吉沢 亮、新木優子、Nissyがハロウィン衣装で“トリコダンス”! 映画『あのコの、トリコ。』大ヒット御礼舞台挨拶オフィシャルレポート

吉沢 亮、新木優子、Nissyがハロウィン衣装で“トリコダンス”! 映画『あのコの、トリコ。』大ヒット御礼舞台挨拶オフィシャルレポート

10月5日(金)より全国で公開されている、映画『あのコの、トリコ。』の大ヒット御礼舞台挨拶イベントが、10月23日(火)にTOHOシネマズ新宿で開催。吉沢 亮、新木優子、Nissy(西島隆弘)、宮脇 亮(監督)が登壇したイベントのオフィシャルレポートが到着した。

本作は『Sho-Comi』(小学館)にて連載され、既刊5巻のコミックスは累計部数100万部(電子ダウンロード含む)を突破する、白石ユキの人気漫画を原作とした作品。地味で平凡なメガネ男子の主人公・頼(吉沢)が、2人の幼なじみ・雫(新木)と昴(杉野遥亮)がモデルと俳優になっていることを知り、何かに突き動かされるように雫のいる高校に転入。大好きなあのコ・雫のためにかっこよく変わっていく様と、幼なじみ3人の三角関係が描かれ、芸能界を舞台にラブストーリーが展開していく。

 

『あのコの、トリコ。』大ヒット御礼舞台挨拶
オフィシャルレポート

大興奮・大熱狂の中、公開初日迎えた『あのコの、トリコ。』。あの日からはや18日……本日は大ヒット御礼の舞台挨拶を実施。劇場は満員御礼、会場の熱気も最高潮! そして司会の呼び込みで、Nissyが初の映画主題歌として作詞作曲を手がけた楽曲「トリコ」のリズムに合わせ、ハロウィンをイメージした装いで吉沢、新木、宮脇がステージ上手より登場。普段見せない彼らの姿に観客は早くもトリコに。吉沢は「公開して3週間近く経って、また皆さんの目の前で挨拶できるのは嬉しい。今日は最後まで宜しくお願いします」と挨拶。新木は「皆さんとお会いできて嬉しいです」と挨拶。その後、全国生中継されているカメラに近寄った吉沢は「こんにちはー?」、新木は「元気ですかー?」と可愛らしい声で全国の観客に呼びかける姿にキュン!

ハロウィンをイメージした衣装について聞かれた吉沢は「角生やしちゃいました(笑)」と切り出し、続けて新木は「リボンをつけて、黒でまとめてハロウィンっぽくしました」とファッションポイントを解説。北九州、神戸、大阪、北海道と全国を飛び回り、なんと延べ5,500キロ以上の移動をしてきた吉沢。そのかいあって、多くの人が来場していることについて聞かれた吉沢は「これだけ舞台挨拶出来た作品は初めてかもしれない。映画を楽しみにしている方の表情を直接見れることは嬉しい。地方によって観客の温度感が違って、楽しかったです」、続けて新木は「熱量も違えば、関西弁を話す機会もあり……」と切り出すと、サービス精神旺盛な吉沢は「今日の日をめっちゃ楽しみにしててん! 吉沢 亮やねん!」と言い放ち、博多弁で言うつもりが「めちゃめちゃ楽しみにしてたで!」と思わず関西弁が出てしまう新木。茶目っ気たっぷりな姿にキュン!

ここでなんと、「もっとお祝いしたい方がいる」と司会の呼び込みで主題歌「トリコ」の作詞作曲を手がけたNissyがサプライズ登場! 何も知らされていない観客からはどよめきが起こる。そして、Nissyから吉沢へ花束のプレゼントが!

