阪本奨悟「大人の魅力を磨いていきたい」、写真集『ただいま。』イベントに登場!

阪本奨悟「大人の魅力を磨いていきたい」、写真集『ただいま。』イベントに登場!

シンガーソングライターとして、「奨悟ワールド」を着実に広げ、2018年には俳優としてミュージカル『刀剣乱舞 ~結びの響き、始まりの音~』に出演するなど、大注目アーティストの阪本奨悟が写真集『ただいま。』を発売し、10月14日、福家書店新宿サブナード店にて、出版記念イベントを行った。

阪本奨悟写真集『ただいま。』インタビュー

阪本奨悟、「ただの25歳の男のつもりでリラックスして」最新写真集は、音楽、舞台の二刀流から広がった圧倒的表現力の結晶

阪本奨悟、「ただの25歳の男のつもりでリラックスして」最新写真集は、音楽、舞台の二刀流から広がった圧倒的表現力の結晶

2018.10.09

本作は、25歳の阪本を余すことなく閉じ込めた1冊。「ふたり旅」を思わせるシーンでは、旅先でのピュアな笑顔やスイートな表情がバリエーション豊かに展開されている。色香漂うカット、温泉でリラックスしている笑顔など多数掲載されているほか、レコーディングにも密着し、アーティストとして作品を生み出す瞬間の貴重なカットも収められている1冊だ。

そんな写真集の撮影は5月後半に函館と渋谷で撮影されたようだ。冒頭に「今年はじめてファーストアルバム『FLUFFY HOPE』を発売させていただいたんですが、アーティスト活動の一面も撮影していただいて、実際のレコーディングスタジオで撮影しました」と話すように作品の制作現場で撮影された貴重なカットも収録されている。

阪本奨悟写真集「ただいま。」より © JUN IMAJO/KODANSHA

タイトルに関しては「もともと12歳ごろから役者の活動をさせていただいてましたが、一度音楽だけに集中したいということで、地元の兵庫県に戻り、ソロ活動だけに集中させてもらいました。そこで再び音楽と向き合ったことで、“役者もやりたい”という思いも芽生えて、今年あらためてミュージカルのステージに立つことができました。そういった意味も込めまして、役者としてもただいまというメッセージを込めました」とタイトルについて説明してくれた。

函館の思い出を訊かれると「ウニが美味しかった。ウニは毎日2食くらいは食べてたのは覚えてます。あと八幡坂というところへ行ったんですが、眺望がすごくキレイで、函館ならではの港もあって、天気も良くて、きれいな道が並んでいて、あそこで撮れていい写真が収められたなと思います」と作品への自信をのぞかせていた。

阪本奨悟写真集「ただいま。」より © JUN IMAJO/KODANSHA

役者として舞台に帰ってきた阪本も、心境の変化もあるようだ。「以前ミュージカルの舞台に立っていたのが14、15歳とかだったんですけど、当時と比べると、一旦地元に帰って、バイトとか…今まで自分が経験できなったことがありました。音楽と向き合い、一からはじめたことで、後悔とか悔しさとかも感じてきたので、この写真集にも(さまざまな心情が現れている)表情になっている実感があります」と話していた。本作には、確実にこの表舞台での覚悟が宿っていると感じる写真が多い。これまでを振り返り、さまざまな思いを話しているロングインタビューも掲載されているので、そのパートにも注目だ。

お気に入りについては「光がすごくキレイだなと思いました。カメラマンの今城さんに撮影していただいたんですが、どの写真も光の映り方がキレイで。函館の街がよりキレイに写り、僕自身もすごくモチベーションがあがっていました。次はどんな色彩になっていくんだろうっていうふうに、1枚1枚写真で今城さんと会話をしていたような気分でした。特にこのカットには、海と空と済んだ空気みたいなものも写真に収められていると思います」とお気に入りの理由を話してくれた。

お気に入り写真を披露

また本作には、温泉でのカットなど大人になった阪本の姿も。「10代ではなかなか入浴シーンとか肌を露出しなかったんですが、そういったことにもチャレンジさせていただきました。まだまだ自分では大人の魅力は少ないと思っていますが、25歳ということでもっともっと大人の魅力を磨いていきたいなと思います」と抱負を語ってくれた。

今後もやってみたいことについては「新しいことにもチャレンジさせていただいていますが、アーティストとしては東名阪を周らせてもらいましたが、(他の地域での開催など)ライブの規模を広げていきたいです。役者ではどんどんいろんな舞台を踏んでいければなと思います。あと日曜劇場が好きなんで、ああいったヒューマンドラマにすごく憧れてます」と夢プランも披露してくれた。

阪本奨悟写真集「ただいま。」より © JUN IMAJO/KODANSHA

最後に「改めて役者として今年ミュージカルの舞台にも戻ってくることができました。そういった紆余曲折を含めてできた写真集だと思いますし、新たな阪本奨悟、今の、25歳の全てがつまっていると思いますので、しっかり見ていただきたいと思っています」とアピールし、会見は終了した。

この写真集の発売を危険して、11月からは、福井、東京、大阪で史上初となる「マフラー巻き会」を実施するようだ。
そんな新たなことにもチャレンジし、いま「ネクストブレイク」の筆頭株として、業界内でもアツい視線を集めている阪本が、満を持して制作した写真集『ただいま。』は講談社より発売中。
25歳のありのままの阪本を受け取ってほしい。今後も更なる飛躍に期待したい。

阪本奨悟写真集『ただいま。』

発売日:2018年10月10日
撮影:今城純
価格:¥2,700+税
仕様:B5サイズ/144ページ予定
ISBN:9784065134405
出版社:講談社

©JUN IMAJO/KODANSHA

写真集「ただいま。」発売記念イベント決定!

史上初!「マフラー巻き会」

11月24日 福井
11月29日 東京
12月13日 大阪
詳細は、写真集『ただいま。』公式Instagramでお知らせします。

写真集「ただいま。」公式インスタグラム
@shogo_sakamoto_official

阪本奨悟(さかもと・しょうご)

1993年6月13日生まれ・兵庫県出身
シンガーソングライター・俳優。過去にミュージカル「テニスの王子様」、NHK 大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国時代~」などに出演。将来が期待されるなか、音楽への強い思いから、東京を離れ地元・兵庫で単身音楽活動を開始。2 年間の自主活動を経て、2014 年シンガーソングライターとして東京での活動を再開した。2017 年5 月31 日両A 面シングル「鼻声/しょっぱい涙」でメジャーデビュー。また俳優としては2018 年春、人気ミュージカル「『刀剣乱舞』~結びの響、始まりの音~」へ出演するなど、いま最も注目の存在として話題を集めている。

オフィシャルサイト

画像ギャラリー