阿部サダヲ、吉岡里帆、バイきんぐ・小峠が熱唱! 映画『音タコ』本編歌唱シーンが一挙解禁

阿部サダヲ、吉岡里帆、バイきんぐ・小峠が熱唱! 映画『音タコ』本編歌唱シーンが一挙解禁

現在公開中の映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』で、阿部サダヲ、吉岡里帆、小峠英二(バイきんぐ)が挿入歌を熱唱する歌唱シーン映像が解禁された。

本作は、“声帯ドーピング”による“驚異の歌声”をもつ世界的ロックスター・シンと声が小さすぎるストリートミュージシャン・ふうかが、“声帯ドーピング”のやりすぎで崩壊寸前となった、シンの最後の歌声をめぐって、2人が謎の組織から追われる様をハイテンションで描くロック・コメディ。阿部演じる、4オクターブの音域とすべての人を虜にする声量をもつ一方、“声帯ドーピング”というオキテ破りな秘密を抱えるロックスター・シンと、吉岡演じる、異様に声が小さく何事にも逃げ腰なストリートミュージシャン・ふうか、という正反対のふたりが、いつしか唯一無二のバディとなっていく様も見どころだ。

楽曲面は、W主題歌の「人類滅亡の歓び」(作曲:HYDE、作詞:いしわたり淳治)、「体の芯からまだ燃えているんだ」(作詞・作曲:あいみょん)のMVが公開され、その完成度の高さと参加ミュージシャンが話題となっているが、実は挿入曲もバラエティ豊か!

Twitterでは、「面白かったし挿入歌も良かった」「あいみょんにHYDEにえっちゃんにネバヤン!」「橋本絵莉子と吉岡里帆のタッグ最強じゃない?」「「Ave Maria」もちゃんとサダヲちゃん歌ってんでしょ? 声に説得力ありすぎでスゲー」と魅了される人が続出。

公開された映像では、吉祥寺駅前の路上で「聞いてください」というふうか(吉岡)の呼び声で始まる、安部勇磨が作詞作曲、彼の所属するnever young beachがアレンジ・演奏を務めた「夏風邪が治らなくて」、自滅(小峠)が歌う、パンクロック「遊ぶ金欲しさの犯行」(作詞:三木聡・富澤タク、作曲・編曲:富澤タク)、チャットモンチー(現在は完結)のメンバー・橋本絵莉子が作詞・作曲した「ゆめのな」を吉岡が歌い上げるシーンが収められている。さらに、阿部が“自分の声だと信じてもらえない”と語る、「Ave Maria」は、絶叫爆音でのシャウトが印象的な阿部演じるロックスター・シンの姿が! 阿部の歌声の自在さをまざまざと見せつけられるシーンでもある。

なお、エンタメステーションではシンの担当A&R・坂口役として本作に出演している、千葉雄大へのインタビューが掲載中。こちらもぜひチェックしてほしい。

「“型”にはめられたら、つまらなくなる」。千葉雄大が映画『音量を上げろタコ!』で“イメージ”をぶち壊す!

「“型”にはめられたら、つまらなくなる」。千葉雄大が映画『音量を上げろタコ!』で“イメージ”をぶち壊す!

2018.10.09

【STORY】
何かと息がつまる現代社会に“歌”と“LOVE”で猛烈なエネルギーを注入するハイテンション・ロック・コメディ!
驚異の歌声を持つロックスター・シン(阿部サダヲ)。その存在自体がロックであり、カリスマ的人気を誇っているが、実は彼には秘密があった。彼の歌声は「声帯ドーピング」というオキテ破りの方法によって作られたものだったのだ。 長年にわたる声帯ドーピングの副作用で、限界が近づく喉に焦りと恐怖を抱える彼が出会ったのは、異様に声の小さなストリートミュージシャン・ふうか(吉岡里帆)だった。2つの歌声が出会ったとき、ぶっちぎりのミラクルが起きる!?

作品情報

『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』
全国公開中

出演:阿部サダヲ、吉岡里帆、千葉雄大、麻生久美子、小峠英二(バイきんぐ)、片山友希、中村優子、池津祥子、森下能幸、岩松 了、ふせえり、田中哲司、松尾スズキ
監督・脚本:三木 聡(『俺俺』、「時効警察」シリーズ)
製作:映画「音量を上げろタコ!」製作委員会
制作プロダクション:パイプライン
配給・制作:アスミック・エース
ⓒ2018「音量を上げろタコ!」製作委員会

オフィシャルサイト
http://onryoagero-tako.com/