ハイテンションなNissyから「本日はおめでとうございます!」と一言挨拶。主題歌「トリコ」の存在について吉沢は「『あのコの、トリコ。』という映画のポジティブさ、可愛らしさを完璧に表現していて、この曲を聴きに、そしてエンドロールを観るためだけに行くだけでも価値がある」と絶賛。「トリコ」のミュージックビデオに出演している新木からは「様々な反響があって嬉しかった。映画の世界観とは違う世界観が表現できたと思います」と語る。撮影をともにした新木について「撮影中も可愛らしくて、どうしようかなと思っていました(笑)」とついつい早口になってしまうNissy。映画観た感想を聞かれたNissyは「芸能の世界のADが『準備できましたー』というところなど、細かいところが描かれていてリアルでしたし、頼・雫・昴の関係性がすごくファンタジックに描かれていて良かったです」と語る。

司会から好きなシーンを聞かれたNissyは「頼(吉沢)と昴(杉野)が雫(新木)巡ってぶつかるシーンは緊張感がありました」と熱く語る。吉沢は「撮影場の裏のシーンはすごくこだわって撮っていたシーンでもありました」と語る。さらに、Nissyは「『トリコ』のエンドロールのシーンは、一番目と二番目の関係性をストーリー展開と歌詞も違ったかたちで、3人の関係性を展開して書いたので、その部分もエンドールとリンクしていると思います」と語る。監督は「想像以上のものが出来て、『あのコの、トリコ。』の世界観をさらに大きくしてくれた」と評価。公開前から超話題になっているトリコダンスは、TikTok上で動画総再生回数2000万回以上を達成している。

そして、最後の舞台挨拶となる本日、なんとトリコダンスを吉沢、新木、Nissyの“神3”ショットで生披露! 息ぴったりでノリノリで踊る姿に会場は「キャー!」の嵐が。踊り終わると、吉沢は「3人で踊るのは初めて、なかなかレアですね」と一言。新木は「今日一番緊張しました」と本音を吐露し、Nissyは「まさか3人で踊るとは……」と一夜限りの『トリコダンス』スぺシャルver.に大満足。イベントの締めくくりには大ヒットを祝うくす玉(ハロウィンかぼちゃ型)が登場! 吉沢の「あのコの、トリコー!」という掛け声の後、観客の「大ヒットー!!」の合図でくす玉が割れると、「日本中をトリコ中『あのコの、トリコ。』大ヒット!」の文字が飛び出す可愛らしいものであった。

最後に監督は「前向きになれる映画になっている、落ち込んだ時は観て元気を取り戻してほしい」と一言。Nissyは「さらに続きを見てみたい、今後もこの作品と一緒に『トリコ』という作品も成長出来ればと思います」と一言。新木は「皆さんありがとうございます。今回4人で『魅力』を語れたので、その『魅力』を劇場に観に来てほしい」と一言。吉沢は「公開してから3週間弱経っていますが、面白いと思って頂いた方は周りの方に勧めてほしい。舞台挨拶後には『トリコ』のPVを観てテンションが上がったら、『もう一度劇場に観に行こうかな』という 気持ちになれると思う、幸せなループをして頂けると嬉しい。そして、色んな部分に注目してほしい」と挨拶を締めくくった。

【STORY】                       
田舎で暮らしていた地味で冴えない男子高校生の鈴木 頼(吉沢 亮)は、東京の芸能コースがある高校に転入し、幼い頃から好きだった立花 雫(新木優子)と再会する。女優という夢に向かって真っすぐにがんばる雫にあらためて恋をした頼は、彼女が所属する芸能事務所に頼まれ、雫の付き人として現場に同行するようになる。ランジェリーの広告撮影では、共演するはずだった、頼と雫の幼なじみでもあり人気俳優の東條 昴(杉野遥亮)が、あるアクシデントで帰ってしまい、雫は降板させられそうになる。そんな雫を助けるために頼はなんと昴の代役を受けることに!そして、頼がカメラの前に立つと別人のような輝きを放ち、雫は思いがけずときめいてしまう。そしてこの広告が話題となり、頼、そして雫と昴の未来を変えていく―。

作品情報

映画『あのコの、トリコ。』 
大ヒット公開中

原作:白石ユキ(小学館『Sho-Comi』」連載)
監督:宮脇亮
脚本:浅野妙子
出演:吉沢 亮、新木優子、杉野遥亮 水上剣星 大幡しえり ・ 内田理央 古坂大魔王/高島礼子(友情出演)/岸谷五朗
配給:ショウゲート

©2018 白石ユキ/小学館・「あのコの、トリコ。」製作委員会

『あのコの、トリコ。』オフィシャルサイト
http://toriko-movie.jp

『あのコの、トリコ。』原作