今年もっとも注目すべき新人女優・木竜麻生、映画『鈴木家の嘘』から貴重な新体操シーン解禁!

今年もっとも注目すべき新人女優・木竜麻生、映画『鈴木家の嘘』から貴重な新体操シーン解禁!

11月16日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国公開される映画『鈴木家の嘘』の貴重なシーンが初解禁された。

『滝を見にいく』(沖田修一監督)、『恋人たち』(橋口亮輔監督)、『ピンカートンに会いにいく』(坂下雄一郎監督)などを生み出した松竹ブロードキャスティングのオリジナル映画プロジェクト第6弾となる本作は、突然訪れた長男の死によって巻き起こる家族の混乱と再生を、ユーモアをまじえつつあたたかく描いた感動作。橋口亮輔監督(『恋人たち』)、石井裕也監督(『舟を編む』)、大森立嗣監督(『セトウツミ』)ら、数多くの作品で助監督を務めてきた野尻克己の劇場映画初監督デビュー作でとなる。

この度解禁された映像は、木竜麻生演じる富美が新体操を練習しているシーン。兄を失い、ショックで倒れた母がまだ意識を取り戻していない中、練習に励む富美。華麗に演技をこなしていくが、どこか心ここにあらずといった表情で、様々な感情が渦巻くなか思い切った演技が出来ない様子からは、富美の感情を表に出さず抑え込んでしまう性格が表れている。

本作のヒロインを務める木竜は、ワークショップを経て400名の応募者のなかから選ばれた。ワークショップで野尻監督から「なにか自分を表現できるものを見せてほしい」と言われた木竜は、小学校から中学生まで続けていた新体操をチョイス。リボンの演技を披露し野尻監督は、それまで大学の陸上部員という設定だった富美を、新体操部員に設定し、脚本を書き直したという。

さらには、オリンピックを目指す選手たちが揃うほど国内屈指の名門校として知られる国士舘大学に協力を依頼し、木竜は映画の撮影開始まで4ヶ月にわたって同大学の山本里佳監督の特訓を受けた。新体操日本代表コーチを務めたこともある山本監督は、木竜を指導したことについて「一流選手だけが持ち合わせる素直さと、飲み込みの速さ、努力の姿勢」があったと述べ、「木竜さんという最高の選手に出会えたことを新体操の神様に感謝しています」と、彼女の努力を絶賛している。

【STORY】
あまりにも突然に訪れた長男・浩一の死。ショックのあまり記憶を失った母のため、遺された父と長女は一世一代の嘘をつく。ひきこもりだった浩一は、扉を開けて家を離れ、世界に飛び出したのだと―。母の笑顔を守るべく奮闘する父と娘の姿をユーモラスに描きつつ、悲しみと悔しみを抱えながら再生しようともがく家族の姿を丁寧に紡ぐ感動作。

作品情報

映画『鈴木家の嘘』
11月16日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー


監督・脚本:野尻克己
出演:岸部一徳 原 日出子 木竜麻生 加瀬 亮 岸本加世子 大森南朋
音楽・主題歌:明星/Akeboshi「点と線」(RoofTop Owl) 
製作:松竹ブロードキャスティング
制作プロダクション:ハーベストフィルム
配給:松竹ブロードキャスティング/ビターズ・エンド
©松竹ブロードキャスティング

オフィシャルサイト
www.suzukikenouso.com