マギー「これこそ“ありのままの私”の写真です」。デビュー10周年記念 3rd写真集『new Moon』発売記念イベント開催

マギー「これこそ“ありのままの私”の写真です」。デビュー10周年記念 3rd写真集『new Moon』発売記念イベント開催

本日10月20日(土)、HMV&BOOKS SHIBUYAにて、デビュー10周年を迎えたモデル・マギーの3rd写真集『new Moon』発売記念イベントが開催された。

イベントではマギー本人が、本日発売となった自身の写真集の魅力などを紹介。今回の写真集のタイトルについては、「“ありのままの自分”ということで、プライベートな名前を付けようって」とタイトルに込めた想いを語り、親から呼ばれていた自身の愛称「Moon」と“新しい私”を見せるということで、『new Moon』と名付けたことを明かした。

また、写真集の中身については女性にも見たほしいということから、ファッショナブルなカットもあり、「がんばりすぎていない」と言及。「(男性と女性の)両方に見てほしいので、幼さもあれば、大人っぽさもあれば、セクシーさもあれば……というふり幅があるので、そこを見てもらえたらうれしいです」とアピールした。

撮影場所にスペインのバルセロナを選んだ理由については、「行ったことのない新しい場所で、新しい自分を出せたらなと思っていたんです。スペインはあったかい国だし、建築も素敵なので、スペインにしました」とのこと。撮影そのものは仲のいいスタッフたちと行ったため、とても楽しくできたらしく、「ご飯がとてもおいしくて(笑)」と撮影前にもたくさん食べてしまっていたことを笑顔で語った。

また、自身のお気に入りの写真についても2点選び、それぞれ撮影時のエピソードをトーク。1つ目に紹介した写真は、ロケハンで撮った、本来載せるはずではなかったものだったそうで、「あとから見てみたらほかでは見せていない表情をしていて、『意外といいじゃん!』ということで本誌でも使われることになった、思い出の1枚です」と述懐。時差ボケのなか、メイクもせずに撮った写真でもあるとのことで、「これこそ“ありのままの私”の写真です」と話した。

もう1枚は早朝のビーチで撮った写真。この写真は本来、夕日のなかで撮影するつもりだったそうだが、ビーチに人が多かったため急遽時間が変更になってしまったという。バルセロナの朝は寒かったようだで、「寝起きで何もせず、そのまま海に飛び込んだみたいな写真」と、撮影を頑張った1枚として紹介した。

そして、デビュー10周年を迎えて、今後どのような活動をしていきたいかを尋ねられると、「またここから再スタートというか、ここからはもっと自分がやりたい仕事とか、いろんなことにもっとチャレンジしていけたらいいなと思います」と回答。最後に、「やっと3年ぶりに写真集を出せました。3年前のときの私と、いまの26歳の私では表情から体のパーツまで全部が違うので、見比べて楽しんでもらってもいいし、26歳のマギーはこういう感じなんだというのを写真から感じてもらえたらうれしいです」とファンにメッセージを送った。

リリース情報

マギー3rd写真集
『new Moon』
発売中

価格:2,200円+税
撮影:土山大輔[TRON]
判型:B5判
ページ数:176P
宝島社