皇太子ご一家が映画『旅猫リポート』特別試写会にご臨席! イベント後の福士蒼汰へのオフィシャルインタビューが到着

皇太子ご一家が映画『旅猫リポート』特別試写会にご臨席! イベント後の福士蒼汰へのオフィシャルインタビューが到着

10月26日(金)より全国公開される、映画『旅猫リポート』の特別試写会が、10月15日に丸の内ピカデリーで開催。皇太子殿下、皇太子妃殿下、内親王殿下が臨席され、本作を鑑賞した。

本作は、『図書館戦争』『植物図鑑』で知られる有川 浩作品の中でも1、2を争うほど評価が高い同名小説を実写映画化したもの。有川自身も、過去のインタビューで「一生に一本しか書けない物語」と表現するほど思い入れの強い作品で本作では自ら脚本開発にも参加している。主人公の悟役には、映画界の若手俳優を代表する人気と実力を併せ持つ福士蒼汰。また、ナナ(猫)の心の声に高畑充希、悟の高校時代の同級生に広瀬アリス、大野拓朗、悟の幼少期からの旧友には山本、悟の叔母に竹内結子といった人気・実力を兼ね揃えた俳優陣が集結する。

なお、特別試写会には福士と主役猫のナナ、三木康一郎(監督)も出席し、皇太子ご一家をお出迎え。イベント後には福士へのオフィシャルインタビューが実施された。

【福士蒼汰 オフィシャルインタビュー】
Q.本日、皇太子殿下、皇太子妃殿下、内親王殿下に映画「旅猫リポート」をご高覧いただきましたが、お出迎えをして、映画を一緒にご覧になりました。まずは今日の感想をお聞かせください。
A.このような機会はなかなか無いので、少し緊張しましたが、一緒に映画を鑑賞することができてとても光栄です。

Q.ご着席された後、お話しをされていたようでしたが、その時はどのようなお話をされたのですか?
A.愛子様より、「ご自分がご出演されている映画を観るのはどんな気分ですか?」と聞かれました。そのご質問に対して「不思議な気持ちです。この映画は、自分が出演している映画ですが、客観的に感情移入して観ることができたのは初めてなので、とても不思議な気分でした。」と答えました。

Q.上映中の三殿下のご様子はいかがでしたか?
A.愛子様はナナや他の動物が登場するシーンでは笑顔になられているような場面が伺えました。皇太子妃殿下からは時折、笑い声も聞こえましたし、映画の終盤では、涙をこらえているようなご様子も伺えました。

Q.ご懇談の時にはどのようなことをお話しされたのですか?
A.まず、映画ご鑑賞いただいてすぐ、愛子様より「感動しました。」と仰っていただきました。そして、皆さんからは、ナナの猫の種類の話であったり、映画はどんな雰囲気の中で撮影したのか、などナナの話を中心にたくさんのご質問をいただきました。動物トレーナーの北村さんと僕で、皆さんのご質問に答えました。撮影の初めの頃は上手くいかないこともあり苦労したこと、それでもナナとの仲を深めていくうちに撮影を楽しめた思い出などを話しました。

 

【STORY】
元野良猫のナナは、交通事故にあったところを心優しい猫好きの青年・悟に助けられ、5年間、飼い猫として幸せに暮らしてきた。とある事情でナナを手放さなくてはならなくなった悟は、新しい飼い主を探す旅に出る。
「さあ行こう。これは僕らの最後の旅だ」
悟とナナは、悟の小学校時代の親友、高校時代の初恋の人など悟がこれまでの人生で出会った大切な人たちを、順に訪ねていく。それは図らずも悟の人生をふりかえる旅となる。強い絆で結ばれた一人と一匹のおかしく、切なく、あたたかい物語。
旅の終わりに明かされる、悟の「秘密」とは――

作品情報

『旅猫リポート』
10月26日(金)全国公開
原作:有川浩 『旅猫リポート』(講談社文庫)
出演:福士蒼汰、高畑充希(声の出演)広瀬アリス 大野拓朗 山本涼介 前野朋哉 田口翔大 二宮慶多 中村靖日/戸田菜穂
   橋本じゅん 木村多江 田中壮太郎 笛木優子 竹内結子
監督:三木康一郎
脚本:有川浩、平松恵美子
音楽:コトリンゴ
企画・配給:松竹
©2018「旅猫リポート」製作委員会 ©有川浩/講談社

『旅猫リポート』オフィシャルサイト
http://tabineko-movie.jp/

『旅猫リポート』原作