギーを注入するハイテンション・ロック・コメディ!
驚異の歌声を持つロックスター・シン(阿部サダヲ)。その存在自体がロックであり、カリスマ的人気を誇っているが、実は彼には秘密があった。彼の歌声は「声帯ドーピング」というオキテ破りの方法によって作られたものだったのだ。 長年にわたる声帯ドーピングの副作用で、限界が近づく喉に焦りと恐怖を抱える彼が出会ったのは、異様に声の小さなストリートミュージシャン・ふうか(吉岡里帆)だった。2つの歌声が出会ったとき、ぶっちぎりのミラクルが起きる!?

作品情報

『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』
10月12日(金)ロードショー

出演:阿部サダヲ、吉岡里帆、千葉雄大、麻生久美子、小峠英二(バイきんぐ)、片山友希、中村優子、池津祥子、森下能幸、岩松 了、ふせえり、田中哲司、松尾スズキ
監督・脚本:三木 聡(『俺俺』、「時効警察」シリーズ)
製作:映画「音量を上げろタコ!」製作委員会
制作プロダクション:パイプライン
配給・制作:アスミック・エース
ⓒ2018「音量を上げろタコ!」製作委員会

オフィシャルサイト
http://onryoagero-tako.com/