ジョルジオ アルマーニ、映画『人魚の眠る家』西島秀俊の衣装を全面協力!

ジョルジオ アルマーニ、映画『人魚の眠る家』西島秀俊の衣装を全面協力!

11月16日(金)全国公開となる映画『人魚の眠る家』。本作は、稀代のベストセラー作家・東野圭吾の作家デビュー30周年を記念して書かれた同名小説を『明日の記憶』『TRICK』『天空の蜂』の堤 幸彦監督が実写映画化したもの。娘がプールで溺れて意識不明に陥り、過酷な状況に見舞われた離婚寸前の夫婦・薫子(篠原涼子)と和昌(西島秀俊)が下した決断が、やがて家族(田中 泯、松坂慶子)や技術研究者(坂口健太郎)とその恋人(川栄李奈)らを巻き込み、彼らの運命を狂わせていくヒューマンミステリー。

世界に前例のない技術で娘を回復させようとする一方、多くの苦悩を抱えるIT機器メーカー社長・播磨和昌を演じる西島は、2017年にジョルジオ アルマーニの最高峰ライン「メイド トゥ メジャー」の広告モデルに日本人で初めて起用され、2018年も引き続き広告モデルを努めている。劇中、会社や自宅でのシーンをはじめ、全編においてスーツを中心とした役柄にふさわしいジョルジオ アルマーニの衣装を着用。彼のワードローブとして、2ボタンのダークネイビーノッチドラペル3Pスーツ、ブラックのチェスターコート、タイ、シャツなど、映画全編をカバーするバリエーションが選ばれた。

また、今回篠原と映画で初共演になる西島は、「(篠原さんは)演技とは思えない、魂の底から生まれてくるような演技をされていて毎シーン、一緒に演じていて圧倒されました。大変な撮影だったのですが、監督はベストのタイミングで撮ってくださるし、疲弊することなく感情的なシーンを演じることができてすごく心強い現場でした。」とインタビューで答えている。

【STORY】
二人の子を持つ播磨薫子(篠原)とIT機器メーカーを経営する夫・和昌(西島)。娘の小学校受験が終わったら、離婚すると約束した夫婦のもとに、突然の悲報が届く。娘の瑞穂がプールで溺れ、意識不明になったというのだ。回復の見込みがないわが子を生かし続けるか、死を受け入れるか。究極の選択を迫られた夫婦は、和昌の会社の最先端技術を駆使して前例のない延命治療を開始する。治療の結果、娘はただ眠っているかのように美しい姿を取り戻していくが、その姿は薫子の狂気を呼び覚まし、次第に薫子の行動はエスカレートしていく。それは果たして愛なのか、それともただの欲望なのか。過酷な運命を背負うことになった彼らの先には、衝撃の結末が待ち受けていた――。

イベント情報

「第31回東京国際映画祭」
開催期間:10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場:六本木ヒルズ、EXシアター(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区)ほか

オフィシャルサイトwww.tiff-jp.net

作品情報

『人魚の眠る家』
11月16日(金)全国公開


監督:堤 幸彦
脚本:篠﨑絵里子
原作:東野圭吾「人魚の眠る家」(幻冬舎刊)
出演:篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、山口紗弥加、田中哲司、田中 泯、松坂慶子
配給:松竹

オフィシャルサイト
http://ningyo-movie.jp/