超ロング3ポイントにスーパーアリウープ! Bリーグで「タフショット」が止まらない

超ロング3ポイントにスーパーアリウープ!  Bリーグで「タフショット」が止まらない

早くも5試合が終了したBリーグのトップディビジョン「B1」。

開幕5連勝を飾ったのは、B1初代王者で田臥勇太を擁する栃木ブレックス。全勝対決となった富山グラウジーズとの第2節で連勝すると、10月17日にはアウェイで迎えた新旧王者対決、アルバルク東京との一戦も79-74で制した。序盤戦の主役は彼らとなりそうだ。

そんなBリーグでは、今シーズンも「BEST of TOUGH SHOT Weekly TOP5 presented by G-SHOCK」と題して各節のスーパープレー5選が紹介されている。

提供としてG-SHOCKの名が付いているのは、カシオ(CASIO)がBリーグのオフィシャルタイムキーパーとなっているため。相手をこじ開けるような力強いショット(タフショット)のイメージはG-SHOCKにピッタリである。

第2節のベストタフショットはこちら!

2位は栃木の鵤誠司が決めた超ロング3ポイントショット。そして1位は、滋賀レイクスターズが川崎ブレイブサンダースの連勝を止めた一戦から、ガニ・ラワルの豪快すぎるダンクだ。伊藤大司の絶妙パスを、まさにスーパーアリウープ。気持ちいい!

伊藤のパスはベストアシスト集にも登場している。こちらも鮮やかなプレーばかりだ。

このように、毎試合白熱のプレーが繰り返されているB1。次の第4節は20日(土)と21日(日)に各地で開催される。


Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by QOLY