『龍が如く4』が高解像度で再び! PS4移植版は2019年1月17日発売

『龍が如く4』が高解像度で再び! PS4移植版は2019年1月17日発売

セガゲームスはPlayStation 4版『龍が如く4 伝説を継ぐもの』を、2019年1月17日に発売することを発表した。


伝説の復活はPS4で。
PlayStation 4『龍が如く4 伝説を継ぐもの』
2019年1月17日(木)発売決定!

~それは熱き男達の、奇跡の記録。~

株式会社セガゲームスは、PlayStation 4専用ソフト『龍が如く4 伝説を継ぐもの』を2019年1月17日(木)に3,990円(税別)で発売することを決定いたしました。また、パッケージ版・ダウンロード版共通の特典として「『龍が如く4伝説を継ぐもの』オリジナルサウンドトラック」のプロダクトコードをご用意します。

PS4専用ソフト『龍が如く4伝説を継ぐもの』プロモーション映像

PS4版は、PlayStation 3版と比べ、解像度が720pから1080pへ、フレームレートが 30fpsから 60fpsへと向上し、より精細でなめらかなゲーム体験をお楽しみいただけます。なお、本作に続き、PS4版『龍が如く5夢、叶えし者』も2019年に発売予定です。

【出演】
黒田崇矢・山寺宏一・小山力也・増田俊樹
桐谷健太・小沢真珠・高橋ジョージ・遠藤憲一・沢村一樹/北大路欣也

【楽曲提供】
Zeebra、Mummy-D、RYO the SKYWALKER、DJ Hasebe a.k.a Old Nick

【総合監督】
名越稔洋

【龍が如く4伝説を継ぐもの』プロローグ】

2010年3月1日、深夜 24:05。東京・神室町。アジア最大の歓楽街で 同時に起きた “日常的な ”2つの事件。

東城会系の弱小組織「金村興業」。そのシマで起きたチンピラ 同士の些細な抗争と発砲事件。射殺されたのは東城会と親戚関係にある組織、上野誠和会の男だった。事件の収拾に奔走する金村興業の若衆たち。しかしその最中、金村興業の組長が刺殺死体となり発見される ――神室町ではよくある極道組織の小さな抗争事件。だがそれは、とある計画の伏線に過ぎなかった ……この時既に男たちの激しく、そして熱い闘いは始まっていた ……。

事件を皮切りに露わになる、野望を秘めた男たちの本性。金と権力、地位と名誉。剥き出しとなった欲望が、激しくぶつかり合うう。しかしその中心には一人の女性の姿があった ……。儚き希望のために動く、美しくも哀しき一人の女。その存在が、今まで決して交わることの無かった男たちを結び付けてしまう。

誰彼構わず金を貸すという謎の金貸し。過去にたった一人で十八人もの極道を殺害した死刑囚の男。神室町のダニと呼ばれる汚職まみれの若き刑事。そして、過去にこの街で幾度と無く奇跡を起こしてきた、伝説の元極道 ……。それぞれの強き信念を持った “四人 ”の男たちは、一人の女性に導かれるように再び街へと集い、そして出会う。まるでそれが四人の「運命」であったかのように ……。

チンピラ 同士の陳腐な発砲騒動により幕を開ける、権力者たちの “壮大な計画 ”と東城会の過去 ……。騙し騙され、数々の裏切りを経て明らかになっていく事件の真相。決して怯むことのない四人の男たちが一つになった時、神室町に新たな伝説が生まれる。

『龍が如く』シリーズとは

「大人向けのエンタテインメント作品」というコンセプトの元、 2005年に誕生。愛、人情、裏切り……巨大歓楽街に生きる熱き男たちの生き様を描いた。これまでゲームが決して踏み込むことのできなかったリアルな現代日本を表現し、累計出荷本数 1,100万本を超えるシリーズ作品となっている。

 


【商品概要】

商品名:龍が如く4 伝説を継ぐもの
対応機種: PlayStation 4
発売日: 2019年1月17日
価格:パッケージ版・ダウンロード版 3,990円(税別)
ジャンル:アクションアドベンチャー
プレイ人数: 1人
発売・販売:株式会社セガゲームス
CERO表記: D区分(17才以上対象)

公式サイト
http://ryu-ga-gotoku.com/ps4four/

公式Twitter
https://twitter.com/ryugagotoku/

※本作はPlayStation 3で発売された『龍が如く4 伝説を継ぐもの』を PlayStation 4用に高解像度&高フレームレート化したリマスター版です。内容はオリジナル版と基本的に同一ですが、一部仕様変更がございます。

※PS4リマスター版の開発にあたりまして主人公・谷村正義の一部台詞の修正をすべき必要があり、ボイスの再収録が必要になりました。谷村正義役の成宮寛貴氏は芸能界を引退されている状態でしたので、モデル及びボイスキャスティングを変更いたしました。

©SEGA

※リリース情報を基に記事を掲載しています。